現実は残酷すぎて【KID落日】


K-1 Max は3試合だけ見た。

チェン・ジョヒ def 山本KID
うぎゃあ、こうなってしまったか・・・格闘技は怖い。あまりにも無惨に現実を映し出しすぎる。どうせならもっと大物に負けて欲しかった。これじゃ言い訳がきかない・・・

K-1はホントによく調査したのかなあ・・・対戦相手、無駄に強かったんじゃないのかなあ・・・いくらKIDがムエタイを取り入れ始めたといっても、急に「ムエタイ三冠王」(どんな三冠なのか、さっぱりわからないけれど)と戦うというのは得策だったのかなあ・・・

KIDがひどく年老いて見えた。悩みは深いように見えた。こうしていったん墜ちてしまって、カムバックした選手っているだろうか?しばらく休んで欲しい。復活できる何か明確な理由がないかぎり(アメリカで鍛え直してきたとかさ)、拙速な登場は見たくない。


渡辺一久 def 山本篤
渡辺の魅力が存分に発揮された試合だった。スター性がある。煽り映像の辰吉もよかった。考えてみれば、ボクサーと総合の選手とが K-1 ルールで戦うというのは、なんで?と思わなくもないけど、なんだか結構バランスがいい。どっちが勝つのか、ホントにやってみないと解らない。


魔裟斗 def 川尻達也
DREAM オールスターズを引き連れてぞろぞろ入場の図は、対抗戦にふさわしく豪華で物騒でよかった。他方の魔裟斗はさすがに黄色い声援を一身に集めていた。前売り券を完売して、パンパンにテンションを高めてくれて、川尻も魔裟斗もいい仕事をしたなあと思う。

試合の方は、開始1分半くらいで、素人目にもこれはずいぶん差があると思ってしまった。というか、川尻としては、それくらいまでの時間で勝負を決めるべきだったのでは、と思うけど、魔裟斗が最初からプレッシャーをかけっぱなしだったからどうしようもなかった。絵的な印象としては、川尻は下がりながら、魔裟斗の半分くらいのスピードのパンチを出しているだけだった。コーナーに追い詰められれば、もうこれは、どうすればいいのか、困惑しているように見えた。五味でも魔裟斗に勝てなかったのではないか、と思われた。

タオル投入のフィニッシュもグッド。KIDみたいにやられる姿をさらす必要はない。川尻は魔裟斗に負けても痛くも痒くもない。勝てなくて当たり前である。しばらく休んだら、また何食わぬ顔でDREAMの最前線に復帰して欲しい。大丈夫、より大きな野太い声援が待っている。

プロレスチックな煽りや罵り合いを忌み嫌う人も多いけれども、じゃあこの試合で、両者の事前の舌戦がもしなければ、これだけのスキル差のある試合をこんなにハラハラして楽しめたか、ということは、やはりちゃんと観察して理解しておいた方がいいと思う。

あれだけDREAM勢が揃っているなら、ゼロワン立ち上げ戦みたく、試合後に騒動でも起こさんかな、とも一瞬期待したが、考えてみれば基本的に、K-1勢が綺麗にリベンジを果たした感があって、K-1 対 DREAM の構図も、これ以上展開させることは難しくなったのでは無いかと思う。これ以上見てみたいカードも特に思い当たらないし。

せっかく解説席に座った笹原氏、DREAM最強!とアジってくれるかと思ったが、「お客さんが凄いですねえ」の一言くらいしか喋っていなかった。頑張ってほしかったなあ、もう少し。

スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update