SRCはミドル級ミニトーナメントでスタート?

日本時間で月曜日に行われたWEC46、火曜日のUFC Fight Night 20 を早送り多用でなんとなく眺めた。今回の Fight Night はもう一つ盛り上がりに欠けていて、これといった見所には乏しかったように思う。WECも勝負論的にはものすごく緊迫していたわけではないマッチメークではあったが、やはり二人のスター選手が華のある楽しい試合を見せてくれた。

マイク・ブラウン def アンソニー・モリソン (1R 1'54)
 前回はジョセ・アルドにKOされてしまったベテランのブラウンだが、いい意味で年甲斐もなく、見事な圧勝で早速トップ戦線に復活した。クルシフィクスからのパウンド、マウント、そしてバックマウントへとスムースに移行し、スリーパーであっという間に極めてしまった。盤石。これでブラウンは、今後実現すると見られる「アルド vs フェイバー」の勝者への第一コンテンダーの地位を確保した模様。

ユライア・フェイバー def ハファエル・アスンソン (3R 3'49)
 地元とは言え、ユライア人気凄いなあ。会場は無茶苦茶盛り上がってる。そして、人気があるのも解る攻撃的なファイトスタイル、とにかく前に出て先に打つ。見るからにパワーもありそう。でもユライアの打撃、何だか危うい気がしてならない。チャンと説明する語彙をもたないのだが、どことなく飛び込み方が雑で、結構なカウンターを食らってる。これでアルドのカウンターが決まれば、立っていられるのだろうかと思う。テクニシャンというより野人系なのかなあ。2R、まるで岡島のピッチングフォームのような、下を向きながらのアッパーライトがアスンサオに直撃してフラッシュダウンを奪うが、これも作戦通りなのか結果オーライなのかよくわからない。3Rのフィニッシュは、立ち上がろうとするアスンサオの背後にするりと回ってのスリーパー。宇野からちょっとスピードを落としてパワーを付けたような動きだった


WECの視聴者数は、過去3大会は40万人前後であったところ、今回は64万人。WECを放送している Versus が大手衛星放送のメニューから外されている中でのこの数字は非常に良いという評価になるらしいFight Night は視聴率1.2%、視聴者数170万。裏番組となったWWE Raw はタイソン効果があったのかなかったのか、3.7%、545万人の視聴者を獲得した。全部放送局が違うので、数字の直接比較は意味がないのでややこしい。

*****

月末にストライクフォースに登場する戦うフットボーラー、ハーシェル・ウォーカー(47)がアメリカのテレビやラジオに出まくってプロモーションをしているとのこと。ラジオ番組に出演したときには、朝に目が覚めるとスクワットを1500回やっている、ここ8週間にこなしてきたトレーニングは、これまでの人生で最も濃密なものだった、自分はジョニー・モートンやホセ・カンセコにはならないなどと語った。またテレビ番組では、彼自身が400万ドルで手に入れた鶏肉の会社がいまや2億ドルに成長していると語り、人生で二人の女性としか寝ていない(最初のガールフレンドと奥さんと)、今の睡眠時間は一日4時間で、食事は日に一度、サラダとスープとパンを食べているだけ、水はたくさん飲んでいるなどと語っていたそうだ。

*****

レスリング・オブザーバ最新号によると、UFC108でラシャド・エバンスに敗れたチアゴ・シウバのトレイナーが、チアゴが練習中に腰を故障していたこと、このためレスリングの練習やテイクダウン防御の練習を全く出来なかったと明かしている。シウバ陣営は試合前にはこの噂について一貫して否定していた。

UFCの選手にこのところ怪我が急増していることについて、アメリカン・キックボクシング・アカデミーの Javier Mendes は、MMAは厳しいスポーツで、さまざまな競技に習熟しなければならないため、練習量は増加の一途となっている、知識を増やし、技術を磨き、なおかつ体調と整えることのバランスを取ろうとしているのだが、結局試合の前に怪我をしてしまうと語っている。

他方、グレッグ・ジャクソンは、コーチの腕が上がるにつれて、怪我は減るはずであり、最近の状況は偶然の産物だと論じている。

Mendes は、ファイトマネーの高騰につれ、選手が欠場の意志決定を遅らせている実態もあるとしており、怪我を隠して練習を続け、より悪化させてしまっている面があるという。

*****

ポーランドのプロモーションKSW筋が、マメッド・ハリドフが、3月12日のSRC12でジョー・ドークセンと対戦すると明かした。記事には、この試合の勝者が、「ジョルジュ・サンチアゴ vs 三崎」の勝者の持つタイトルに挑戦することになると書いてある。ということは、サンチアゴ・三崎戦も近く行われると言うことなのかもしれない。

*****

ゲーム会社 THQ Wireless が、iPhone 向けのゲーム、Smackdown vs. Raw 2010をリリースした。iTunes のダウンロードリンクはこちら、600円。11人のWWEレスラーが登場、6つのアリーナを選んで遊べるそうだ。

*****

吉田秀彦が引退試合で桜庭戦に色気(日刊スポーツ)
ある程度話が出来ていて言っているのか、DREAMに対する意欲をほのめかそうというのか、単なる願望を好き放題に言っているだけなのか、さっぱりわからない。こういうオヤジはたまらない。辞める辞めるといいながら、何だか楽しそうではないか。

格闘技バブル本格崩壊の序章なのか......栄華を極めた「格闘技通信」に休刊の噂(日刊サイゾー)


スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update