リョートのひみつ

Machida: 'I drink my urine every morning' (CageWriter)=ほぼ直訳

野球選手は奇妙な習慣を持っているものだ。 Moises Alou が語った、おそらく最も馬鹿馬鹿しい代物は、自分の尿を手に塗って皮膚を強化する、というものだった。ああ気色悪い。ただ彼は少なくとも、それを飲んだりはしなかった!マチダ・リョートはブラジルの格闘専門誌 Tatame に語ったところでは、彼の一族には、尿を飲むという伝統が長く続いているという。

父が長年やっていて、僕らに引き継いだ。冗談だと思う人もいるだろうね(笑)これはアメリカでは明かしたことがない。ファンがどんな反応をするか分からないからね(笑)僕は毎朝、天然の薬として自分の尿を飲んでいるよ


これは強烈だが、自分のおしっこを飲む選手はマチダだけではない。MMA界の奇人ルーク・クモもやっている。クモによると尿には、ミネラル、ホルモン、タンパク質結合物質が含まれているという。そして、これは身体のリサイクルプロセスの一環であり、アメリカ人が考える以上に世界ではよく行われていることなのだという。とはいえ、コンディション最悪な不健康なブロガー諸君は避けた方が良いだろう。

コメント欄

●自分の尿っていうのは、他人の尿を飲むよりはマシだろうな

●個人的にはゴールデン・ドラゴン(マチダのニックネーム)には二度と乗らないようにしよう

●マチダは間違いなくおそれを知らぬ戦士だ。ただカリフォルニア州では試合をしない方が良い。尿検査で、大量の尿が検出されて出場停止になっちまう。

●アンデウソンも同じことをしていないと良いが・・・

●その黄色いスムージーにぴったりのスナックは何だろうな

●温めてお茶にして飲んだり、冷やして氷で飲んだりするのかな。テキーラと混ぜたりするのかな。

●やっぱり蛇口から直接飲んでるのかな

●もうたくさんだ。試合もつまらんと思っていたが、これで終わりだ。息はクサイのかな。彼とクリンチすることを想像してみ・・・

●彼は14勝0敗ですよ。みんなやるべきだ。俺様のションベンを味わえ!

●僕も全身に尿を塗っています。時には尿風呂に入るのですよ。おかげで肌は永遠に若いまま。自然の香りは女性を一日中魅了し続けます・・・・おえっ。胃にウイルスが住み着いたみたいだ。

*****

●5月30日「アドレナリン」第三回大会で予定されていたメインイベント、「レイ・マーサー vs ティム・シルビア」のボクシング戦は、ニュージャージー州アスレティック・コミッションが管轄を拒否する事態となり、キャンセルされることとなった。シルビアのボクシング・デビュー戦となるはずだった。

アドレナリン主宰のモンテ・コックスは、この大会を全試合MMAで行うこととし、代替メインイベントを、ジェレミー・ホーンをふくむ候補者に打診中。また、このボクシング戦を近いうちに他州で行うべく、場所探しも行っているという。MMA Weeklyより。

Five Ounces of Pain にジェームス・トンプソンのインタビュー。8月の戦極9に出場予定で、対戦相手に藤田和之を希望している。また、トンプソンのエリートXCとの契約はストライクフォースに移管されたはずだが、今のところ交渉はしていない模様だ。藤田もずいぶん出場していないが、元気で過ごしているのだろうか・・・

●元WWEでMMAに転向したボビー・ラシュリーがストライクフォースと交渉していると、シャードッグが報じている。ストライクフォース以外にも、Palace Fighting Championships, Xtreme Fighting Championships、そして日本の団体とも交渉を持っているという。

瀧本、ウェルター級で再起目指す 5.2戦極でシュートボクセの強豪に挑む(スポナビ)
戦極が郷野、長南ら“ウェルター級海外組”にラブコール(スポナビ)
プロレスなら、ラブコールを送ると言う時点で話が出来ていると言うことと同義になることが多いんだけど、最近のMMAはホントに単なるラブコールだったりするからなあ。DREAMも、マッハか青木か、どちらかが早々に姿を消すような段取りになっているので、もう一つの目玉が欲しいところだろう。たとえば戦極が交渉する構えを取るだけで、DREAMが彼らと契約するにもコストアップになるだろう。

ちなみに、マッハと青木と、脱落した方がアメリカに行ってジェイク・シールズと戦うのではないかと思う。そのためにどちらか一人を早く消そうということではないのか。ストライクフォース目線で見れば、これまで年3,4回、のんびりやっていた会社が、これからは毎月興行を打つのだ。おまけに看板スターのシールズにはホントに対戦相手がいない。悲鳴混じりでヘルプしてくれと言ってきているとしても不思議はない。

スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update