戦極vs DREAMの仁義なきつぶし合い!?

BloodyElbow が、9月23日東京でのDREAM.11で「エディ・アルバレス vs JZカルバン」が実現の見通しだと報じている。青木に負けたアルバレスと、川尻に負けたカルバンの対決、どのような意味合いの試合になるのだろうか。アルバレスはいきなりハンセンに挑戦する権利もあると思うが。

ちなみにこの日付は戦極第10陣と同日と言うことになる。場所については戦極はさいたまコミュニティアリーナとアナウンスしているが、DREAM.11はブラディエルボーは「東京で」と書いている

アフリクションもDREAMの仲間だと思えば、8月2日の戦極9も日付がバッティングしている。なんだかいよいよ、仁義なきつぶし合いの様相・・・なのか?

*****

ダナ・ホワイトがビトー・ベウフォートの獲得意欲を表明した。アンデウソンの対抗馬に仕立てたいらしい。ベウフォートは次回アフリクションでジョルジュ・サンチアゴと戦うが、これで契約の試合数は終わるとのことだ。「度肝を抜く(blow your mind)ミドル級選手」とはベウフォートのことだったのだろうか。度肝を抜くミドル級選手って存在するのだろうか?出所 MMA Fanhouse.

*****

TUF9フィナーレ大会が開催された。結果はこちら(MMA Planet)。メインの「ディエゴ・サンチェス vs クレイ・グイダ」なんかは、聞いただけでもいかにも戦争になりそうなカードであるが、実際素晴らしい試合だったようだ。UFCではこの試合に加え、「クリス・ライトル vs ケビン・バーンズ」「ジョー・スティーブンソン vs ネイト・ディアズ」の3試合に Fight of the Night 賞を贈った。3試合選出ははじめてのこと。おいおい映像を探して見てみようと思う。

*****

BloodyElbowが集めた先週の名言集より

ティム・シルビア

高校時代はいつもいじめられてた。ビッグ・ガイだったことはないんだ。

うまくいけば、自分が「Bully Beatdown」の新司会者になる。(ジェイソン・ミラー司会のMTVのリアリティ・ショー。いじめられっ子の依頼でMMA選手が派遣されいじめっ子と戦う)

オレがやりたいのは、昔僕をいじめたヤツを連れてきて、金を取ってやる。1万か、2万か。で、それを慈善団体に寄付してやる。オレはカネなんかいらん。

日本こそ、オレがずっと戦いたかった場所だ。


*****

武藤、三沢さんに捧げるエメラルドフロウジョン=全日本プロレス(スポーツナビ)

一方でプロレスの方法論というのはこういうことだろうと思う。武藤がこの技を使うことで、みんなが三沢のことを思い、三沢の歴史がリング上の立ち上がり、この試合が、味わい深くて、忘れがたい作品となる。

他方で、ヒザが悪くて投げ技ができなくなった武藤が、相手の頭を垂直に落とす技を使う。武藤のヒザも心配だし、万一、力を入れ損なうと受ける相手の選手にとっても非常に危ない。まだこういうことをやっているのか、という気分にもなる。ついこの間、森元首相に怒られて、安全対策をやりますと神妙に語ったばかりではないのか。諏訪魔も解禁したジャーマンを、よりによって高山に放ったという。

こういう書き方をすると、武藤を批判しているように見えるだろうが、リンク先のスポナビをよむと美談のように見える。正直言って僕も普段なら、さすが武藤と思ったかもしれない。こういったリング上の動きは、ファンのニーズで決まるものだ。今回の武藤を良しとするか悪しとするか、入場料を払うことが稀になってしまっている僕には発言権はないのかもしれないが、少なくとも他人事ではない。

コミッション設立やライセンス発行、個人的には無理じゃないかと思うけれども・・・当事者に能力がないというのではなく、問題定義が難しすぎるからだ・・・馳も事情がわからぬ訳ではないだろうから、なにかうまい手を考えてくれているのではないかと期待したい。国からカネがつくという話なら、予算の関係もあるだろうから1年以上はかかっても仕方ない。拙速にならぬよう、じっくり検討して欲しい。

*****

石川vs.前田は5R判定ドロー=全日本キック野良犬電撃作戦(スポナビ)

超重大発表は「Krushライト級グランプリ2009」開催=全日本キック(スポナビ)

ミルコ食あたり?でDREAM欠場も(スポニチ)
しらけるね。

アントニオ猪木の“重大発表”の正体とは!?(Kampiro)
ちょっと行ってみたいかも。

アプレンティス/セレブたちのビジネス・バトル (WOWOW公式)

アメリカきっての不動産王で、オフィスビルの開発やホテル・カジノの経営でビジネス・セレブの頂点に立った超大富豪、ドナルド・トランプ。・・・番組に参加した一般人はトランプの会社の“見習い社員(アプレンティス)”となり、毎回ハードな課題にチャレンジ。そしてトランプはその豊富な経験に基づき、彼らの一流ビジネスマンとしての適性をチェック。毎回脱落者を出しながら(トランプが脱落者に浴びせる“君がクビだ!”という罵倒は全米の流行語に)、最後に生き残った1人はトランプの会社に役員として迎えられ、最初の1年に25万ドルの年俸を受け取れるという超豪華な特典が全米の話題を独占。
 そんな“The Apprentice”の08年1月から全米放送された第7シーズンで、参加者が一般人でなくいずれも各界のセレブということで番組史上最高の熱戦となった「アプレンティス/セレブたちのビジネス・バトル」をWOWOWが日本初放送。
 参加したセレブは、元3団体統一世界ヘビー級チャンピオンのレノックス・ルイス、総合格闘家のティト・オーティズ、モントリオールやモスクワの五輪で活躍し、当時は《白い妖精》と呼ばれたルーマニアの元体操選手、ナディア・コマネチ、ロックバンド《KISS》のジーン・シモンズ、アテネ五輪で金メダルに輝いた女性ソフトボール選手ジェニー・フィンチ、男優のスティーヴン・ボールドウィン、女優のマリル・ヘナー、「ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア」にも出演したヴィンセント・パストーレら各分野のセレブたち。


WOWOWで7月4日から。

*****


【CM】



脱灰抑制・再石灰化増強・耐酸性増強の効果を持つ、歯を丈夫で健康にするガムだそうです。


スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update