祝キンボ・スライス、雑巾がけから出直し

Y! Sports exclusive: Kimbo gets TUF (Kevin Iole, Yahoo! Sports)

キンボ・スライスが、UFCのリアリティ・ショー、次期ジ・アルティメット・ファイターのシーズン10に参加することとなった。計16名の参加選手とともに一つ屋根の下で、UFCとの契約を目指してしのぎを削る。

TUF10 は撮影を開始したばかり、スパイクTVでの放送は9月16日が第一回で、フィナーレの決勝戦は12月5日に行われる。コーチ役は既報通り、ラシャド・エバンスとクイントン・ランページ・ジャクソン。

何でも通常であれば、まずは一つ屋根に入れるかどうかを競うのだそうだが、今回は、すでに決定した16名の選手が一つ屋根にはいるところから始まるという。キンボ以外の参加選手は今のところ伏せられている。

キンボの元マネージャ、ゲーリー・ショーは、キンボはボクシングに転身すると声明を出していたが、今回のTUF出場はゲーリー・ショーのうかがい知らぬところで決定されたという。

TUFの事業面でのさらなる飛躍につながるだろうし、若い選手に混じって雑巾がけから始め直そうというキンボの心意気もいいなあ。勝ち進んで本戦に進出して欲しい。ストライクフォースは二軍でも使わないことに決めたようだが、UFCが柔らか頭を発揮した感じだ。これはさすがにちょっと見てみたい。

●UFC99へのミルコ参戦がUFC公式サイトで無事に正式発表された。

UFCのPPVは通常メインカード5試合を放送しているが、MMA Fanhouse の報道によると、今回はミルコ戦を加えて計6試合をPPVカードとして扱うことになっているそうだ。従って宇野の試合もPPVカードに留まることになる。放送枠が拡大されると言うことなのかどうかはリンク先からは明らかではない。これまで欧州で開催されるUFCはしばしば米国では無料放送されたり、PPVであっても時差もあって20~30万件にとどまっているが、今回のPPVはカードも華やかで、買う価値がある大会だと報じるサイトも多い。

●スーパーハルクトーナメントの組み合わせの一つが「ゲガール・ムサシ vs ソクジュ」があることが情報筋から確認されたと Five Ounces of Pain が伝えている。ということは残りは「美濃輪 vs ホンマン」となる。

●DREAM.10で久々に来日するパウロ・フィリヨがコメント。Five Ounces から。「マヌーフはKOの連続だけど、MMAでは僕の方がコンプリート。彼と打ち合うと思ったら大間違いだ。自分の得意なグラウンドで勝負する。」フィリヨはWECでチェール・ソネン相手に打撃に全くつきあわず、猪木・アリ状態で待ち続けてひどく不興を買ったが、スタイルを調整してくるつもりはなさそうだ。メンタル面含めコンディションが気になる選手である。

シャードッグが非公式な女子格闘技選手のP4Pランキングを発表している。順不同でトップ5は、藤井、辻、MIKU、タラ・ラロサ、クリスチャン・サイボーグ。「選外」の欄には、ジナ・カラーノ、端貴代、しなしさとこ等の名前が上がっている。

*****

引退カウントダウンの緒形がKO負け、担架で退場=SB(スポナビ)

宍戸が快勝、スタンディングチョークで王座獲得=SB(スポナビ)

前田日明はどうして格闘技雑誌で連載をもてるのでしょうか?(教えて!Goo)

前田日明様からの頂き物(藤原喜明公式ブログ)
ビッグマウスラウドって、会社自体は存続しているのか!


●石井はやっぱり、いきなりUFCで勝負してほしかったなあ・・・その方が夢があったなあ・・・負けても帰ってこれるよ。みんなそうじゃないか。

*****

DREAM9をHDNetで米国向けに放送した担当アナウンサー、Michael Shiavello 氏のインタビューが BloodyElbow にあった。米国ファンからの評判がなかなかにいい人のようなのだが、その理由もわかるような気がする。

ただ HDNet は最近、ケーブル局大手のタイムワーナーから契約を解除され、他の中小ケーブルオペレーターからも外され始めているとのことで、視聴可能世帯は減っているものと思われる。これをきっかけにパラボラアンテナを買いに走っているMMAファンも多いとのことだ(衛星放送では見れるため)。

Q DREAM9中継を担当するようになった経緯は?

A ご存じの通りHDNetではK-1も放送していて、自分が実況しているんだが、おかげさまで評判がいい。嬉しいことだ。視聴者の後押しもあって、DREAMの実況も任せられたんだと思う。

Q 中継の中で今成のことを「足フェチ戦艦」と呼んだり、秋山をセクシヤマと呼んだり、結構ネットの掲示板情報を取り入れているようですね

A 僕は情報マニアでね。何かに熱中すると情報をどんどん集めてしまう。実況も同じで、MMAでもK-1でもムエタイでも、いつもすっかり調べ上げた上で仕事に当たるんだ。単に仕事への情熱というより、僕はMMAのファンなんだよ。だからいろんなサイトはいつも見ているよ。

MMAを実況するのにネットを見ないというのは怠慢だと思うな。MMAの成功はネットのおかげでもあると思うからね。ネットがなければ、UFCのプロモーションもとっくに滅びていると思う。さらにいえば、MMAは世界初の、ネットが引っ張るスポーツなんじゃないかな。

つまるところ僕はファンなんだ。MMAが大好きでね。飽きることがない。最悪の実況は、ファンをちょっと下に見るような実況だ。アナウンサーはそのスポーツのファンじゃなきゃいけない。

Q これまでに実況した最高の試合は?

A 何千試合も見てきて、画期的な試合はいくつもあったしなあ。でもたぶん最高だったのは2001年の「レイ・セフォ vs マーク・ハント」かな。いまでもK-1ファンが最優秀試合として思い出すだろ。2007年に武道館で行われた「魔裟斗 vs プアカーオ」もすごかったし、去年の「川尻 vs アルバレス」もクレイジーだった。

Q 実況アナウンサーとして誰の影響を受けていますか?

A 故ロバート・マレラ氏、別名ゴリラ・モンスーンだ。ゴリラは実に品位があって、エキサイティングで、情報に満ちていて、物語を売り込めて、共演者にも優しくていつもいいケミストリーを演出する人だった。今でも古いビデオカセットを取り出してゴリラの実況を聞くんだ。僕は自分の実況にプロレス風味を加えている。例えば必殺技が決まったときに「グッドナイト、アイリーン!」って言うんだけど、これは故アドリアン・アドニス氏の必殺技の名前からもらったフレーズなんだよ。

Q 現在の格闘技の実況で好きな人は誰ですか

A ジョー・ローガンは楽しいね。彼には会ったこともないんだが、仕事でご一緒してみたいものだ。何より彼はMMAのファンだからね。実況の仕事が無くても、観戦に行くような男だろう。情熱があるよな。

ブルース・スプリングスティーンが言ってたんだが、彼が偉大なアーティストである理由は、自分の情熱をファンの情熱に転じてしまう能力にあるというんだ。それこそ実況アナウンサーにも当てはまる話だと思う。世界で一番クレイジーで素晴らしいスポーツの実況をしているんだから、情熱を持っていれば自ずとそれは視聴者に伝染していくんだよ。

スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update