「青木・メレンデス」戦,米で報道量増加中!



「青木 vs メレンデス」戦を前にしたギルバート・メレンデスのインタビュー。ランキングはベルトより重要、と。言われてみればそうだろうなあと思う。Yahoo! Sports より。

・・・青木(23勝4敗、1ノーコンテスト)は多くの媒体で、世界のライト級のランキングでBJペンに次いで2位とされている。4敗のうち3敗はウエルター級での試合だった。

青木のランキングには疑問の声もあるが、グラウンドの展開となれば、青木に敵がほとんどいないことも論を待たない。勝ちのうち14勝は一本勝ちだ。

最近の五味の例をはじめとして、アメリカに来た日本のスター選手の多くは苦戦を強いられており、日本での試合を元にランキング上位に付けるのはおかしいという声もある。

しかしメレンデスは、青木のランキングには問題がないと語る。

「青木は完全に世界第2位と言っていいと思う。1位はBJだが、青木は2位だ。その後ろに、自分を含むグループがいる」

「ランキングはベルトより重要だ。そして青木は世界二位だ。自分が青木を倒した後に、みんながあのランクはもともとおかしかった、なんて言い出さないように祈りたいよ」

「僕が思うに、この世界でベストなサブミッションの使い手は青木とジェイク・シールズだ。」

「いつも青木のことが頭から離れない。ときには無理に青木のことを忘れるために、コメディ映画を観たり、彼女と出かけたりしないと行けないんだよ」

メレンデスはこの試合でストライクフォースとの契約が切れるが、いまのところ、契約を更新するつもりだという。

「ストライクフォースには満足しているよ。トップ10ランキングを維持するためにはUFCにいることが得策だとは思うけど、スコット・コーカーはいつもよくしてくれるし、世界二位の男との試合をCBSで放送してくれるんだ。残留すると思うよ。」



MMA Junkie には青木の無愛想なインタビューが!

メレンデス戦は、一本かKOか、いずれにせよ1Rの短期決着になると思う。彼のプレッシャーを受け止めて、自分が勝つ。

(廣田に仕掛けたフォースは)今後も起こりうる。二度と起きないとは言えない。



*****

ドキュメンタリー映画監督クリス・ベルが、プロレスラー、クリス・キャニオン氏の死にかんして、コメント。「Bigger, Faster, Stronger」の監督の発言としては、一ひねりあって考えさせられる。F4W Online

とてもいい男だった。頭に来るのは、サイトではステロイド過剰摂取が死因だと書かれていることだ。これは完全な誤報である。ステロイドを擁護するつもりはないが、それにしても、この手の問題の原因は鎮痛剤やアルコールであることを,本当に多くの人が解っていない・・・もう一つ腹が立つのは、メディアはいつも、亡くなったプロレスラーをビンス・マクマホンに結びつけることだ。誰であろうと、元WWEスターだと報じられ、WWEが講じているステロイド対策については触れようとしない・・・



Bigger Stronger Faster [DVD] [Import]Bigger Stronger Faster [DVD] [Import]
(2008/09/30)
Chris BellMike Bell

商品詳細を見る

スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update