ブロック・レスナー衝撃のヒールターン【UFC100レビュー】

ブロック・レスナー def フランク・ミア (2R1分48秒TKO)

王者と暫定王者の統一選の体でやるのかと思ったら、ミアが入場もコールも先で、しかもチャレンジャーとコールされていた。レスナーがグラウンドのヘッドロックからガンガン顔面をしばいてミアをKO!体育館裏の不良戦法のようだった。ミアの顔面はグロテスクに腫れ上がる。

レスナー勝利後は会場内に大ブーイング。これは何故だろう?とにかく、試合前には舌戦も控えめだったレスナー、ブーイングを受けてなぜかにやりと笑っておもむろに饒舌になり、

ブーイング、いいねえ、もっと来いよ!ミアのケツにくさびを打ち込んでやった。一年前に言ったとおりだろ。くさびであのSOBの頭を殴ってやったんだ!
バドワイザーはオレ様に一銭もくれなかったから、家に帰ってクアーズライトを飲むよ。嫁さんの上に乗っかってね!


と中指をたてての大ヒールターン発言。そしてますます高まるブーイングに満足げ。言い方もWWEそのもの。素晴らしすぎる。北の湖的なうっとうしいほどの強さを示したレスナーが、ここにきて突然の「魔王」化。昔の癖でついつい客の様子に順応してしまったようにもみえたが(笑)、プロレスラーがMMAに登場する時点で、こうなって欲しい!と思っていた通りの、ある意味夢の絵面だった。

ミアとクートゥアを下したので、レスナーの挑戦者としては大物ではノゲイラしかいないが、どうも近頃のノゲイラ、ベルトに挑戦という感じでもない。そうなるとこれからは、格下の相手に防衛戦でPPVを売り続けないといけない。そのためにはヒールになるというのは正解。レスナーが負けるところ見たさに盛り上がる。

スポンサーをアジったことはちょっと心配だが、悪役の誕生にはこれ位の理不尽さは必要だ。

ただ今回のように明らかに体重で勝たれると、前にも書いたけど、ジョシュ・バーネットならどうするかをみたくなる。もちろんヒョードル戦もみたいけど。

試合後記者会見より
レスナー

試合後のプロ意識に欠ける言動をお詫びします。(机の上には BudLight)。
WWEから持ってきたものを少し出してしまった。オレはエンターテインメントの世界から来て、PPVを売ることを考えている。無茶を言って悪かった。バドワイザーさんすみません。どんなビールでも買う。とくに今夜は朝までバドワイザーだ。


ダナ・ホワイト

ぶっとんだ。あんなこと言うのはUFC史上初めてみた。正直言って、彼はあんな男ではないんだ。スポンサーをアジルのはクレイジーすぎる。WWEそのものだったな。ヒザをつき合わせて話をしたよ。彼は謝っていた。今回は彼を信用する。


レスリング・オブザーバのラジオ速報によれば、この発言を真剣に受けて、「こんなものはスポーツとは言えない」と問題視する記者が続出しているらしい。Fox などのメインストリームでも、「マイクタイソン以下のひどい話だ」などと酷評。さっそくに「魔王」として巨大化しはじめているようだ・・・


ジョルジュ・サンピエール def チアゴ・アウベス (5R終了 判定3-0)

GSPがやりたい放題にテイクダウンを取りまくっての完封勝利。ただ、50-45, 50-44, 50-45という判定が示すとおり、 チャレンジャーの折れないハートが目立った試合だった。途中からは判官贔屓でアウベスを応援してしまうほどだった。

これでGSPは、コスチェック、ヒューズ、セラ、フィッチ、ペン、アウブスと下したことになり、次の挑戦者が残っていないのが実態だ。なにせヒューズ戦以降は判定スコアすら1Rも落としていない。

試合後GSPは、3R早々に股間か外転筋を負傷したとのことで、かなり激しい痛みの中で戦っていたと明かしている(ソース)。


ダン・ヘンダーソン def マイケル・ビスピン(2R3分20秒KO)
ダンヘン強い!ビスピンがヒールだったこともあって会場も大爆発のUSAコール。さすがに老けたりしてるんではないかとも思ったが、とんでもない狂い咲きのような始末だった。最後のフィストドロップは余計だ。


秋山成勲 def アラン・ベルチャー (3R終了判定2-1)
入場テーマは Time to Say Goodbye。WOWOW中継によると、ハードロックやラップが好きなダナ・ホワイトを説得して許可を得たのだという。おなじみの礼のパフォーマンスは結構受けてた。ご苦労なことに、宇野がペコリとつきあっていた。曲の途中でオクタゴンにINしてしまったのは残念。

試合の方は、打撃は互角に見えたし、テイクダウンは秋山だけどその後の展開は作れないし、2Rのグラウンドの攻防以降は両者ガス欠が著しかったし、ほんと僅差の判定だったと思う。

秋山は片目がみえないようで苦労していた。これまでの日本人選手のパターンだと、このまま大波に流されてしまうのではないか、と思われるところで踏みとどまっていた。ほんとにハートが強いなあと感心した。等身大でもがいていた。気がつけば、すっかり感情移入して応援していた。ただ動き自体は、三崎戦やカーン戦、マヌーフ戦の秋山と比べると、微妙ではあるが落ちていたようにも見えた。

正直、試合を見た直後は、個人的には判定でベルチャーが取ったかなと思った。ベルチャーは1Rにフラッシュダウンを取ったし、3Rにもフェンスから跳ね返ってのスーパーマンパンチや、スリップダウンをダブルサマーソルトでごまかすなど、華やかな動きを見せていた。PPV解説のジョー・ローガンは「これは泥棒判定だ」とコメントしていたらしい。米ネット上でも賛否両論だ(たとえばシャードッグは三人の記者が全員秋山につけている)。個人的には、よく考え直してみれば、やっぱり秋山の勝ちもアリかな、と思うようになった。ただ、次にいきなりヴァンダレイ戦に抜擢されるような内容ではなかった。

それにしてもだ。こんな記念大会のPPVでオクタゴンデビューし、まがりなりにも勝利をもぎ取り、しかもこれだけ豪華カードな大会で Fight of the Night 賞を獲得し、しかもその額がUFC史上最高の10万ドル!というのだから、この人、チャンスをとことん生かし切ってしまう、なにか持ってる。目の怪我の様子が心配だけど。

Observer の live coverage などによると、ファイトマネー(基本給)は以下の通り。ここに何倍ものPPVボーナスが乗っかる。レスナーで最終的には200万ドルくらい行くんじゃないかと言うことだ。2億円ですよ、アンタ!

フランク・ミア 45,000 + Win Bonus 45,000
ブロック・レスナー 400,000 + Bonuse 0
チアゴ・アウブス 60,000 + Win Bonus 60,000
GSP 200,000 + Win Bonus 200,000

WOWOWで見るとオクタゴンのマットが血まみれだったが、あれは前座試合のマック・ダンジグが大流血しながら何度もカムバックしてくるという熱戦があったせいだそうだ。「コールマン vs ボナー」でのコールマンのヘロヘロの判定勝ちには会場大爆発だったとか。ランページとラシャドが客席で乱闘寸前の騒ぎ。好きだねえ。WOWOW映像ではハッキリと確認できなかったが、レスナーへのコールの際、秘技 Buffer360 が炸裂していたそうだ。PPV放送時間の関係で、レスナー戦の後で最終試合として「フィッチ vs チアゴ」が行われたそうだが、これが退屈な試合で、試合中に会場がほとんどはけてしまっていたという。

大会後記者会見にいたのはヘンダーソンとレスナーだけ(GSPが顔だけ出してた)。それ以外の主要選手は全員病院に行ったそうだ。会見後にはダナ・ホワイトはまたしても、日本はペテン師だらけで、オレなど殺されてしまうなどと、最近お得意の発言。居合わせた日本人記者からどういうことかと確認されると、さすがに驚いた様子で同じようなことを丁寧な言い方で言い直し、最後に「キミらは知ってるんだろう」と付け加えたそうだ。素晴らしい。

大会後の Google のサーチワード・トップ100より(ソース)。スポーツ分野だけのランクではない。
2. Lesnar vs. Mir
4. UFC 100
7. Rena Mero
9. Lesnar interview
11. Fedor
13. Dan Henderson vs. Michael Bisping
16. Georges St. Pierre vs. Thiago Alves
18. Henderson knockout
20. Jonny Jones vs. Jake O'Brien
39. UFC post fight press conference
41. Mark Coleman vs. Stephan Bonnar
59. UFC results
68. Shane Carwin
95. UFC 101
99. Brock Lesnar UFC 100

*****

ヒョードルvsジョシュの8.1『アフリクション』日本でPPV放送決定(Kamipro)

おお、喜ばしい。朝10時からの生中継である。
視聴チケット(3,150円)の事前購入が必要、とあるが、普通にチューナーの番組表から買うのではいけないのかな・・・スカチャンのサイトには現時点では情報無し。

三沢さん追悼興行を開催、9.27武道館と10.3大阪府立=ノア(スポナビ)

百田前副社長が辞任について50分間に渡り激白=ノア(スポナビ)

バイクで日本縦断? ハッスル出場? 今後どうする小向美奈子(日刊サイゾー)

マッハら育てた全女会長松永高司さん死去(日刊スポーツ)
念のため、マッハ文朱のこと。桜井マッハではない。どうしてマッハ文朱をいの一番に見出しにしたのだろう・・・

これから 新企画をはじめます。(高瀬大樹)

あの格闘家ってどういう人なの? と思ってる方もたくさんいらっしゃると思いますが、勝手にこういう人!って書いちゃいます。 リクエストがあればどうぞ。

あー、これは引くわ。

スポンサーサイト

トラックバック

今週の格闘技。UFC、K-1、ボクシング

WWE ブロック・レスナー・ザ・ペイン [DVD] 出版社/メーカー: ジェネオン エンタテインメント 発売日: 2003/10/24 メディア: DVD 魔王 秋山成勲 二つの祖国を持つ男 (kamipro books) 作者: 田中太陽 出版社/メーカー: エンターブレイン 発売日: 2009/04/02 メディア: 単行本

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update