魔裟斗のいない世界【K-1 Max レビュー】

K-1 Max をテレビ観戦。DREAMと同じTBSなのに、DREAM程にはイライラしないで楽しめる。僕のK-1愛が薄いのか、TBSのK-1愛が濃いのか。おそらく両方だろうと思う。

サワーとプアカーオの試合とか見ていると、技術が高みに達してタコツボ化していて、これ以上戦ってどこに行く?という気もしてしまうのだが(・・・なんだか90年代新日本ジュニア、「大谷 vs 金本」のように見えるのだ。すごいんだろうけど、何をやってるんだろうという)、ペトロシアンさんはちょっとまた別物のようにはみえた。イノベーターなのか、競技の解釈方法が新しいのか、そのへんはよくわからない。へぇと感心はしたが、とはいえそれだけのことなのであって、これからペトロシアンさんの黄金時代が続くというコンセプトに心躍る感じはまるでしない。

やっぱり僕自身がK-1に関しては「ライト層」であるようで、ごく簡単に言えば魔裟斗がいないと、ズバリ物足りない。何を楽しみに見ていればいいのか、よくわからないのである。ON引退後のジャイアンツのように、あるいは猪木がいなくなった新日本のように、他のメンツは全部そのままか、さらにレベルアップしているというのに、まるで見所がなくなってしまった気がする。正直、なんで俺、これを見てるんだろ、とか思ってしまった。

放送席の魔裟斗は決勝戦を見終わった後、大晦日のペトロシアン戦を即決したと報じられている。あれだけサワーが振り回されている様子を見たら、そのサワーとやりたいとはいえないのであって、当然の結論ということにはなるのだろうが、それにしても相手を選ばないにも程があって、やっぱりその男気に一番萌えてしまったのであった。なにせ魔裟斗の敵はペトロシアンだけではない。「石井 vs 吉田」も紅白歌合戦も敵であるという競争環境で、Dynamite を、ペトロシアンごときと一緒に背負うという決断なのである。

魔裟斗が出ていればそれでいい、という言うことにならない以上、K-1にはこれまで以上にプロモーションを強化して欲しい。「佐藤 vs 城戸」なんて、急に放送しているから驚いた。事前になにも告知すべき論点はなかったのだろうか。海外市場もあるのだろうから、競技性の強化は理解できるけど、それとプロモーション強化とは別に二率相反しないと思う。別にサップを出せと言っているのではない。ペトロシアンがすごいなら、そんなすごい選手を早く見たいと思えるように、事前に伝えて欲しいという話だ。

武田幸三はボロボロの姿をさらして、カタルシスを届けてくれた。目玉がひっくり返っていてぞっとしたが、なんと両目が見えなかったそうである。それにしても角田さんの容赦ないレフリングが恐ろしかった。これはむずかしいところだ。角田さんの意図は分かるし、角田さんのおかげで壮絶さは増幅した。ただ、あそこまでいくと、武田ワールドではなくもはや角田ワールドと言うべきだったかもしれない。これではラスベガスでレフリー・ライセンスが支給されないはずである。武田の治療費は彼のポケットマネーで払うべきかもしれない。

ちなみに、最近は試合に負けると引退を口にする選手がとても多い気がしてならない。選手のメンタル面の大変さは計り知れないので、解ったようなことを言うべきではないが、武田の試合を見た後、自演乙の引退報道に触れたりすると、自演乙は本当に自分の言っていることが解っているのかなあ、という気分にはなる。武田や魔裟斗の引退の重みに失礼にならないようにしてほしい。

K-1甲子園は、HIROYA推しにはもう無理があるのではないだろうか。いつもHIROYAばかりなので、全体像がかえって見えにくいのだ。しかもHIROYA自身のパフォーマンスもパッとしない。他にもたたき上げのいい高校生選手もいるようだから、HIROYAはいっそ、ヒール化したらどうだろう。

そういえばサワーってこの時期はSBとの掛け持ちでいつも多忙そうだけど、今年はSBのビッグマッチはないのかな。

魔裟斗ラストマッチの候補、ペトロシアンに骨折の疑い=K-1(スポーツナビ)
これはビジネス的にはファインプレーかも。

▲▲▲

ブロック・レスナーがインフルエンザによる体調不良のため、11月のUFC106、シェーン・カーウィン戦をキャンセルすることとなった。カーウィンの Twitter によると、試合は1月のUFC108に延期される。

レスナーはこの3週間半、体調不良が続き、練習が出来ていないとしており、回復しないまま残り1ヶ月となったため、欠場を決めたという。流行中の新型インフルエンザであるかどうかはわかっていない。レスリング・オブザーバは、レスナーが体調不良であったことは事実で、「この話の一部は正しい」と含みのある報じ方をしている。

UFC106のメインイベントには、セミファイナル扱いだった「ティト・オーティス vs フォレスト・グリフィン」が昇格する。

▲▲▲

「リョート vs ショーグン」戦を担当したジャッジが発言している。

ネルソン・ハミルトン

各ラウンドとも、ほんの小さな一つか二つのことがポイントを分けた。この試合では、持続的なアクションというものがなかった。コンビネーション攻撃も見られなかった。つねにワンパンチ、ワンキックだった。こういう試合で、効果的な攻撃とは何だろうか、ラウンドを取るとはどういうことだろうか、と考えた。とはいえ、どちらかに付けなければならない。(ショーグンのローが効いていたと)決めつけている人もいるが、本当のところは解らないだろう?



セシル・ピープルズ

ショーグンは確かにアグレッシブだったが、私の見たところ、ポイントになるような効果的な攻撃ではなかった。リョートのほうが、クリーンでダメージのある打撃を繰り出していた。ジャッジの立場からは、クリーンヒットの方が、打撃の量に勝る。ショーグンはたくさんのローキックも出したが、それはリョートが前半で繰り出した多彩な攻撃に比べるとダメージを与えていなかった。注意して欲しいのは、われわれは常に、試合を終わらせようとする選手を好む。ローキックでは試合は終わらない。

打撃戦の場合、私が注目しているのは、スマートであること、制する場面があること、正確でクリーンな打撃を当てていることで、今回の試合で言えば、これらの点でリョートはショーグンより効果的だった。リョートはショーグンに追いかけさせ、自分ポジションを取っていたので、オクタゴン・コントロールでも勝っていたとも言える。


ピープルズの説明は悪くない。彼がリョートを支持した理由がよく分かった。ただ、ローキックを取ってもらいにくいこと、カウンター狙いの選手の方が有利なことが伺えた。となると、そういう選手が増えることにはなる。UFCが、そういう選手に増えて欲しいと思っているかどうかは解らない(たぶん思っていない)。こういうところが、プロモーターと審判団が分離していることの短所である。

スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update