カラーノ飛躍!ホーガン落日!

Gina Carano Close to Signing With Strikeforce, Still Hopes to Fight for Zuffa (MMA Fanhouse)

ジナ・カラーノのインタビューが MMA Fanhouse に。抄訳。UFCからも誘われて揺れ動いたが、結局ストライクフォースでやっていくことにした旨を率直に語っている。一流企業のテレビCMに続々登場しているようで、アメリカの茶の間への浸透度の高さを伺わせる。

Q 昨年エリートXCでのケリー・コーボルド戦ではファイトマネー25,000ドルだったとされているけど、ちょっと低すぎるとは思わない?

A 正直なところ、お金云々じゃないの。なかなか理解されないとは思うんだけど、私が気にしているのはちゃんとした人々がいること。私のことだけじゃなくて、女子格をちゃんとしてくれる人。そうすれば、私が頑張れば頑張るほど、それが女子格のためになるから。

Q Zuffa と契約したかったという後悔はない?

A うーん、じつはそのせいでストライクフォースとの契約が遅れているということはあるわね。ダナやロレンゾとは話をしたわ。興味を持ってくれているみたいだったけど、実際に女子選手と契約しているのはストライクフォースだし、サイボーグ戦も待ちかまえているしね。UFC で試合が出来るなら素晴らしいとは思うけど、そのためにはストライクフォースと裁判所で戦わなければならなくなるし、それでまた、何ヶ月も心と体を保つのは難しいから。いろんな決断に迫られた。でもサイボーグと戦えば、女子格のためになるし、いろんなことが始まると思うの。私はベルトを取りたいし、そうすれば女子選手はみんな、挑戦してきてくれると思うし、女子選手の名前も広まると思う。板挟みで苦しんでたことは確かね。

Q 仮にあなたが、なんのしがらみのないフリー選手だったら、ズッファと契約したと思う?

A そうなったと思う。あんなに立派なショーなんだし。

Q 最近のダナ・ホワイトの暴言騒ぎについてはどう思っている?

A 誰にでも欠点はあるわ。減量できない人もいれば(笑)、カメラの前で緊張しまくる人もいる。ダナの口が悪いのは有名だし、だからこそ彼はあんなに注目されているんでしょう。何も驚くことはないわ。私の周りの男性たちもしょっちゅう、あんな感じで喋ってるし。

Q なにせ、8月にサイボーグと戦うことになりそうだと言うことだね

A その通りです。試合がこれ以上先になると、頭がおかしくなりそう。

Q あなたもサイボーグも、いっそ無差別級で戦うことにしてはどう?上限だけ、たとえば200パウンドとか決めておいて。(ジナも計量不合格の常習犯)

A (笑)そうね。安心してピザを食べられるように、上限は250にしておいてもらおうかしら。

Q あ、消して非難したんじゃないですよ

A 非難したんじゃないの!?それはひどいわ。次にあったときには、ローキックをお見舞いして、それを Youtube で流すわよ。

Q スーパーボールのペプシのCMでは、ブルース・リーと競演していたね。

A スーパーボール云々より、ブルース・リーが嬉しかった!人生最高の比較広告だった。

Q そしてまもなく、GMの広告にも出演するとか。

A ええ、どこまで話していいのかわからないけど、GMのキャンペーンをやって、ファンの人たちと楽しんだわ。

Q いろいろ忙しそうだけど、ジナはまだ、フルタイムのMMA選手だと思っていいの?

A もちろんよ。



*****

レスリング・オブザーバより。ハルク・ホーガンの「ローリング・ストーン」誌インタビューが物議を醸している。僕も詳しくは知らないのだが、どうやらホーガンの現状は、一家離散状態にあるようで、奥さんのリンダ・ボレア (49) はいま、20歳の男の子とつきあっており(若い頃のホーガンそっくりだとか)、ホーガンも娘のブルックに似た若い女性とつきあっているらしい。

で、ホーガンはインタビューで、リンダとリンダのボーイフレンドが自分の家に住み、自分のベッドで眠り、自分の車を走らせていると思うと、そこらじゅうを犯罪現場のようにしてやりたい、OJのように手当たり次第にノドをかききってやりたくなると問題発言。これを受けてホーガンの事務所は火消しに躍起となったが、ほどなくエンターテインメント・ウィークリー誌にリンダのインタビューが載り、「ハルクの嘘八百こそが結婚生活と家族と未来を壊した。どうも彼の考えるフェアの定義は、法で定められたものとはずいぶん違うということがわかった。プロレスラーの言葉の定義が一般社会と違っていることは初めての経験ではないけれど」とコメント。リンダの事務所も、「ホーガンの発言を深刻なものと受け取っており、リンダは常に、プロレスラーにありがちな凶暴さと不安定さにおびえて生活しなければならなくなった。」と声明。

インタビューでホーガンはこのほか、離婚を迫られたときには自殺を考えたとか、飲み過ぎと不眠でトランス状態にあったなどと語っている。昔はグラミー賞に招かれたとか(シンディ・ローパーのボディガードをしたらしい)、最盛期には2000万ドル稼いでいたとか、映画「ザ・レスラー」のモデルは自分だなどと、過去の自慢をまじえ虚実ないまぜを語っているらしい。

残念ながら「ローリング・ストーン」のサイトではインタビュー全文を公開していない。かわりに、
A Hulk's Life: The Rise and Fall of Hulk Hogan
という写真特集を掲載していた。

*****

Maynard Loses, Leaves Cage Unscathed(Sherdog)

先天的に手足のないMMA選手、カイル・メイナードのデビュー戦がアラバマ州で行われ、ブライアン・フライという選手に3分3R判定(ユナニマス、30-27)で敗退した。

メイナードの腕は二の腕の途中で切断されたような形になっており、当日の高温高湿による汗のためグローブを着用できず、打撃を禁じられたという(対戦相手は打撃可)。そこでメイナードはタックルからのテイクダウンを狙ったが、フライのパンチに距離を詰めることが出来ず、無傷ながら判定負けを喫したという。

メイナード「ものすごく勝ちたかった。それでも人生最高の時間を味わえた。多くの人が、自分は30秒も持たないと思っていただろう。ものすごく欲しいものがあるなら、自ら進み出てやってみることだ。僕はこのスポーツが大好きだし、何かをこんなに好きになりつつ、やる機会が無かったのは本当に辛かった」

メイナードはアマチュア大会への再出場を希望しているという。メイナードのセコンドには、ヘンゾ・グレイシーがいた。

*****

メキシコで流行の豚インフルの影響を受け、メキシコ首都圏での週末のプロレス興行がすべてキャンセルされたそうだ。CMLLが予定していたアレナ・メヒコの大会キャンセルは、1985年のメキシコ地震以来のことだという。広範囲な感染を危惧した当局の指導によるものだという。CMLLでは少なくとも5月5日までの興行をすべて中止する

メキシコといえば、ハッスルの櫛田選手が向かったばかりだったかと思う。大事にして欲しい。



スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update