「ホンマン vs シャキール・オニール」実現へ!?/ キンボ型プロモーション

先週のTUFでは、キンボ・スライスがなんだかあっさりと敗退していた。放送前の煽りで、キンボが「自身最高の試合」と語るし、ダナも「キンボのことは見直した」「12月のライブ大会に出場させる」などと触れて回るものだから、どうしたって試合への期待感は高まったのだが、その割には何も残らないような試合だったことが気になった。そもそも、放送は先週だったが、あの試合は実際には6月に収録されているのだ。インサイダーなら結果は全部分かっている。そこには、結果をわかった上での、UFCによるファンの期待感のコントロールが働いていたと見るのが普通だろう。

このような観点から書かれた米MMAサイトの分析記事で一番良かったのは MMA Payout の Another Side of Kimbo Slice という記事だ。

エリートXCはキンボのことを、ほとんど倒すことは不可能なモンスターとして描いていた。

UFCは正反対の方法論を用いて、キンボを「ストリートファイトの悪い奴」から、上昇志向を持って奮闘するMMA選手、ちょっと負け犬な、良き家族人として描き始めている。先週の放送のキンボは、完全に知的な善人として描かれており、カメラの前で「エネミー」は「インナー・ミー」だなどと一人語りするシーンは、内省的にすら見えた。

また、UFCはあの退屈な試合を、事前にTUF史上もっとも期待できる試合として宣伝した。これもお手柄だった。

放送3回目にしてキンボが負けてしまったのは問題だが、問題はもっと悪化しうるのだ。もしキンボが、ひどいノックアウトや、残忍なパウンドで負けてしまったりしたら、もはや救いようがなくなるだろう。今回の敗退はまだましであった。距離を取ってポイントで負けるのがもっと良かったけれども、この負け方ならキンボにサイドのチャンスを与えることが出来る。

彼がトーナメントに復活するかどうかは別としても、ダナはキンボがセカンド・チャンスを得ることを明言している。無様な姿をさらさない限り、PPV大会で格の低い選手と戦うも可能だろう。

以前ならキンボに無邪気に声援を送っていただけだったが、今となっては、キンボに成功して欲しいと思うようにならなかったか。

何かが変わった。第三回のストーリーを形作った人は、素晴らしい仕事をした。


MMA Fanhouse には、これまたお手柄な仕事ぶりだったロイ・ネルソンが、余裕たっぷりで悪役を楽しんでいるインタビューが。

Q この前の放送、どうでした?

ネルソン まあまあだろ。素晴らしい試合とは言い難いけど、何せあの環境では、5週間で3勝しないといけないんだよ。ダナからは、「ロイはケージに上がり、ダメージの一つも受けず、単に勝った」と言われたが、まあ、そういう風にしたんだよ。

Q これがもしPPV生中継の試合だったら、違った戦い方をしたと言うことですか?

ネルソン そらそうよ。その場合にはエンタメにも気を配らないと行けない。右のパンチも出すだろうよ。今回はパンチは出さずにジャブだけで済ませたけどさ。

Q ダナ・ホワイトに好印象を与えようとは思わなかったのですか

ネルソン ダナには俺の腹を触らせてやったから、好印象を持ってくれたんじゃないのかな。いいか、人が覚えてくれるのは、「勝利」だけなんだよ。この状況では、UFCと本契約出来るのはたった一人だと聞かされているんだ。でもあきらかに、その契約はキンボが取っている。だから俺はなんとか仕事にあぶれないようにしないとな。

Q ダナは、単に勝つだけではダメだと常々言っています。2007年の「ヴェウドゥム vs アルロフスキー」戦での酷評が思い起こされますが。

ネルソン ヴェウドゥムとアルロフスキーはファイトマネーをもらっているんだろ。今回の試合だけでは俺はバーガー・キングにも行けないんだぜ。この番組の設定は、勝つことが趣旨なんだから、状況が違うんだってば。ダナだって過去9シーズンはそういってたじゃないか。もし今回、キンボのためにその方針を変えたというなら、それはファン心理を操作だよ。ダナはファン心理を操るのがうまいんだ。でもそれでは、いつも良い子にしてダナの言うとおりにしようとしているオレ様を混乱させる。

Q 試合後、ダナにはどう言われましたか?

ネルソン 試合に満足はしていないと思うよ。ある意味、みんな怒ってたよ。キンボの取り巻きも大勢いてね。選手は隔離されている設定のはずなんで、取り巻きっておかしいんだけどさ、305人もいるらしいよ。だからあのジムでの「ひいき」の空気は相当なもんだよ。彼らからは単に、アンタのスキルはキンボより上だねって言われた。どういう意味なのかね。なにせ俺は単なるデブだ。スポンサーのTapout の所に行って、俺はこのスポーツの害になると言いに行かなくちゃ。

Q キンボとの試合は、そんなにたくさんの取り巻きがいましたっけ?

ネルソン ビデオで見直してみな。ダナやロレンゾの後ろに人がたくさんいたぜ。俺は試合に集中していたけど、後でみんなから305人いたって聞いた。寝室の隣に施錠した扉があったんだが、あれはキンボ用のメディアルームだったんじゃないかと思ってる。

Q あなたは人気者のおデブさん、といったキャラだったのに、試合前にはコーチのラシャドとずいぶんな言い争いになっていましたね?

人気なんか無いよ。今回もキンボのファンが見てるんだ。俺はキンボのファンの夢を壊してしまったのかもしれないが、でも俺はあんな風にラシャドにたてつく仕様もない男で、いまやUFC公認のダメ人間なんだから、俺にやられたくらいでは夢は終わらないんじゃないか。

しかしこの俺にも、「こんなくだらない男に負けているようでは、UFCにいるべきではない」という、門番の役なら出来るのかもしれないな。俺がくだらない限り、UFCでの仕事にはありつけそうだ。俺は単なるデブで、体調も悪い。そんな男に勝てないのなら、新しいコーチを探すとか何かしろってことだよ。

Q なんだか、騙されているような気がします。

ネルソン そんなことはないが、ファンが何か言っているなら、流れに乗ろうと言うことだよ。俺はとにかく、みんなに合意して欲しい。みんなに喜んで欲しい。思っているのはそれだけだ。すかれても嫌われてもいい。どっちもどっちだ(笑)

Q 試合結果を秘密にしておくことは難しかったですか

ネルソン 別にそうでもない。ただのよくある仕事だよ。これを見たみんながどんな風に思うのかには興味があるけどね。早速キンボは俺と再戦をしたがっている。いいことだ。勝利っていうのは、つねに使えるんだよ。

Q まるでスパイクTVの宣伝マンみたいですね。

ネルソン ダナとUFCに満足してもらわないとな。番組はますますどうなっていくかわからんぜ。マーカス・ジョーンズが失神していたから、キンボが戻ってくるかもしれん。俺だって二階に上がる途中に心臓発作を起こすかもしれん。そうすれば代役はキンボだ。どうだ?。

Q この番組に出演して良かったですか

ネルソン ここまではイエスだ。いい露出が出来たし、ビジネスとしては悪くない。600万人が見たのなら、俺を知ってる人もずいぶん増えただろ。


▲▲▲

米NBAのスター選手、シャキール・オニールがことあるごとに、引退後にチェ・ホンマンと戦いたいと語っているそうだ。この件についてMMA Fanhouse がホンマンにコンタクトしたところ「はい、機会があれば戦います」という返信があったという。

こ、これは・・・大晦日の核爆弾になるだろうか(笑)

リンク先に、「カンセコを倒した大男よ、俺と戦え」と語るオニールの動画がある。そして傍らのチャック・リデル人形を倒して、なぜかスリーカウントを奪ったりするから堪らない。「ジャパンだかコリアだかのUFCでフェイクファイトをすりゃいいんだろ」、位の理解度なのであろう。

****

エミリャーエンコ・ヒョードルが結婚したようだ。Sherdog によると、花嫁の名前はマリーナさんというらしい。こちらのロシア語ページに挙式の写真が。おめでたい話だが、あの「ラスト・エンペラー」「氷の拳」が独身なのか既婚なのかなんて、考えたこともなかったので、ちょっと驚いた。

追記 Wiki を見ると、別に新婚というわけではないみたい。式だけをやったのかな?。

*****

Five Ounces によると、UFCがエルメス・フランカ、マーカス・アウレリオ、クリス・ウィルソン、ジャスティン・マッカリーの解雇を発表。フランカは実力者だし、アウレリオも日本人にはなじみ深い選手。ストライクフォース経由でDREAMに顔を出す可能性は大きいのでは?

▲▲▲

「戦極G」の後釜番組「格闘技ドキュメント SRC魂」の初回を見た。石井と日沖を特集、来るべき試合に向けての思いなどを真面目に描いていた。まあ、ドキュメント風といえばそんな感じではあったが、内容的には戦Gと大きくは変わらない。

冒頭に登場した石井のモノローグを採録しておく。石井がこれから、どんなプロモをカットしてくれるのかも楽しみだ。

早く抜きんでたい。早く、今皆さんがいる場所とは違う、一歩上の地位に、いや、もっともっと上の地位に早くたどり着きたい。

今の時期は、何かと言ってくる人が多いんですよね。自分は何も言っていないのに、自分に対して誹謗・中傷してくる人が多いんで、関係ないやろ、と思うこともあるんだけど、そういう人たちを黙らせるためにも、早く上に行かないと。

(吉田秀彦について)やっぱり第一線やから、凄い強い選手だと思うし、よく知らない人は、吉田選手が歳だとか言うけど、まだまだ総合では歳ではないと思うし、脂がのっている時期だし、経験もありますし、手強い相手になるんじゃないかと。

一般の人はホントに総合格闘技とか知らないんで、エキサイティングな試合を見たいと思うんで、エキサイティングな試合を見せないと行けないと思います。プロなんで。ビッグ・パフォーマンス。

(入場パフォーマンスなどについて)特に考えてないです。試合で魅せないと。入場でいくら魅せてもダメなんで。魅せます。


石井慧が国士舘大学卒業を報告「斉藤先生に感謝です!」(スポナビ)

▲▲▲

“世界のTK”高阪剛氏がライト級王座戦、スーパーハルクTの見どころを徹底解説!!
TK式『DREAM.11』直前集中講座【後編】(DREAM公式)

【ニュース】11・8白血病からの生還!ノブ・ハヤシがカムバック(Booker K の 格闘技 つっこみ と ぼけ)
ノブ・ハヤシすげえ!


スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update