青木幻想大暴落がこんなに嬉しいとは


DREAM.8 ウェルター級グランプリ2009 開幕戦(2009年4月5日(日) 日本ガイシホール)をPPV観戦。

柴田 def ミノワマン

まずは柴田ファンのみなさまと勝利の美酒を分かち合いたい。うれしいうれしい。ホントに良かった。柴田に限っては、勝ち負けなんかにはこだわっていないんだけど、やっぱり勝てばうれしいし、これでまだしばらく、柴田の成長ストーリーを楽しめそうだ。

この試合は一体何を競っている試合なのか、という視線の置き方で、いろんな解釈が出来うる試合だったと思うが、プロレスラーとして魅せる、という点でも、アグレッシブさ・タフさ・タイムアウト前のジャーマンと、柴田の独壇場であった。もっとも、プロレスで柴田が完勝するのは当たり前である。

たしかにまあ、1Rにミノワマンのアキレス腱が極まっていたような気もするが、あそこでそのまま試合が終わっていたとしても、それはたかだかMMAの話だ。

何を競っているのか、について、口をきいたことがないという柴田と美濃輪の間に、共通理解はあったのだろうか。いきなりグラウンドで押さえ込むミノワマンを見ながら、思いのずれから膠着戦に転じた「桜庭 vs 田村」を連想してしまった。船木、鈴木みのる(プロレス戦)、柴田と、ミノワマンには難解な試合が続いてる。なーんかお人好しにも見える。プロモーターは、たまには美濃輪に気楽な星をあげて欲しい。


ビトー・シャリオン・ヒベイロ def 永田克彦

永田って、グラウンド&パウンドの選手だと思うんだけど、勝つイメージがそれしかない感じで、このところ、柔術家に無力化されてしまう試合がいたずらに続いていると思う。マッチメーク的に気の毒な面もあるのかもしれないけど、もう何度も底を見せているように思うし、今日なんかは、実のところどんな戦術を持っていたのかと聞きたくなる。そこ、なんとかしてくれないと、いつも同じ試合を見てる気がする。


福田力 def ムリーロ・ニンジャ

ニンジャが衰えたかな、という印象が残る。エリートXC最後の大会でも、動きにキレが無く、すんなりKOされてしまっていたけれど、その印象は今日もあまり変わらない。ただ福田が1R前半でとどめを刺せなかったあと、二段目の燃料タンクに点火したように復活したのは意外だった。打たれるといかにも悲しそうな顔をするが、そのあとゴチャゴチャと接近してコツンとやりかえすあたりは、のらりくらりのリック・フレア風でもあり、奇妙な味わいはあった。


DJ taiki def 所

煽り映像は「所英男の純情編」。DJ の方と言えば軽く触れる程度で、ニックネームすら「撲殺執事」と「破壊執事」で不統一な有様だった。ラウンド間のインターバルでは、リングサイドのアナウンサーから、「DJ選手は自分の映像を瞬きもせずにらんでいて、誠に不気味でした」とリポートされていた。

自演乙は入場はアレだが試合は普通なのだが、DJは入場は普通でも試合がアレだ。振り回すパウンドが「いじめられっ子の大逆襲」に見えるのだ。低い体勢から、それこそまばたきもせず所をにらみつけてプレッシャーをかけていく様子も確かに不気味といえば不気味だ。

試合後のマイク独唱は、フェザー級一回戦突破者の挨拶コーナーでカットされてしまったが、おどろくなかれ、立ち並ぶ多士済々のなかで、DJが一番強そうに見えた。解説のKIDは、あたかもDJとの対戦を前提にしたようなトークぶりだった。もちろん、「KID vs DJ」というより、「KID vs 所」が予定されていたのであろうが。

DJはそこまで噛ませ犬扱いされるような選手じゃないと思うんで、微妙だけど、痛快ではある。二回戦の相手も大物であればあるほど、この人は平気でKYなアップセットを起こすんじゃないかと思う。逆にジョー・ウォーレンとかにはあっさり負けそうな気がするが。

所のセコンドには前田日明。不退転の決意の表れだったのかもしれない。所はしばらく、アメリカにでも出向して気分を変えてはどうかと思う。楽しませてくれて感謝してるし、また帰ってきて欲しいけど。


マリウス・ザロムスキー def 池本誠知

まさに WAR だった。池本は前半、多彩な打撃を気持ちよさそうにヒットさせていた。大阪でメイン張ってるときより生き生きしていたのではないかと思う。秘技「エアー・ハンマー」もお約束通りの炸裂だ!
ところが驚いたことに、相手にはそれ以上の秘技があったわけだ。関西人的に言えば、鉄板のギャグを潰されてしまった。そのムーンサルト風の秘技について、ザロムスキー語る。

あれは準備していたものなんですが、本来は相手の上に足から着地する技で、最初から狙っていたものです。技の名前は「サムライ」です。(DREAM公式


しーっ!ストンピングではなくて、ニードロップと言い張っておく方がいいよ!

池本選手の試合、また見たい!ぜひリザーバに。

ところで、少なくともPPV版を見ていると、池本のスピニング・バックフィストを見て、紹介もされないままに放送席にいたらしい佐々木希ちゃんがいきなり、ついつい歓声を上げてしまった。その後やっと紹介されて、少しづつコメントを出すようになっていた。何かの権利の関係で、PPV版には出てはいけないのかと思ったが、時々アップで抜かれていたのでそういうわけでもないのだろう(いい表情で集中して試合を楽しんでいるように見えた)。キャアとか言ってるだけでいいのので(ていうか、それを聞きたい)、ちゃんと最初から放送に参加すればいいと思う。今日のような形は不自然だ。


桜井マッハ速人 def 青木真也

びっくり。唖然。すばらしい。ああ、ここまで素晴らしいとは思わなかった。そしてKIDのコメントに完全に同感だ。なんでこんなに端的に表現できるんだろう。

「やっぱマッハさん、かっこいいすね。強くてキモイより、強くてかっこいい方がいいっすね」

よし、俺も明日から、ションベンくさい若手なんか、首根っこ押さえつけて圧倒してやろう。

喧嘩に負けたWAMMAライト級チャンピオン、青木は、泣きながらリングサイドでママのような人に慰められていた。ああいう絵もかっこ悪いから控室でやったほうがいいと思うんすよ。それに、負けたのに試合後コメントでアピるのも違うだろ。

それにしてもだ。アンチ青木な感情が自分の中からこんなに解放されてくるとも思わなかった。どこかで、青木と生きて行かなきゃしょうがねえかって、無理に納得させてた部分があったんだろうな。気持ちが晴れ晴れしてくるのが否定できない。青木はこの傑作エントリでも読んで考え直せ。抱かれたくないとさ。

桜井マッハ速人さんと青木真也さん/アスリートならオンナだってなれるんだょ(*・ω・)ノ(チャイニーズアキ姫の日記)

*****

悔しいけど、レフリー島田、筋の通ったいい仕事するね。あと、DREAMの判定って、いつも3-0だよね。毎回そうなるものかな。三人いる理由って一体・・・

スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update