ボブ・サップの実力とは?

STRIKEFORCE AT THE DOME LIVE RESULTS (MMA Weekly)

Jan Nortje def. Bob Sapp by TKO at :55, R1
Maurice Smite def. Rick Roufus by submission (Kimura) at 1:53, R1


23日に行われた Strikeforce大会ではボブ・サップが何も出来ずに1分と持たずにTKO負けしたようです。モーリス・スミスはサブミッションで勝ったんですね。この大会の動画がうまく見つかりません!アメリカではHDNetで放送されている筈なんですが。

いくつかのMMAサイトの報道によると、追い詰められてジャブを食らったサップは、いやがってそっぽを向こうとしたところ、何発もの左フックを浴びて倒れたと言うことです。パンチの数は21対0だったとか。試合後には、太ももに負傷があったと述べたそうです。

アメリカでのデビュー戦、Strikeforcfe 複数年契約の初戦、地元での開催、カレッジフットボール時代のチームメートも観戦、対戦相手は殆ど自分の友人でMMAをよく知らないノルキア、煽り映像ではさんざんエンターテナーぶりを発揮していた挙げ句の果てに、勝つべき試合であっと驚くダメサップぶりを発揮してしまったようです。ピーター・アーツのヒザ一発でコロリと倒れたときには、なにか意図があるのかと思ったものですが、これだけのお膳立ての舞台でも同じようになると言うことは、ホントにそれが今のサップの実力なのかもしれないですねえ。DREAMにはお越しいただく方がいいんでしょうかねえ。

ところで、この大会のロゴをよく見てみると BodogFight Presents って書いてあるんですね。

CAGE RAGE 25 PART OF SHOWTIME DOUBLE-HEADER (MMA Weekly)

また、EliteXC が買収したイギリスの Cage Rage では、次回3月8日大会をダブルメインイベントとして、MMAの「ケン・シャムロック vs ロバート・ベリー」に加え、ボクシングWBOクルーザー級選手権試合を実施するそうです。ともにアメリカでは Showtime で放送されます。

いろんな所がお金や選手を出し合って興業を打っているんですね。

*****
Kampro最新号はユルユルと目を通していますが、韓国人ジャーナリストとの対談はさんざんな結果に終わっていますね。Kamiproもずいぶんと長い前口上で事情を説明していますが、そら、ああなりますよ。別に秋山がテーマだから、煽られて特別にああなったわけではないと思う。だって韓国人と議論をすると、最後には、もともと日本人は韓半島から渡来してきたんだ、というところまでさかのぼって、全然そんな話ではなかったのに、結局韓国人万歳といった話で落とされるんだから。これ、ホントですよ。ええと、僕の経験の範囲内では、と但し書きはつけておこうか。それでも彼なんか相当なエリートなんだけどね。

Kamiproが、文句があるなら自国で興業をやれと言いたくなる気持ちもよく分かる。それじゃあ議論にならないんだけど、そらそうなんです。前にも書いたが、彼らの言っていることに突っ込みを入れるのは簡単。ただ、ビクともしないで100倍返しされるだけ。数号前の同じKamiproで菊池成孔も警告していたでしょ。丸腰で出て行ってはいけないんですね。なにか対話のためのメソッドなり目論見を持って行かないと。

まあ、なんだかんだで、彼らはよく見てますよね、日本の格闘技を。

スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update