UFC112直前情報!ネタバレ無し!


UFC112 アブダビ大会は実はもう終わっているのだろうけれども、僕のようにWOWOWな時間帯を生きることにきめた方に、大会前の煽り記事から目に付いたところを紹介。

まずUFC112に登場する,強すぎる王者たちに賭けられた記録。レスリング・オブザーバ最新号。

・2006年10月にリッチ・フランクリンからミドル級王座を奪取以来、アンデウソン・シウバの王座保持期間がすでにUFC史上最長となっている。これまでの記録は、ティト・オーティスがライトヘビー級に君臨し続けた3年5ヶ月12日。

・シウバは現在10連勝中で、これはUFCの連勝のレコードである。アブダビで勝てば自分の記録を更新することになる。

・タイトルマッチでの「5連勝中」というシウバの数字も、ヒューズ・オーティスに並んで1位、今回勝てば単独一位に。実は2007年にトラビス・ルターを下した試合はタイトルマッチの予定だったのに、ルターの体重オーバーで直前にノンタイトル戦に変更されたことがある。

・シウバのタイトルマッチでの勝利数は7に。ヒューズとクートゥアが持つ9勝という記録に迫る。

・ペンも2008年1月以来、ベルトを守り続けており、これはシウバ・オーティス・ミレティッチに次ぐ第4位の長期政権となっている。

このほか、UFC最多勝記録はヒューズとリデルの16勝で、今回ヒューズが勝てば記録更新となる。

*****

マット・ヒューズのインタビューがYahoo Sports に。

昔はパウンドで相手を徹底的に痛めつけるような選手だったけど、今では別人になった。今の自分が好きだよ。優先順位が変わったんだ。

この5年間に、いろいろなことが変わった。クリスチャンになったし、5年前には結婚もした。3年半前に一人目の娘が生まれ、3ヶ月前には二人目の娘も生まれた。実生活でそんなことが起きて、一日中子供たちと過ごしていると、もう昔のようなファイターであり続けることは出来ないよ。

昔はリング上で相手を見て、「腕をもがれて、その腕で殴りつけたりされないだけでも有り難いと思いな」なんて思っていたけど、36歳になって、もうそこまでアグレッシブじゃないな。やんちゃな選手から、テクニカルな選手に変わったと思うよ。

タイトルも、現段階では大きなモチベーションにはならないかな・・・もちろん、まだ獲得はしたいけど、どうしてもと言うほどでもない。僕はただ、ベター・ファイターになっていきたいだけだ。もう落ち着いて幸福な生活を送っているし、そんなに心配するべきこともないんだよ。



ホイス・グレイシーはUFCとFLASH社の関係について語る

UFCとFlashのパートナーシップに、僕はかなり関わっているんだよ。当時UFCは投資家を探していた。僕はシンガポールにいたんだけど、UFCが投資家に送りつけていた資料一式をもらってシークの所に持って行った。

シークたちはすぐに弁護士を通じてホワイトやフェルティータに連絡を取った。で、取引成立となったわけさ。

(先月のUFC111)ニュージャージーにもサウジアラビアからシークたちが見に来ていたんだ。自国で開催したいと言っていたよ。

(海外展開に際しては、ドイツでテレビから締め出されるなどの困難もあるが?、と聞かれて)数十年前には、エルビス・プレスリーの腰から下が下品だとして、テレビで放送できなかった。慣れが必要だし、こういうことは時間がかかるんだ。いまではズボンを浅くはいてブリーフが見えてるような子供が街を歩いているじゃないか。

最後はみんなが、このスポーツの安全性を理解すると思う。だって、自分の息子がボクサーになりたいと言い出したら、かなり心配だけど、MMA選手になりたいというなら、安心して応援できるよ。

(アブダビでのUFC選手のサイン会が大盛況だったことについて)そんなことは一つの小さな例に過ぎないよ。MMAの人気は、中東地域で爆発寸前で、それがアジア全域、世界中に広がっていくよ。君もいいときにここに来たね。とてつもない大きなことがここから始まる。君はその始まりを目にしているんだ。



(FLASH社のマネージング・ディレクター、John Lickrish 氏、投資以外に、単なる提携などの方法もあったのでは?と聞かれて)


いや、ほんとのところ、カネの問題なんだよ(訳注 投資の方が儲かるという判断なんだよ)。それに、オーナー(ダナ、フェルティータ)たちと直接話が出来たし、彼らは僕らの身になって、物事を見てくれたからね。



*****

ストライクフォース、スコット・コーカーのコメント集

●ダン・ヘンダーソン戦が終わったらすぐにでもUFCに移籍してしまいそうなジェイク・シールズについて
(シールズとの契約は満了するが)われわれにはもう一試合を行うオプションがある。また、一般的な契約書同様、再交渉期間も、マッチングライツ期間も定められている。どうするかは試合後にきめる。

ジェイクと自分はもう長い間の友人だ。ビジネスにはいろいろあるが、個人的に受け取ることはない。ジェイクは素晴らしいチャンピオンだし、こちらも約束は全部守ってきたつもりだ。試合の後で彼とは話をするよ。

(訳注)「ストライクフォースがマッチングライツを持っている」という場合、再交渉期間に他団体からのオファーがシールズに対してあった場合、シールズはストライクフォースにそのオファー内容を開示し、同額以上のオファーをする意思があるかどうかをまずは確認しなければならない。

●ヒョードルとの交渉については、「6月大会の枠を確保してある。そこに出場できるように交渉がまとまるといいと思う。交渉の最後のボタンを留めているところだ」とコメント。数ヶ月前から同じことを言っている気もするが。

●ハーシェル・ウォーカーについては、「秋頃に戻ってきてくれる。ハーシェルも30日以内に、AKAに戻って練習を始めてくれると思う」とコメント

*****

宇野薫がUFCをリリースされた模様だと MMA Fighting が伝えている。岡見に負けたリンハレスもリリース

【K-1MAX】5・2大月晴明は落選で総合転向!?HIROYA、渡辺一久は他興行で査定(GBR)

UFN視聴率速報(ミルホン)

会見での(引退発言)について(桜井マッハ速人オフィシャルブログ)

【シュートボクシング】4・11渡辺久江の相手に、グローブ空手女子王者が名乗り!(GBR)


スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update