ハルク・ホーガンTNA入り / ハッスル存続危機・・・?

レスリング・オブザーバ(WEB)によると、ハルク・ホーガンがTNAと契約したと発表した。エリック・ビショフとジェイソン・ハーベイを帯同しているという。現在TNAを放送中の米SipkeTVで、Bischoff Hervey Entertainment Television社がTNAブランドの新番組を製作するという。ホーガンはレギュラーで試合をするわけではないが、テレビ画面上は主役級となる。ソースはこれとかこれとか。購読しないと見れないかもしれない。

同ラジオショーでデイブ・メルツァーは、ホーガンが何かするなら結局はビンスの元に戻るだろうと思われていたので、その意味では衝撃的なニュースだとし、今後リック・フレアらも巻き込んで、さらに大きなWWEの対抗勢力になっていく含みのある話であると報じている。シェーン・マクマホンが関与しているかどうかについてメルツァーは「知らない。コメントしたくない」と語っている。また、短期的には大きな勢力になり得たとしても、長期的に見た場合、ホーガン、フレア、ビショップのいたWCWはどうなったかと考えれば、WWEのライバルとして成長できるのかどうかは別問題である、ただWWEのことを好ましく思っていない勢力は根強く存在するのだと分析している。なおホーガンがかねて予定していたオーストラリアのツアーは予定通り実施される。

そんなホーガンは昨日、CNN のラリー・キング・ライブに出演。TNAの話ではなく、タイミング良く出版される自身の新著のPRにいそしんでいたという。

My Life Outside the RingMy Life Outside the Ring
(2009/10/27)
Hulk Hogan

商品詳細を見る



▲▲▲

デイブ・メルツァーがラジオショーで、UFCが「リョート vs ショーグン」の再戦を1月2日のUFC108で行う方針で調整中であると報じた。リョートは唇の裂傷で州コミッションから60日のメディカル・サスペンションを命じられたが、1月2日であれば停止期間は空けている。この大会には「レスナー vs カーウィン」もシフトしてくるので、超豪華版の大会となりそうだ。

Figure 4 Weekly によると、疑惑の判定「ショーグン vs リョート」戦の直後、判定結果を聞いたカリフォルニア州コミッション代行のアマンダ・ガルシア(汚職やらセクハラ疑惑やらで追放されたはずの人)やロレンゾ・フェルティータがびっくりして審判団に駈け寄り、足し算をやり直させたという。ダナ・ホワイトはオクタゴンでリョートの腰にベルトを巻いてやったその足でショーグンに歩み寄って「キミの勝ちだったよ」と語ったという。控え室ではふんまんやるかたないショーグン陣営が興奮、DREAM出場の噂もあったムリーロ・ニンジャが先頭に立ってリョート控え室に殴り込む勢いだったという(コミッションに制止された)。

ちなみに元州コミッションのトップであったアマンダ・ガルシア、なんと現在は、フェルティータ所有の「ステーション・カジノ」で警備主任を務めているという。

*****

MMA Payout が、UFC104のPPV件数を398,000件と予想している。リョート人気が結構高まっていたようにも思うが、こんなものなのだろうか。ちなみにUFCはPPV件数を公式には発表していないが、米MMAサイトでは件数予測のニュースが出回っている。MMA Payout では一時相関の回帰分析を使って計算しているようだ。「煽り番組「Countdown to UFC X」の視聴者数」を変数にした場合と、「ゲート収入」を変数にした場合の二種類の予測値の加重平均を取っているらしい。リンク先に計算に用いているグラフがある。グラフを見る限り、変数の値が大きくなればなるほど、結果にはブレが出るようである。各サイト、こういうことをいろいろやってるんだろう。意外に単純な計算しかしていないものだ。

*****

12月19日HPアリーナで開催予定のストライクフォース・ショータイム大会のカード。MMA Fanhouseより。

キング・モー vs tba
マット・リンドランド vs ホナウド・ジャカレイ
ロビー・ローラー vs tba
スコット・スミス vs tba

なお、11月7日CBS・ヒョードル大会のアンダーカードに予定されていた女子戦「クーネン vs トーヒル」は、トーヒルの "Medical Condition" を理由にキャンセルされた。詳しい症状などは明らかにされていない。

*****

DREAMがカール・“サイコ”・アモーゾと4試合契約を締結したと Five Ounces が報じた。フランス人ストライカーのアモーゾ(ミドル級)はM-1 Global 支配下選手である。「なにか」のバーターだったりするといいのだけれど。

*****

MMA Payout によると、ストライクフォースにほぼ買収され、KOTCだけを残して存続していた「ProElite」が、アメリカの Stratus Media Group というメディア企業に200万ドルで買収された。プレスリリースによると Stratus 社は、「世界的に認知されているプロエリートブランドを、我が社グループの一員として迎えることで、MMAイベント運営とテレビ放映権料収入に経験豊富な経営陣を獲得することが出来た。Stratus 社のノウハウと営業力を持って、プロエリートを国際的なMMA企業に再生させる」などと述べている。プロエリートの経営者が経験豊富かどうかは疑問が残るところだし、Payout の調べでは Stratus 社自身も赤字企業なのだそうである。

むしろKOTCの行方の方が気になる。

▲▲▲

山口社長「12.25『ハッスルマニア』が新体制一発目です」ハッスル年内4大会中止!!【会見全文】(Kamipro)
もうネタにも出来ないのか。生々しい。
思考遊技さんが山口日昇の右頬について鋭い指摘をしている。

日テレ『ギネ』マイナス3.2%ショック! やはり藤原紀香は"低視聴率女王"か(日刊サイゾー)
K-1のファンはきっといわないよ、不良資産だなんて。

▲▲▲

当ブログは2003年9月にスタートした。2007年12月からはこの場所で OMASUKI FIGHT として継続しているが、それ以前は「おまえらの好きにはさせねえ」という名称で、ドリコムというブログ会社の軒先でやっていた。そのドリコムがブログ事業を辞めるみたいだ。来年3月末に終了するらしい。

「おまえらの好きにはさせねえ」はドリコムに放置したまま今日に至っているが、さすがに未熟な文章が多くて今読むと恥ずかしい。そろそろ閉鎖しないとな、とは思っていたので、ちょうどいい。ドリコム終了の流れに身を任せて、ネットの藻屑として音もなく処理しようと思う。

スポンサーサイト

トラックバック

[時事][読書][ブログ][政策]作った本は、国会図書館に献本すべきである&「デジタル書籍データ保存法」の制定を

http://d.hatena.ne.jp/kensyouhan/ のコメント欄から http://www.pot.co.jp/matsukuro/20091107_123223493915080.html に行くと(註:筆者の松沢呉一氏のいる書店ではid:kensyouhanさんの本を販売している。検証本は新しいものがこの年末にも出るとか)、こういうくだりが

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update