ダナ・ホワイトのカウンターパンチ炸裂中 / アオキ「刺す」発言への反響

UFCが4月17日に、ストライクフォースへのカウンタープログラミングのために「よーしナガシマ、ドーム抑えろ!」とばかりに急遽組む大会の報道が乱れ飛んでいる。

●噂に出ていた「マイク・スウィック vs マット・セラ」に関しては、スイックが Twitter でこれを否定。本人が腕の怪我をしていて、手術を受ける予定があると。

●何故か、この大会でこれはないだろう、という形で噂に出ていた「ヴァンダレイ vs 秋山」はUFC116での実現が濃厚、なんでも大会当日の7月3日はヴァンダレイの誕生日なのだそうだ。関係あるかなあ?

●ダナ・ホワイトと仲良しのDJ、カーマイケル・デイブの掲示板への書き込みによると、契約したばかりの元ボクサー、ジェイムス・トニー対キンボ・スライスがこの大会で実現することが濃厚(この情報を否定する報道もあるが、これは意図はすごくよく分かる)。しかも、このUFC大会はなんと、ストライクフォース大会と同じテネシー州ナッシュビルで開催される予定だそうだ。会場の熱まで奪い取ろうと言うのか。これはえぐい。

Fight Opinion は、もともとUFCがト二ーとあえて契約したのは、トニーのストライクフォースとの契約を阻止し、「トニー vs ハーシェル・ウォーカー」などの実現を阻む以外には理由なんてなかったのだ、だから初めて非独占契約にしたのだと分析している。

●ストライクフォースのスコット・コーカーは、CBSのケリー・コールも、「日程の変更の可能性はある」と語っている

Yahoo! Sports デイブ・メルツァーの分析:

 ー 4月24日にはShowtimeがボクシング中継をする予定となっており、ストライクフォースが延期した場合、その裏番組に親会社のCBSがMMA放送を行うことを問題視する向きもあるだろう

 ー 仮に4月17日に両大会がバッティングしても、視聴可能世帯のベースが違うため、視聴者数ではCBSが Spike を凌駕するだろう。

 ー しかしながら、CBSにとってMMAは特別の番組ではない。前回放送の視聴率は通常番組より39%低かった。それでも成立しているのは、18歳から34歳の若い視聴者層での高視聴率がスポンサーを惹きつけたからであるが、今回裏番組に少しでも視聴者を奪われることとなると、CBSのストライクフォースへの評価に大きく影響することになる

 ー UFCを生中継するスパイクは、視聴者数でCBSに負けたとしても、通常番組の倍の視聴率は稼ぐだろう

 ー ストライクフォースが24日に延期した場合、WECのPPVとバッティングすることになる。WECとバッティングしても、CBSの視聴率には大きな影響はないだろう。逆に、WECにとって、ハードコアファンを少しでも奪われることは、PPV販売件数に悪影響を与えることだろう。

 ー ストライクフォースが延期した場合、ほぼ間違いなく、ダナ・ホワイトから再びのカウンターパンチが繰り出されることだろう。

ESPNのコラムで Jake Rossen 記者は、ストライクフォースの予定試合が5Rの選手権戦3試合であることから、すでに放送時間がギリギリいっぱいの状態で、UFCの攻撃に対して、マッチメーク面で柔軟に反撃する(たとえば、ハーシェル・ウォーカーを投入するなど)ことは難しいのではないかと指摘している。

>4月17日にUFNの無料生中継をぶつけてくるということは、UFCとしては、ストライクフォースの日程を翌週に延期させるように誘導しているように見える。誘導すると WEC にとって不利にならないものかと思えるので、メルツァーが分析するように、WECにもなんらかの対抗策の用意があるのだろう。ストライクフォースとWECが競合した場合、ストライクフォースは格下に負けるわけにはいかない・WECは少しでも健闘すると勝利宣言できるという、まるで試合のマッチメークのような力学やら格の意識が生じてくる。なんにせよ、日本のプロレス全盛期のような勢いのいい話で、不景気なことなどひとつもなく、乗っかっていて気持ちいいわ。

*****

戦極ファイター、コリアン・ゾンビ、ジョン・チャンソンのWEC入りが濃厚となったと、MMA Junkie が伝えている。戦績10勝1敗、1敗は金原戦。SRCにとっては結構痛い流出かも。

マイク・タイソンのボクシング復帰が計画されている。今年後半に、ドン・キングのプロモーションで復帰戦を行う。対戦相手はイベンダー・ホリフィールドを第一候補に計画中なのだそうだ。

シュルトの王座にエロジマン挑戦、イグナショフはアル中から復活 (Kamipro)

向井徹WVR新社長、前日会見で宣言「数年後にはUFCに追いつく」(Kamipro)
就任演説は響いてくるものは感じられないが、まあ、ファンに向けていっているのではないのだろうという気がする。登場しただけで叩くのもフェアではないので、ひとまずは、ぜひ頑張っておもしろい試合を届けて欲しい。ところで、最初のPPVは悪いけど買わない。

*****

「見えない道場本舗」さんがこの記事で論じている点、実は青木の「刺す」発言はこちらのページに英訳されている。というか、僕が英訳した。アオキのストライクフォース参戦は、米サイトでも普通に広く報じられたが、アオキ発言の中でも「DREAMの名誉のために」みたいな、綺麗なところだけが記事になっていて、大本営発表みたいな記事ばかりだったので気持ちが悪く(そう、日本語版の報道と同じだ)、これ違うじゃんかと軽い気持ちで投稿したのだった。とはいえ、投稿してから、告げ口をしてしまったかのような軽い自己嫌悪も感じた。たしかに別に俺がやらねばならぬことでもなかった。結果、アオキの不適切発言は他所で騒がれることもなく、ただこの記事に20余のどうということもないコメントがついただけだった。もっとも、情報出所のクレディビリティやレジティマシーの問題なのかもしれない。もっとおなじみの記者が、おなじみの場所で報じれば、結果は違っていたのかも知れない。

リンク先を見ればわかるが、どんなコメントがあったか、簡単に紹介しておくと、

- ほんとにシンヤがこんなこと言ったのかな?アメリカ人のファンはアオキのことをこんなふうに見てるんだけど。


- 色んな意味ですごいな。

- アンチアオキ派にまで刃向かってるとは

- 彼の生足が楽しみだよ

- アオキなんかやられてしまえばいいのに。
  - 刺されて?それとも撃たれて?
   - レイプされたらいい
     - フランク・ミアに?
       - マーカス・デイビスにだよ

- アオキがギルの腕か足を折ったなら、俺は喜びでむせび泣くね。同時に、それが地上波でのMMAの死になるだろうから、悲しくて泣くね。アオキがMMAオタクを自認しているところは好きだな。リングもケージも関係ないと言うのも信じてやるよ。
  - ギルは折られたりしないよ。タップするだけの知性があるからね
    - そんなことをしたら、ディアズ兄弟が台風のように押し寄せてくるぜ

- アオキとニックの試合、見たいよなあ。ニックのグラウンドの底がわかるだろうし

- アオキは僕のお気に入りになった!


ちなみに、ミアやマーカス・デイビスの暴言がアメリカで問題になっているのは、レスリング・オブザーバなどによれば、ニューヨークなどでMMA解禁が間近となっているこの時期に、反対派を勢いづかせるようなことを言うな、という文脈なのである。言うならニューヨークが済んでからにしろ、という意見もあった。品格がないとか、スポーツマンシップにもとるとか、そういう日本的な議論をする人もいるかもしれないが、僕の見る範囲では、その線で沸き立っているわけではない。

スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update