カート・アングルの言い分

カート・アングルの事件について、レスリング・オブザーバ8月24日号に詳しいレポートがあった。アングルと、ガールフレンドの Trenesha Biggers (元WWE、現TNAのレスラーで、リングネームはラーカ・カーン)との証言が食い違っているというのが現状で、何時に何をしていたと言い争うような些末な情報もたくさんあるのだが、ごくざっくりと紹介しておく。

カートは8月15日に逮捕されひと晩収監、保釈金を支払って翌日のTNAのPPV大会に出場、スティング、マット・モーガンとの3Way戦を制してTNA世界王座を防衛している。観客は「HGH」とか「You Got Arrested」などとチャントしていたらしい。TNA内部では、アングルに同情的かつ無罪であると信じる向きが多いという。ある社員は、TNA内部にはクレイジーな人がたくさんいるが、それらのクレイジーを全部足しあげても、Biggers 一人にはかなわないと明かしている。

二人はピッツバーグにあるアングルの自宅で同棲していたと見られているが、8月14日の夜に喧嘩をした。Biggers が警察に保護を求め、翌朝6時19分往訪した警官がカートに保護命令を下す。同7時50分、Biggers が近隣のスターバックスでネットをしていたところ、カートの車が見えたので再び警察に連絡、保護命令に背いてストーカー行為を行っていると通報した。

駆けつけた警官がアングルの車から、成長ホルモンふた瓶と注射器を押収。さらにアングルの運転免許が停止中であることを発見した。

カート・アングルのコメント

・同棲などしたくなかったが、彼女が転がり込んできた。8月14日に別れた。
・つきあいは10ヶ月程度、喧嘩の原因はいつまで経っても自分がプロポーズしないから
・翌朝彼女は、買い物をするから車を貸して欲しいといっておいて、実際には警察に転がり込んでいた。
・警察から保護命令を食らったので、自分は家から離れなければならなくなった。
・仕方なくホテルを探していたのであって、彼女がいるスターバックス付近にいたのは単なる偶然。
・実際に追ってきたのは彼女の方。監視カメラの記録を確認すればいい。
・彼女は自分の車に携帯電話を隠しておいていた。盗難の罪にも問うつもりだったのだろう。
・成長ホルモンはクビの怪我の治療用で、処方箋もある。
・ブタ箱で9時間過ごしたのは人生で最も最低で辱められた経験だった。この辱めをどうしてくれるのか(嘘訳)その間も彼女は自分の家に住んでいる。
・仕事上のイメージを低下させられたことに対して訴訟を検討したい(NOTインリン vs ハッスル)

運転免許が停止中であった件についても、2007年に飲酒運転をしたとの記録があるものの、ただバーから出てきたアングルがデタラメな運転をしていたという目撃者が一人いるだけで、翌日取り調べを受けた際にも警察は何も確認できなかった。アングルは「自宅で飲酒していたのだ」と主張。免許停止は呼吸検査を拒否したためとされているが、アングルは納得しておらず、異議申し立てをすることを明らかにしていた経緯がある。


Biggers の警察への説明
・カートが暴力をふるい、ストーキング行為を働いた。
・スターバックスではメールを打っていた。自宅にはカートがいて安心できなかったから。
・カートは店の周りを車で3度周り、自分を見つめていた。スターバックスを飛び出すと、カートが自分の携帯を触っているのを見た。暴力の証拠写真やメールを削除していると思った
・カートの自宅を出て、別の住処を捜すつもりだった。

Biggers は怪我はしていない。聴聞は9月15日と10月6日に開かれる。

▲▲



長南、日本凱旋試合は判定勝利 今成がベルト防衛 三島は大塚に敗れ王座陥落(スポーツナビ)

女子高生RENAが初代女王に トーナメント制す 渡辺久江とフジメグはエキシビションで激突(スポーツナビ)

FMC続報! 韓国では日本人選手が悪者扱い? DEEPで3連続KOのパーキーが菊野克紀に噛みついた!? (Kamipro)

▲▲

●土曜日の「ワールド・プロレスリング」でG1決勝戦を見た。勝利した真壁の語り口調が印象的で、こんなことをこんな風に喋ってみたかったんだろうなと思わせた。

中邑は不思議なスタイルで試合をしていた。ヒット・アンド・アウェイの打撃、近寄れば飛びつき系の関節技。攻撃はそれくらいにとどめているように見えた。跳びも走りも投げもしない。まあ、格闘技スタイルだと言われればそうかもしれないと思う。工夫してるな~とは思ったが、面白いとか強いとか思う前に終わってしまった。

この大会の模様はテレ朝チャンネルの「ワールド・プロレスリング完全版」で9月21日の夜に3時間半にわたって放送される。

●WWEでは日曜日にサマースラムを開催。公式サイトに華やかな写真やレポートが。PPVを買う人にはネタバレ。

Ring Psychology が、ROHのブライアン・ダニエルソンがWWEに移籍すると報じている。ROHがこの件で出したリリースが転載されているが、ダニエルソンのこれまでの功績を称えた上で、大変気持ちよく送り出しているのが印象的だ。米サイトを眺めていると、この人はアメリカのプロレスファンからは、かなり別格の天才と一目置かれていることがよく分かる。ついこの間も、NOAH中継のなんということもないアンダーカードで菊太郎と楽しそうに絡んでいるシーン、つい早送りボタンをとめて見入ってしまったばかりだ。


スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update