レスナー驚きの病因 / ジョセ・アルドあまりにも完勝

WEC44 ジョセ・アルド def マイク・ブラウン(2R1分20秒TKO)

 アルドはこれまで、文字通りの撲殺執事ぶりを発揮し、殴り殺すような秒殺の山を気づいてきた。はたしてマイク・ブラウンのような選手にも勢いだけで通用するのか、それともテクニックの前に鎮圧され失態を演じるのか、と言ったところが見所であったが、結論から言うとアルドにパワーとスピードがありすぎた。特にスピードは恐ろしい。ケージ際でブラウンにテイクダウンを許さない技術を持っていることも解った。当たり前の作業のように勝ってしまったので、何だかアンチクライマックスですらあった。

ノヴァ・ウニオン所属のアルドはWEC6連勝でフェザー級王座獲得。次の対戦相手は、この日のセミファイナルで勝利したガンブリャンか、1月の「フェイバー vs アスンサオ」の勝者になると見られている。ブラウンの連勝記録は10で止まった。

【WEC44】“強すぎた”アルド、圧巻の王座奪取!大沢は勝ち越しならず (MMA Planet)

●アルドを手放しで絶賛する Yahoo Sports のコラム:
ヒョードルの態度と、アンデウソン・シウバの爆発力と、チャック・リデルのパワーを持つ男。ジョセ・アルドをMMAのレジェンドの一人とみるには未だ時期尚早だが、まずはその実績を強烈にアピールして見せた。

●同じくMMA Fanhouse のコラム:
昨夜は歴史に刻まれた。23歳の人間ハイライト・その名もジョセ・アルドがMMA王国の王位に就いたからだ。それはちょっと早すぎるだろうと思う人もあるだろうが、私はもう十分に見た。

*****

ダナ・ホワイトがレスナーの病状について、「彼の腸に穴が空いていた。そこからブツが流れ出して胃に達していた。痛みの原因はそれだ。そして膿瘍もある。医者は、穴は一年前から開いていたと診断している。免疫システムがこいつと戦っていたので、ヤツは病気になりやすかったんだ」ソースは Yahoo! Sports

ホワイトは現状ではレスナーが再び戦えるのかどうかも解らない、暫定ベルトを作るかどうかは決めていないとしている。

最後にホワイトは、「これまでヤツが万全でないまま戦っていたのだとしたら、万全になったらどうなると思う?」

*****

「リョート vs ショーグン」のリマッチは5月1日モントリオール大会と内定したようである。ずいぶん先だなあ。

*****

Yahoo!Sports によると、アメリカで録画中継で無料放送された「UFC105: Couture vs. Vera 」の視聴率は1.93%、視聴者数290万人というがっかりする結果だった。前週、CBSのヒョードル戦は 2.45%、404万人の視聴者を得た。

最高視聴率は「クートゥア vs ヴェラ」戦の 2.36%、367万人だった。男性18~34歳の視聴率は 4.37と好結果であった。

UFC内部での目標は2.5%だったが達成ならず。TUFでもこれ以上の数字を稼ぐことがある。

レスリング・オブザーバのラジオショーでは、「ストーリーラインが全くなかった」「ブランドン・ヴェラでは無理」といった原因分析が行われていた。UFC105の放送時間帯は、ボクシング「パッキャオ vs コットー」PPVとかぶってはいなかった。

*****

オーストラリア・ツアーを開始するハルク・ホーガンが記者会見でリック・フレアに襲われて大流血という大立ち回りをやったところ、現地の多くのメディアがこれをまるでシュートであるかのように報じていると、レスリング・オブザーバー・ラジオが報じている。例えばこちら、一般紙のオーストラリア・デイリーテレグラフ紙も真面目に報じている。

そういえば昔、新日本の東京ドーム大会でホーガンはなぜか知らないがジェフ・ジャレットに襲われていたなあ・・・あれは何だったんだろう。

ホーガンの記者会見の模様を伝えるニュース映像。レポーターとキャスターが、「これってエンターテインメントですよねえ・・・」と顔を見合わせたりしているが、日本のテレビニュースで「ホーガン、ジャレットに襲われる」と報じるかどうかと考えれば、古典的なアングルにしては驚くべき反応が巻き起こっているようである。


スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update