岡見欠場 / レジェンドの引き際


BloodyElbow によると、UFC98に出場予定であった岡見勇信が靱帯損賞のため欠場に。岡見に代わりチェール・ソネンがダン・ミラーと対戦する。

 負傷欠場は残念だけれど、岡見もそろそろ、UFCを一旦、お仕舞いにするべき時なのかもしれないと思う。王者アンデウソン・シウバはこのあと、ライトヘビーでフォレスト・グリフィンと戦うが、もしこの試合で圧勝でもすれば、LHにはいい選手がたくさんいるので、ミドル級はしばらく留守にするかもしれない。仮にシウバがミドル級に戻ったとしても、最近報じられているトップ・コンテンダーは、マイケル・ビスピン、ヴァンダレイ・シウバといった派手な試合をするベビーフェイスが中心だ。このほか、ダナがミドル級であっと驚く選手とあらたに契約すると予告しており、その選手もコンテンダーに割り込んでくる(ネットではカン・リーともビトー・ベウフォートとも言われている)。秋山が良い試合をすれば、日本人コンテンダーは二人もいらないということになるかもしれない。グラップラーのデミアン・マイアや、堅い岡見は、アンデウソンとはスタイル的に最悪のマッチメークと見られてしまっているようで、実績を見ればまことにアンフェアの極みだが、今の流れでは王座挑戦はどうみても実現しそうにない。そもそも最近の岡見は、ダン・ミラーにせよ、前回のディーン・リスターにしろ、「勝つだろうけど、勝ってどうする」的な微妙な取り組みを当てられていて、行き先のない旅路となっていた。UFCで不毛な相手と前座でリスクを張り続けるくらいなら、無傷のままでいったんは他所で実績を上げて、景色が変わった頃にUFCに再参入するというのも、一つのやり方ではないかと思う。

*****

DREAM.9参戦予定の野球選手ホセ・カンセコ。ファイトマネーは推定100万ドルとも報じられているが、カンセコのマネージャによると、発表はDREAMの先走りで、まだ契約は済んでおらず、正式発表まで1週間から10日かかると語っている。しかし、100万ドルはありえないでしょ。

*****

レスリング・オブザーバ最新号より。

●アフリクション契約選手のマネージャなどの話ぶりでは、アフリクション第三回大会は当初、7月11日開催とも噂されたが、いまのところ8月中開催が濃厚で、プロモーターとしては「ヒョードル vs ジョシュ」をメインイベントにしたい模様。アフリクションでは有力選手とは3試合保証で契約しているため、第三回大会を開いても開かなくても、出費は同じだということだ。この大会がアフリクションの最終大会になるとの見方が強いそうである。

●ダナ・ホワイトが雑誌インタビューに答えて、ノゲイラやバンダレイはすでに全盛を過ぎており、あまり試合をさせない方がいいのかもしれない、必要に迫られれば、引退勧告をするかもしれないと語っている。ただしリデルとは違って金銭的な必要性もあるだろうし、また彼らとはリデルほどの親しさでもないので、UFCで使わなくなったら他団体に行ってしまうだろうから意味がないよな、という趣旨の発言をしているという。

●そのチャック・リデルのトレーナーが、ダナ・ホワイトからの引退勧告について次のようにコメントしている。引退について、リデルはまだ、最終的な決断を下したわけではない。チャックは自分のやりたいようにやる。とても強い対戦相手に負けただけでは引退する理由にはならない。辞めるのは、戦いに熱意を失ったときだ。彼に引退を指図できる人間はいない。ダナは友人として言ってくれているのだと思うが、プロモーターがそんなことを決めるなんて、みたこともない・・・UFCとはあと一試合の契約だが、そのあとはおそらく、試合もしないし他団体にもいかないことを明記した長期契約を提示してくると思う。でもそんなことはどうでもいい。裁判したって、人の飯の種を奪うことは出来ない。契約するなら試合をさせなければならないし、試合をさせないなら契約はナシだ・・・

>晩節を迎えた人気選手の扱いについてダナは、むしろ舞台のシビアさの維持を優先したいと考えているのかもしれない。これはこれで、潔い方針だと思うし、UFCらしい、一つの考え方だと思う。もちろん選手側に立てば、人生設計に関わる一大事だろう。惜しまれての引退ではファンの思いも残る。たとえば桜庭などは100歳まで戦いたいといった趣旨の発言をしているが、実際の所、何歳まで戦うのだろうか。次戦は誰と戦うつもりなのだろうか。難しい問題だ。

*****

サムライTVで「戦極外伝」という番組が始まっているようだ。サイトには、「戦極の“今”をお届けする戦極オンリー情報番組」と紹介されている。また、番組表にはDREAM 特番というのもある(5月19日23時から)。
個人的には、「修斗LEGEND」という番組で、昔の名勝負のお勉強しようと思っている。雑誌広告によれば先月のマッハ桜井特集に次いで、今月は宇野薫特集のようだ。桜井の巻の再放送はあと一回だけ(12日)なので、興味のある人は要注意。

スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update