プロモーター・トーク


9月19日はUFC103と、ボクシングPPV「フロイド・メイウエザー vs ファン・マニュアル・マルケス」が同日開催となり競合する。ダナ・ホワイトが場外乱闘をはじめている。

ダナ・ホワイト

フロイドはいつも自分を大きく見せようとして、MMAのことを喋ったりするが、それはヤツがMMAを脅威に感じているからだ。フロイドがPPVスターになったのはデラホーヤのおかげだ。フロイドはオスカーがいないとチケットを売れない。

ボクシング界はまたしても、誰も見たくない試合を売りつけようとしている。メイウエザーと某の試合を見たいといった人などいないだろう。対戦相手の名前は何だったっけ。ほら、誰も知らんだろう!この部屋の誰も、フロイドの対戦相手を知らない。自分のような大のボクシングファンなら知っているべきなんだ。要は誰も興味を示していないんだよ!

ボクシングは誰も気にしていない試合を売りつけようとしてる。メイウエザーとパッキャオなら見たいけど、そんな試合は実現してくれない。それと、フロイドはこんなことも言っているそうだ。「MMAは2億5千万ドルも稼ぎ出していないだろ。凄い金額の小切手を見てみたいかい?オレが見せてやろう」。それはなあ、ファンのおかげなんだ。なのに会場に見に来たファンには、メイウエザーが戦わないところを見せる。ヤツはくるくる回っているだけだ。みんな、UFCがどうしてこんなに成功しているか、知りたいだろ。それは、みんながロクに戦わないボクサーにうんざりしているからだよ!50ドルだか60ドルだかを支払って、フロイドの「芸能人社交ダンス」を見ることになるんだよ。ヤツは前にもその番組に出ていて、もうタダで見ただろう。



なんでも「メイウエザー vs マルケス」の煽り番組がHBOで絶賛放送中だそうだが、その中でマルケスは、うずらの卵25コを生で一気に食べたり、自分の尿を飲んだりして見せているらしい。


ダナの発言に直接対抗したわけではないが、Top Rank のボブ・アラム(78)も、ニヤニヤしながらMMAが強烈に批判(メイウエザーの試合は Golden Boy 製作)。

ボブ・アラム

メイウエザーは確かにディフェンシブな試合をする。ファンが喜んで金を払う試合ではないな。みな「メイウエザー vs パッキャオ」を見たいだろうが、狩人が鹿を追いかけるような試合になってしまうだろう。ヤツはリング外では愉快な男だが、リングに上がるとつまらん。

UFCのファンというのはみんなスキンヘッドの白人で、同じようなスキンヘッドの白人連中のいるリングを見上げている。9割の観客はタトゥーを入れている。ああした人たちはボクシングに興味を示さない。

野郎どもがホモセクシャルのように床を転がり回っているなんて、素晴らしい才能を披露するスポーツとは言えない。ろくなパンチも打てない。たまにパンチがあたると、ヤツらのアゴは脆い。



アラムは「パッキャオ vs コットー」戦のPRをヤンキー・スタジアムで実施。来年はこの球場でビッグマッチをぶっ放すとしている。ダナ・ホワイトもこれには地団駄を踏むことだろう(ニューヨークではMMAは禁止されているため)。なお「パッキャオ vs コットー」戦は11月、UFC105と同日開催である。

スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update