LOHASなK-1横浜大会

K-1横浜大会を見たのだが、いきなりバンナの試合の延長ラウンドが長すぎて、途中ウトウトしてしまったり、全体にあまり印象に残っていない。ほんと、バンナは誰と試合したんだっけ・・・というのが、いま記事を書こうとしているのにどうしても出てこなくてK-1公式ページを見に行ったくらいだ。

もうアーツは紀香を抱いてやれよと思ったり、DREAMによるとアリスターは3分でガス欠になるはずなのになあと思ったくらい。解説の魔裟斗が、総合の選手に舐められたことを言われたから、一丁やってやると言っていた。前田ヘビー級戴冠はめでたいことだが、地上波では試合が激しく編集されており、強いと言うより何となく勝ったという印象となってしまったが、本人がずいぶんヤンチャに見えるようになったのは、伸び伸び戦っている証拠だろう。

DREAMの地上波番組では、パチンコ会社の同じCMばかりが流れたりするが、それに比べると、K-1で流れるCMって、質量とも普通のプライムタイムの番組という感じで安心してみていられる。

*****

●郷野聡寛が戦極と交渉していると、レスリング・オブザーバ4月1日号が報じている。DREAM登場待望論も目にするが、まあ普通に考えれば戦極だろう。

●UFCを放送している米ケーブル局 Spike が、DEADLIEST WARRIOR という新番組を開始する。レスリング・オブザーバより。戦いをサイエンスで分析し、CGI技術で見せるというものらしいが、その分析素材として想定する対戦が凄い。なんと、「海賊 vs 騎士」「タリバン vs IRA」「ヤクザ vs マフィア」「バイキング vs サムライ」といった想定だそうだ。リンク先で番宣ビデオが。なぜかチャック・リデルが肉塊を殴りつけている。

●小佐野景浩さんのブログ、Gスピリッツの紹介記事の中で、村上和成は一昨年ゼロワンで怪我をして実戦から遠ざかっていた、と書かれていた。個人的には、村上はどうしているのかと思っていたし、事故のことも知らず、どうしてIGFとかに出てこないのかな、と思っていた。

●そのIGF、昨年11月の愛知大会を今頃サムライで見た。解説の流智美氏の語り口にある微妙な節は、桜井康夫氏を思い起こさせる。ちょっと胸が詰まって途切れるようなしゃべり方だ。トリプルPが放送席から外れたのは残念。IGFはだんだんと、猪木がやっているイベントには見えなくなってきているな。

●DEEP とセットで放送されたJewels(2月4日新宿FACE)をサムライで見た。メインで石岡選手に敗れたのは、伊藤道場のプロレスラー、小林華子。試合後、泣きじゃくる敗者をハグして慰めながら、石岡の背中をキッとにらみつけたセコンドの浜田文子に萌えた。女子格の場合はプロレスラーのフィジカルとショーマンシップだけで結構通用してしまう実態がある。風香に仕掛けた文子のあのえげつなさと、あのでかいケツ、ちょっと気が変わると殺人技に転じる重い空中殺法で、石岡への非情のリベンジに乗り出してくれないかと思う。文子は強そうだ。

●急に思い出したのでひとこと。WBCで日本が優勝した夜のTBSの特番のナレーションは立木文彦さんであった。フジテレビの看板ボイスなのでTBSには出演できないものかと思っていた。

●新生ストライクフォースの旗揚げ戦、4月11日「シャムロック vs ディアズ」の全カードが公式サイトで発表されているが、第一試合に Shingo Kohara (debut) と言う選手が登場する。コハラ・シンゴのデビュー戦らしい。バンタム級。誰?

*****

目立たなさすぎて気になる Dj taiki 選手のブログを見つけたので、しばらく読み進めてみた。そこからわかったこと。

djtaikiの身内に向けたブログ

DREAM8のポスターには、唯一、DJ taiki の写真だけが掲載されていない

●djのキャッチコピーの変遷:修斗ハンター → 意外性の男 → 意外性のストライカー → 死神ストライカー → 借金執事 → 破壊執事 → 撲殺執事
「DJに関してのは無いのがそこいったら負けだと思われてるのだろうか」

●執事コスプレは本人の意志ではない:「DREAMの会見でこんな写真を撮ったが自分の意思でないのであしからず」「執事もいつまでやるんだろうね、今の執事服が小さすぎるので早く転職したい」

●今年の初詣、DREAM出場を絵馬に書いて願っていた

●でも昇侍との出場決定戦のオファーは試合の10日前であった:「ルーキーのころは2日前に試合のオファー受けてたりしたのですが、3回戦になってからはこんな直前のオファー受けたのは初めて」

●練習場所確保に難儀中で、2時間かけてDEEPジムに通勤中:「公共の施設を二つも追い出され、練習場所に不自由しているdjです。向こうが戦うフリーターならこっちは戦うルンペンだな」

●マイクアピールは特にやりたいわけでもないらしい:「試合後のマイク要求はなにか言いたくて要求したんじゃないです。マイクアピールはマイク代をガチで弁償させられたりもうこりごりなので」

なお検索すると DJ Taiki さんというDJの人が実在する。ブログのスタイルが何となく似ているのが気になるが、まあ別人みたいだ。

スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update