米MMA選手が八百長を告白/石井デビュー戦の相手は

11月戦極での石井慧のデビュー戦の対戦相手として、Teddy Riner (テディ・ライナー)が浮上した。東スポをひいた Nightmare Battle をBloodyElbow がまた引きして報じている。個人的に東スポ紙面を確認したわけではない。

ライナーは北京五輪柔道銅メダリストで、石井と決勝で争うと見られていたが、準決勝で僅差で敗退、対戦が叶わなかったという。身長なんと2メートル超、まだ19歳。

>この件については繰り返しになるが、僕は「石井 vs 吉田」がデビュー戦に最適だと言いたい。悪い面を考えた方が良い。もし本当にライナーが対戦相手だとして、こいつに負けたらどうなる?銅メダリストに負けるなら、柔道に戻った方がマシだと言われるだろう。その点吉田になら、負けても当たり前、ちょっとでも健闘すれば、石井への期待度はますます上がる。よしんば吉田に勝ちでもすれば、一夜にしてヒーローだ。石井デビューともなれば、ワイドショーでも放送するだろうから、負けることを前提のリスクコントロールをした方が良い。「弱い相手から徐々に」という主張もあるが、実はその主張に沿ったとしても、やっぱり吉田でいいんじゃないかと思う。吉田サイドがそんな試合を受けたくないのだとしたら、その気持ちは分かる。

ブロック・レスナーのUFCデビュー戦は、いきなりフランク・ミアであった。そこで彼は負けたが、商品価値は下がっただろうか?

ライナーが総合の練習をしているのかどうかは不明だが、石井云々は置いておいても、どちらかといえば、こういう人はちゃんと契約して取り込んで、金の卵として育成してほしい。ライナーはライナーで、噛ませ犬に使うには勿体なさそうな人材だ。

***

●以下3項目はレスリング・オブザーバ9月7日号より。エミリャーエンコ・ヒョードルは先週、「秋のブレット・ロジャーズとの試合が今年の最後になる。その次は2月頃だ。」と語った。2月大会は CBS で地上波放送が見込まれている。大晦日はどうなる?と思うが、これ以上のことは書かれていない。

●ダナ・ホワイトは11月のUFCイギリス大会で「BJペン vs ディエゴ・サンチェス」は行わない、代わりのメインイベントを組むと語った(アンデウソン・シウバ vs ダン・ヘンダーソンではないかと見られている)。

●UFCでは現在映画を撮影中。仮のタイトルは「殴り者」、違った、「Unrivaled」だそうで、フォレスト・グリフィンが出演しているという。

▲▲

元UFC戦士のショーン・サーモンのブログより。内容がちょっとわかりにくい面もあるのだが、起きた事実に驚くと言うより、どうしてこんなことを書いちゃうのかなあとは思う。MMA Junkie より。

6月3日に自分はイギリスのマンチェスターからオハイオ州コロンバスに戻った。イギリスではWolfsair MMA で、試合前の選手の練習の手伝いをしている。6日にクリーブランドで試合をしたら、翌日にはすぐにイギリスに戻る予定だった。

イギリスを離れるとき、重大な知らせを受けとった。それは、「試合で怪我でもしたら、帰ってこなくてもいい」というものだった。自分の対戦相手は6勝6敗の男だったので、イギリスに戻って最高の連中と練習することは、試合よりも自分にとっては大事なことだった。

対戦相手の戦歴を考えると、寝るように脅せば、簡単に勝利を得ることができると思った。ところが実際には、そうはうまくはいかなかった。寝るようにとの連絡が行われていなかったのである。

最初のラウンドは簡単に彼を扱うことができた。ただ、一発いいヒジをテンプルに食らった。そのときとっさに思ったのは、「カットされたらイギリスに帰れない」ということだった。試合中にカットされては勝ってもしかたない、と思ったのだ。

2R、自分はまた彼をテイクダウンした。彼はアームバーを狙い、自分は防御した(彼には取れなかったと確信する)。そして腕を彼にもう一度差し出し、勝ちを譲った。これでイギリスに健康体で帰れる。これはこれまでで最もみっともない告白だ。

翌日はさらにひどいことになった。イギリスから電話があって、みんなドイツのUFC99に行くから、戻ってきてもらっても仕方ないとのことだった。「因果なことだ」と思った。



▲▲

With Acting Career in Full Swing, Heath Herring in No Hurry to Return to UFC (MMA Fanhouse)

MMA Fanhouse に、ご無沙汰のヒース・ヒーリングのインタビューが。まだまだ若い。もう一花、咲かせて欲しい選手だ。抄訳。


Q 最近はなにをしているのか

ヒーリング 俳優業をやってるんだ。楽しんでるよ。物事は思いもしない方向に行くことがあるものだね。それと、ここパーム・スプリングスで「The Tilted Kitt」というスポーツバーを共同経営しているよ。

Q どうやって俳優の仕事にありついているの?

A 前から軽くやりたいなあとは思っていたんだが、やっと離陸した感じだ。いくつかの作品が予定されてる。格闘技の世界と同じで、噂に終わったり、あとでダメになったりするものも多いけどね。

Q ビッグ・ムービーなの?

A 中規模くらいかな。去年出演した Never Surrender くらいの。僕の彼女は大げさに言っているけどね。彼女は助監督だから、いろいろ知っているし、教えてくれるよ。彼女を怒らせたら、えらいことになる(笑)

Q UFC99(ケイン・ベラスケス戦をキャンセル)の前には何があったのか?

A ぜんそくをこじらせて気管支炎になっていた。まるで「歩く肺炎」だ。試合前には3週間も床に伏していた。練習は出来ないし、試合を止めるしかなかった。普通は呼吸を助ける薬を飲むべきなんだけど、あれはコルチゾールが入っているから、ドラッグテストでひっかかるだろ。まあ、イライラしていたよ。

試合をキャンセルしたのは初めてのことだったんで、なんだか気持ちの収まりも後味も悪かった。トレイナーとちょっと揉めたりしていることもあって、物事からちょっと距離を置きたかった。あまり楽しい時期だとは言えなかったよ。

Q 次の試合は?

A いまのところUFCでは何の予定もない。俳優業が軌道に乗りだしたこともあるし、試合に大急ぎで戻る感じでもない。しばらくは波に乗って様子を見てみたい。引退するつもりもないよ。まだ31だぜ。このスポーツの発展も見届けたいしね。

Q 出演映画について

A 9ヶ月後くらいに公開になる「The Underground」という作品だ。ホラー映画で、僕はギャングのリーダーの役だよ。僕が追い回していた子供がモンスターに食われることになる。幅を広げていろんなことをするのは楽しいよ。


▲▲

格闘家・山本“KID”徳郁とモデル・MALIAがブログで離婚報告(オリコン)
KIDのブログは見れないよね・・・

ご報告。(MALIA オフィシャルブログ)
私、新保真里有は山本"KID"徳郁さんと離婚しました。

長与千種 ダイニングバー閉店(リアルスポーツ)


スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update