五味隆典、アフリクション参戦へ


GOMI VS. BRETT COOPER IN WORKS FOR AFFLICTION 3 (MMA Weekly)

【直訳】情報筋によると、日本人スター五味隆典が、8月1日の「アフリクション:トリロジー」大会でブレット・クーパーと対戦する交渉が進んでいるということだ。

双方とも試合には合意しており、金銭面での詰めが行われているという。試合は165パウンド・リミットで検討されている。

先月五味は、デビューの地・修斗で中蔵隆志にKO勝利を収め、戦極での連敗を止めた。ただ、かつては世界トップのライト級選手と見られていた五味も、敗戦によりキャリアが分岐点にさしかかっている。

勝利後五味はシャードッグに対し、もう一度気合いを入れ直し、海外の水を味わってみたいと述べていた。

ウエルター級のクーパーの前戦はアフリクション「Day of Reckoning」大会で、アンダーカードでPatrick Speight に打撃で勝利を収めている。戦績9勝4敗。

これまでのところ、アフリクション第三回大会では6試合が確認されており、ヒョードル対バーネットのヘビー級戦も含まれている。


Rumor: Takanori Gomi vs. Brett Cooper at Affliction III (BloodyElbow)

【ブラディエルボーによるコメント部分を直訳】興味深い動きである。五味はファイトマネーの高い日本で引き続き戦うものと見られている。五味はかねて、アメリカでの露出を希望していたので、今回の動きは一概に悪いとは言えないが、彼が継続的にアフリクションにとどまるかは疑問が残る。

ブレット・クーパーはけして甘い相手ではないが、五味ほどのスキルは持っていない。クーパーは今のところ6連勝と波に乗っており、IFL時代にローリー・マーカムに強い勝ち方もしている。最近ではアフリクションで Patrick Speight を、Call to Arms で Joe Cronin を下している。

*****

ダナ・ホワイトによろしくと発言していた五味がアフリクションに参戦しそうだと言うことだ。五味自身の再生にアメリカで試合をすることが必要なのであれば、今回の動きは歓迎したい。

ただ対戦相手がウエルター級の選手だというのは気がかりだ。キャッチウエイト165パウンド契約(= 74.8キロ)が検討されていると言うことだが、もともとライト級でも小柄に見える五味と、上の階級から落としてくる選手とでは、試合当日は思った以上に体格差が見てとれるかもしれない。アフリクションには、かつて戦極で対戦も噂されたホロデッキのような生粋のライト級もいる。わざわざ不利な体重で合意しようとしているところにイヤな感じをもつ。

また、これまで何度も噂されているとおり、アフリクション自体がいつまで続くのか、心許ない面がある。「トリロジー」というのは三部作という意味なので、これが最後の大会かもしれないと読みとる向きも多い。もっともアフリクションは、これが最後ではないと強調しており、第4回は日本の大晦日で、といった噂も聞こえてきていた。いずれにせよ、第四回があるとしてももう年末まではないわけで、大会数自体が少ない団体であることは確かだ。五味のアメリカ進出もほんのお試し程度で終わってしまうかもしれない。

とはいえ、第四回大会を本当に日本で、もしかしてDREAMとコラボで行うというのであれば、五味を逆輸入できることになる。ライト級なら DREAM の方が明らかに充実しているので、そのような流れになるなら大歓迎だ。

さらに希望を言えば、アフリクション・M-1が年末に日本で大会を行いたいなら、その前宣伝も兼ねて、この「トリロジー」大会をなんとかして日本で放送すべきではないかと思う。アフリが売りに来ないなら、どこか買いに行って欲しい。僕個人はPPVがあれば買う。ヒョードル・ジョシュ・五味がそろうコンテンツ、探してもそうそう無い!

*****

長島☆自演乙がラウンドガール!? キックイベントをプロデュース(スポナビ)


スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update