娘をリングに上げたことは間違いだった【コールマン】


現在はクートゥアのジムで練習しているフランク・トリッグは、日本でコールマンと親しく話す機会があった。2000年のPRIDE無差別級GPでコールマンが優勝したあとのことである。

「どうすれば勝てるんだい?」と彼に聞いてみたんだ。そしたら、「ああ、別に。ただ酒をやめてトレーニングしただけさ」。ありえないよと思って僕はちょっと笑ってしまった。すると彼は「俺は普段は練習はしないんだ。ただ戦うんだよ。でもこの今回は練習してきたんだ。」

・・・クートゥアは決して近道を取らない男だ。まるでコンピューターの科学者がコードを検証するように、どうすればもっと強くなれるかの秘密を探求している。先週、ハーシェル・ウォーカーがMMAデビュー戦で、呼吸すら乱さず3Rを戦ったコンディショニングを発揮したことについて聞かれたクートゥアは、「尋ねる相手を間違っているよ。年齢は問題ではないんだ。あくまで個人差なんだよ」

ダナ・ホワイト「彼らはまるで正反対だ。ひとりは真面目人間で、体のケアを怠らず、いつもジムにいて練習し、うまくなろうとしている。洞察力が深く、つねに良い戦略をもって戦う。パーティとかアルコールとは無縁だ。他方でコールマンは本気になったことがなくて、天然の才能でやってきたような男だ。それはそれですごい。きつい人生をおくっているので、練習が十分だとは言えない。それでも元来の強さとハートで勝ってきた」

元エクストリーム・クートゥアのショーン・トンプキンスは現在、コールマンのコーチを務めている。2009年1月のショーグン戦に破れ、7月のステファン・ボナー戦をオファーされたとき、コールマンはようやくクートゥア流でやってみる気になったのだという。

「マークは家族の面倒をみる事を優先させていた。彼はそれを変えた。それまでの彼は、自分で自分をコーチしていたようなもので、誰にも頼ることなくこれまでやってきたというのは、ある意味驚きだ。いまはコーチをつけて、適切に準備をしている。いろんなことがやれているよ。」

出所 Yahoo! Sports, Kevin Iole

*****

2009年1月、コールマンはイギリスでマウリシオ・ショーグンと戦った。コールマンのスタミナは2分くらいで切れてしまったが、ショーグンのコンディションもよくなく、コールマンはあと24秒で判定に持ち込まれるところまで、なんとか持ちこたえた。試合への評価は必ずしも高くはなかったが、会場のファンはまるでリアル「ロッキー」を見るかのようにコールマンに声援を送った。大きな声援に心を奪われたロレンゾ・フェルティータとダナ・ホワイトはこの試合を「ファイト・オブ・ザ・ナイト」に選び、コールマンにもう一度チャンスを与えることにした。

コールマンはその日のことを振り返る。「声援には驚いた。十分な練習はできていなかった。ライトヘビーでは初めての試合で、うまくいかなかったのだが、ファンの声援にずいぶん助けられた。あの反響の意味は大きかった。UFCも気がついてくれたし、まだ売れる選手だと思ってくれたのだろう」

2006年10月、ラスベガスでヒョードルと戦ったとき、当時9歳と7歳だった娘さんはリングに呼び込まれた。「あれはずいぶん批判されたし、間違いだったよ」。今回の試合もコールマンは娘をラスベガスには呼ばない。

出所 Yahoo Sports, Dave Meltzer

>レスリング・オブザーバ最新号によると、ロバート・デニーロがクートゥアに電話をして、試合を見に行くよと言ったそうだ。

*****

UFC109大会前記者会見でダナ・ホワイトが海外戦略について、「今は中国、韓国、インドに注力して行く。その3つがいま追いかけている国だ。インドには18歳から34歳が3億人もいる。」「ブラジルについてはそんなに魅力を感じていなかったが、オリンピックも決まったことだし、力を入れていきたい」などと語った。

先日提携を発表した中国のポータルサイト Sohu.com については「中国で最もパワフルなサイトだ。なんでも中国では、18歳から34歳の男性はテレビは見ず、このサイトで全部済ませるらしい。」と語った。MMA Weekly

Sohu は世界から20億人がアクセスしているサイトだとのことだ。話の単位が見えないが、「中国4000年の歴史」とか、そういうざっくりした話なのだろう。アクセスしてみたところ、かなり重たいサイトながら、煽り映像などは普通に視聴できる。試合も見えてしまうのだろうか。

UFC海外戦略の標的に日本がはいっていないのは寂しいが、かねてからUFCはいろんな国の名前をあげつらっていて、そのままフェードアウトしたりすることも多いので、まあ、そんなに固い計画ということでもないのだろうと思う。それにしても、アブダビ経由でアジア市場進出、という話がどれくらいリアリティがあることなのか、日本に住んでいるとさっぱりわからんな。

▲▲

格闘界が引退の朝青龍にラブコール(デイリースポーツ)

Yahoo!ニュース - 番付 - 「格闘家・朝青龍」を期待する声多い


Feb.05.DC12:朝青龍引退。(デーモン閣下の地獄のWeb Rock)



スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update