淑女の皆さん、オレ様には二本の線が必要なんだ


レスリング・オブザーバ12月7日号。11月28日に、最近UFCを解雇された二人の選手がそれぞれ、騒動を起こした。

一人はウォー・マシン、かつてはジョン・コンペンヘーバーとして知られていた選手。この人、プロレスラーのライノがウォー・マシンを登録商標のニックネームにしていたために、TNAからリングネームの試用禁止を申し入れられ、なんとウォー・マシンを法的に本名にしてしまったという経緯があるのだが、カリフォルニア州で行われていたポルノ女優の誕生日パーティの場で深夜過ぎに大げんかを巻き起こした。

ウォー・マシンは昨年、自らのブログで無茶苦茶な発言を繰り返し、さらに試合のオファーを断ったことからUFCを解雇された。その後ベラトールに拾われたのに、またブログにバラク・オバマを暗殺すると書き込み、試合をすることなく解雇された。最近ポルノ映画業界に入り、最初のシーンを撮影したばかりだった。

報道によると彼は突然切れたようになり、つれていた自分のガールフレンドを殴打し、外に引きずり出した。何人かが彼を止めようとしたところ、結局彼は8人をKOしてしまった。自らの代理人のことも殴りつけてしまったという。

マシン氏はその後Twitterで、「ちきしょう、昨晩はよくなかった・・・ちょっとした誤解のせいで、ウォー・マシンが再起動して、人を倒してしまった・・・もうダメだ。俺のポルノ暮らしもこれで終わりだろう。牢屋に入らないと行けないかもしれない・・・オレ様を捕まえることが出来たら、だけどな。ハハハハ」とつぶやいている。

マシンは1997年9月にもジムの外を歩いていた人を殴ったあと締め落とした罪で、3年の執行猶予期間中だった。UFCでは吉田善行がこの選手を絞めたことがある。


もう一人は、TUF8に出演していたジュニー・ブロウニング。ラスベガスの病院で抗不安剤を16錠がぶ飲みしての自殺にしくじったあと、三人の看護婦に相次いで暴行を加えUFCを解雇された(この事件はなんと、不起訴になっている)。ブロウニングはこの日、インディアナ州のカジノでのMMA大会に出場した。

入場したブロウニングに激しいブーイングが飛ぶと、彼は自分の急所を掴んで観客に見せつけたという。試合に勝利したあと、さらに激しいブーイングに対して「気に入らないヤツは全員ファックしてやる。淑女の皆さん、オレ様には二本の線が必要なんだ。一本は吸うため、一本はファックのためだ!」と毒づいたという。


解雇される理由が、やはりちゃんとあったと言うことのようだ。

*****

レスリング・オブザーバ12月9日号で、読者投票によって「レスリング・オブザーバ・ホール・オブ・フェイム2009」にマサ斎藤が選出されたと報告している。斉藤の経歴が詳しく掲載されているので、読み終えたらこの場で紹介するかもしれない。


オブザーバ同号に、全日本の世界最強タッグがインフルエンザによる選手欠場でずたずたになっているとの報道もある。なにもアメリカ経由で知ることもないことだし、すでにスポーツ紙で普通に報じられているのかもしれないが、なんでもまず真田が11月28日から欠場、ついでジョー・ドーリングが12月3日から、翌日からは小島とKAIが欠場となった。これにより出場8チームのうち、「西村・真田」「ドーリング・TARU」「小島・ゾディアック」の3チームが欠場・不戦敗となるという。開幕戦の台湾のあたりから、不調を訴える選手が多かったらしい。

11月25日富山で行われたトーナメント戦では、真田が鈴木みのるからピンフォールを奪うアップセットがあったそうだ。

*****

映画撮影中のクイントン・ランページ・ジャクソンが自らのブログで、UFC復帰を宣言した。Sherdog より

ファンのみんなにおしらせしたい。俺はUFCに戻って契約を片付ける。ラシャドを恐れているとか言われたからじゃあない。ファンのために戻りたいし、ラシャドやダナを黙らせてやりたい。その後で映画に戻る。運動を兼ねて、年に一度くらい、ボクシングにでも出場するかもしれない。


TUF10で悪役コーチとして描かれていることについて

UFCやTUFがファンを洗脳してしまったみたいだけど、TVショーはあくまでTVショーだ。人を楽しませるという仕事をしただけだし、あれで誰かが俺に注目してくれたのなら、それこそがやろうとしていたことなんだ。


>・・・UFCを辞めないことも、ショーマンシップだということも、みんな知ってるさ。

******

【ボクシング / キック系】 パッキャオ、母国比国の下院選出馬へ/「当選なら引退」逆効果? < gryphon (総合格闘技ニュースブログ NHBnews PRO)

スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update