三沢逝去続報

故・三沢氏の写真や当日の様子を含む記事のリンクを集めた。複数の観客が、三沢氏は調子が悪そうだった、頭を振るような仕草を繰り返していたと証言している。恐らく試合中にも、何らかの自覚症状があったのだろう。だとすればなおのこと、重ね重ね悔やまれる。

プロレス三沢選手が死亡 広島、試合中に頭部強打(中国新聞)

<プロレスラー>三沢光晴さん死亡 試合中倒れる 広島(毎日新聞)

倒れた三沢さんを気遣ってリングに集まる選手たち=読者提供(読売新聞)

三沢光晴さん死す:受け身取れず、体が「く」の字に(毎日新聞)

斉藤選手のバックドロップは、レスリング・オブザーバのオンライン版によると、「危険度10中7」くらいのものだったという。これではほとんど意味がわからないのだが、無理に解釈するに、けしてへなちょこな落とし方ではなかったにせよ、特に強く落としたとか、無理にかけたとか、かけ損なったと言ったことではなかったと言うことではないかと思う。

といったことを言うまでもなく、斉藤選手に責はないのだが、斉藤選手が大きな痛みを抱えてしまったのでなければいいのだが、と案じる。パートナーだった潮崎選手も自分を責めすぎなければいいのだが。ああ、こんなことは口にするだけでも軽々しいな。


プロレスラー、格闘家のブログから。永田ブログによると、三沢氏はかなり以前から体調不良を訴えていたことも明かされている。氏が社長ではなく一選手だったなら、誰かが休養を命じることも出来たのかもしれないなどと想像してしまう。

川村亮

石川直生

永田裕志

山宮恵一郎

MIKAMI


NOAH参戦中のクリス・ヒーロー選手が自身の My Space にこの件を報告している。

どれほど深いショックを受けたかを表現する言葉がない。とにかく信じられない。圧倒的に悲しい。

リングサイドにいて、時間が止まったように思えた。これまでの人生で今夜ほど、自分の闘魂が他人に乗り移って欲しいと思ったことはない。ファンは三沢コールを繰り返していた。ヒーローに立ち上がって欲しくてたまらなかったんだ。たちあがれよ、ほら、たのむから。あなたはこんな風になるにはタフすぎる。強すぎる。僕は彼のブーツを脱がせ、彼が連れて行かれるまでそれを抱えていた。

僕は彼の家族のことを思う。彼の生徒のことを思う。そして彼の同僚。友人。ファン。彼の今夜の対戦相手とパートナーのことを思う。フリークなアクシデントだ。誰も悪くない。

シャチョウ、安らかに眠って欲しい。


カクトウログさんには今朝の「ザ・サンデー」が流した、蕭然とする現場の映像がある。

*****

プロレスリング・ノア声明「故人の意思を継ぎ、選手・社員一同邁進」(スポーツナビ)

秋山が体調不良でシリーズ離脱、GHC王座返上=ノア(スポーツナビ)

三沢さん死去から一夜明け、会場にはファンが長蛇の列=ノア(スポーツナビ)

今後の大会日程に関するお知らせ(NOAH公式)


スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update