魔裟斗の対戦相手を妄想する


 魔裟斗の7月の対戦相手って、誰になるのだろうか。魔裟斗教信者としてあれこれ考えてみる。流れ的には川尻なんだろうし、普段ならそれでもいいのだけれど、現役ラスト前の貴重な試合だといわれると、川尻と戦う必然性って、そこまで強いのかなあ、という気がする。

魔裟斗の格に見合ういうことを考え、かつぬるい試合にしない、というなら、MMA選手ならKIDか五味しかありえない。五味は事実上難しいのは分かるけど、こういう場合はつまらないことはいいっこなしにしたい。KIDも忙しいのは分かるが、魔裟斗とやるなら、トーナメントの方は特別なスケジュールで都合を付けてもいいと思う。箔を持ってるという意味では、ヨアキム・ハンセンでも意味は分かる。

ほんとなら、オスカー・デラホーヤあたりにいきたいところだ。今すぐオファーしてももう遅すぎるとは思うし、ファイトマネーも半端じゃないとは思うけど、魔裟斗なんだから、それくらいのリスペクトは示したい。内藤大助だと体重が全然軽すぎるよねえ。

あるいは、有望な若手選手を抜擢し、イズムの伝承・注入を行うと同時に(客にそう見えるからね)、インスタント・スター候補を輩出するというプランもあり得よう。その場合だと、先日の試合を見る限り、日菜太とか優弥が順当なのだろうが、そっちにいくならここは一つ、石川直生ではどうだろう。先日大月に負けているので味噌はついてるし、ホントに魔裟斗を継いでちゃんと背負えるのか心配だし、ウエイトが違うのも承知だけれど、どこか期待したくなる青白い炎を感じる。あるいはこの辺の人が「ロード・トゥ・魔裟斗」でトーナメントをやってもいいのかもしれない。トーナメントは日程的にむずかしいか。

不良ボクサー渡辺一久も失態を演じてなければ、面白い候補ではあった。あるいは、一部報道もあったように、田村潔司がふたたび介錯人を勤める可能性もあるのか・・・いやあ、どうにも中途半端だね。それなら川尻の方がいい。

【格闘技最前線】魔裟斗と桜庭…引き際の美学に違いあり(産経ニュース)

*****

Kamipro のサイトにある Jewels 選手のブログ、いま担当しているのはHIROKO選手。さすがにM男にはたまらない内容となっている。僕も日に日にとりこに・・・顔写真も毎日見ていると段々好きになってくる・・・お奨めエントリ。

収録PART2
あっ
屁&ラッキョ
おはようございます

僕は小学生の頃、NOGUSOのあと葉っぱで拭いたことがあったかなあ・・・

*****

●個人的には全然分からないし、アメリカだけの話なのかもしれないが、興味を持つ人がいるかもしれないので。来週、XBox Live で、UFCの新ゲーム UFC2009 Undisputed のデモ版がダウンロード可能になるとのこと。出所 BloodyElbow

●ストライクフォース大会がネットで有料配信される。

Showtime Presents All Access

お値段24ドル95。自分の好きなカメラアングル、自分の好きなアナウンサーを選んだり、他のファンとチャットしたり、試合の写真を見たり、選手の入場テーマ曲を iTunes から購入できたりするそうだ。

赤野のセコンドで渡米中の藤井恵のブログが楽しそう。

●「笑っていいとも」に続いて、秋山成勲が「ごきげんよう」に出演とのこと。14,15,16日に出演。本人のブログより。芸風的には HIROKO選手は「ごきげんよう」には出れそうにない。

スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update