ダナ・ホワイトが語る青木・五味・WWE・日本人選手

CageWriter の記事中に貼られた記者会見映像で、ダナ・ホワイトが日本に関連することをいろいろと語っている。非常に興味深いので、頑張って聞き取りをしてみた。間違いがあったらごめんね。


記者 ESPNのショーでフロリアンが五味と戦うかも,と言ってましたが。

DW ありえるね。あの階級にはほかにもいい選手が多い。

記者 五味獲得について詳しく教えてもらえないか

DW ゴミとは長い間、話をしていたよ。日本で3,4試合挟んで、クレイジー・ジャパニーズ・マネーでも稼いでいたのだろう。しばらく行ったり来たりしていてよくわからなかったが、こちらとしては首尾一貫して話をしていた。

ゴミが始めてUFC大会を見に来たときに火がついたみたいだ。日本の選手がUFCの会場に来ると、みんな試合をしたいと言ってくるよ。テレビで見るのとは違うんだ。ヤツの名前は・・・なんだったっけ・・・ジョー・シウバのお気に入りの・・・ああ、ルミナ・サトーだ。サトーやキッド・ヤマモとも何度も来ていて、出たいと言ってる。

記者 石井についてはどうですか。獲得しようとしていたようですが。

DW イシイをそんなに追いかけていたわけではないよ。ちゃんと育ててやろうと思っただけだ。

日本流のクレイジーな試合だけはするなと言っておいた。ずいぶんと金を積まれたようだから、金が欲しいなら日本に行ってこい、でもUFCに来たいなら、AKAかどこか、いいキャンプに入れてやると言った。結局マネーを選んだんだろう。

記者 大晦日の7時間のフリークショーは見ましたか

DW 正直、唯一知っていることは青木が誰かの腕を折って悪態をついたということだけだ

記者 問題だと思いますか。

DW いいや。クレイジーなことは起きるよ。彼らは憎しみあっていたのかい?

記者 プロモーションの対抗戦でしたから感情的になっていたのでしょう。

DW 野球なんかの他のスポーツとは違うんだ。ときには選手たちは憎み合う。嫌いな相手の腕を折って、さらに悪態をついて、腕を折ったことを喜んでみせるなんてことは、そうだな、時には起きることだろう。

素晴らしいスポーツマンシップだとは言わない。「まあ、なんてひどい男。とんでもない人間だわ。二度と試合なんかすべきじゃない!」てなことにはならない。これはファイトビジネスなんだよ。ファイトビジネスではクレイジーなことは時々起きるんだ。選手の9割は品行方正だよ・・・

記者 日本のスターを盗むのは政治的に難しい?

DW なにも盗もうとは思ってないよ。重要なことは、彼らがちゃんとちゃんとヒーローとして扱われることだ。問題は、日本のシットな大会に出場しても、十分な露出が得られていないということだ。日本の状況はとてもよくない。日本人が外に出たら出たで、(アメリカの)ジム関係者なんかから見下されている。タトゥーだらけの選手たちから、あんまり好かれてないし、惨めな生活を強いられている。わかるだろ。

記者 キッド・ヤマモトのWEC登場はありますか

DW ヤツのことは好きだが、最近KOされていたよな。それはよくない。

記者 ゲガール・ムサシはM-1にいる限り、UFC参戦は難しいですか。

DW ムサシやヒョードルは欲しいかと言われれば欲しいよ。ネバー・セイ・ネバーだと言ってるだけだ。これまで何度も言ったとおり、ヤツらには値打ちがある。彼らは欲しい。

記者 最近ではM-1といつ話をしましたか

DW あんたが思うより最近のことだよ

*****

日本人選手がアメリカのジムで,十分なコミュニケーションを取って、生き生きと練習できているものだろうか、という疑問はかねてから持っていたが、やはりタトゥーの荒くれ者からはあんまり相手にされていないという面があるようだ。これは難しい問題だ。言葉の問題もあるだろうし、つきあい方や楽しみ方も違ったりするだろう。気疲ればかりして帰ってくる選手も少なくないのではないだろうか。

やっぱり、ダナ・ホワイトのような人から「イシイを頼むぞ」といった感じで派遣されるのが、いい扱いを受けるには一番いいのかもしれない。あとは、異文化のつきあいが出来る、柔らか頭のアメリカ人選手やコーチをさがすことだろうか。プロレスでも外人選手とのつきあいは多いんだろうと思うけど、そのへん、どうしているんだろう。競争相手というより、一緒に作り出す仲間という意識の方が強いだろうから、また全然違う関係なのかもしれない。

なお、宇野を下したスペンサー・フィッシャーが掲示板で五味への対戦要求を突きつけているとの報道もあった

青木問題については僕もいろんなブログや意見を目にした。秋山の時に比べれば、意見が分散しているように見えて、好ましいことだと思えた。普段はあまりマメに更新しないブロガーの中にも、今回は腰を上げて一言書いた人も多かったようで、見識の高い書き手ってたくさんいるんだなあと感心した。それでも意見の多くは、長々と書いてあったとしても要するに「悪いことだからケシカラン」くらいのことしか言っていないようだった。スポーツマンシップに欠けるとか、子供には見せられないとか、言葉はいろいろに違えども、だ。でも、そんなことは言われなくても、誰でもわかってる。善し悪しを論じるなら、こんなものは「悪」に決まってる。

ダナ・ホワイトはさすがにちゃんと解ってる。ああいうものを見て気持ちがザワザワしたら、そこが選手がブレイクしたり、ファンの側が見方を広げるチャンスなのだと思う。出来事の背景や心理は、一見するよりずっと複雑で重層的なものだ。

*****

こちらではダナ・ホワイトがビンス・マクマホンについてコメントしている。1月11日(月)、RAWとUFN20が裏番組同志でぶつかり、思わぬマンデーナイト・ウォーが勃発するスケジュールになっている。

ビンスのことは好きだ。ファッキン・アニマルだよなあ。勝つのが好きだ。自分もそうだけど。

彼と競い合うつもりはない。11日は放送局が希望した日付に過ぎないんだが、ビンスは戦争モードに突入した。マイク・タイソンを呼ぶらしい。ロックも帰ってくるかもしれないらしい。いいなあ。ホントにアニマルだ。

こっちは、マンデーナイト・ローをぶっとばしてやる、なんて言ったことないだろ。プロレスとMMAは全く別物だと思っているからね。

ビンスのことは尊敬している。朝飯を一緒に食ったこともあるが、いい男だ。でもアニマルだ。マンデーナイト・ウォーをするつもりはない。彼らはすごい視聴率を取る。テレビ史に残るような数字を取ってきてる。


なお映像の中でダナはシェーン・マクマホンについて、「コンサルタントか何かをフリーランスでやるらしいよ」としている。UFCをコンサルするのか、と聞かれると「解らない」と流している。

▲▲▲

3月6日にメキシコのカンクンで開催される新興MMAイベント International Unlimited Fighting で、「セス・ペトルゼリ vs ケン・シャムロック」が実現すると MMA Fighting が報じている。エリートXCでは、ケンシャムが回避したキンボ・スライス戦にペトルゼリが緊急登板して大変な事態となったという因縁の二人である。

インディシーンからもうひとつ。2005年に青木に腕を折られたキース・ウィスニエフスキーは1月2日に Hoosier Fight Club 2 - It's On というイベントに登場し、ピート・スプラットに一本勝ちした。


▲▲▲

小橋が肘部管症候群で大会欠場、選手生命の危機=ノア(スポーツナビ)

大みそかに最も検索された格闘家は?(Yahoo!検索ランキング)

廣田選手…(高瀬大樹オフィシャルブログ)

かなりの重傷だそうですね…
大丈夫なのかな?
復帰できるんでしょうか?
どなたか詳細知ってたら教えて下さい。


高瀬がこう書くと言うことは、重傷であるとの噂がもっぱらなのだろうか・・・

薮下選手参戦します!ストライクフォースとの契約を賭けた女たちの闘い(THE SLEEP TALKER - シュウの寝言)


スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update