桜庭和志という方法

「桜庭 vs グレイシー」のノスタルジックな愉悦に浸っていたら、ふと思い立つことがあった。それは、いま桜庭が青木の年齢立場なら、ストライクフォースに放り込まれたらどうしただろうか、ということである。

グレイシー柔術という黒船来襲に多くが討ち死にし、いったんは日本最弱とまで言われながら、桜庭はいとも簡単にカラフルに楽しげに、グレイシーを退け続けたのである。

目に見える技術じたいは、当時のものをそのまま再現しても仕方ないだろう。ただ、そこにどんな考え方や方法があったのか、ということについては、再評価し再学習しておく必要があるのではないだろうか。桜庭は別にグレイシー柔術が本家より強かったから勝ったわけではないし、リングで戦ったから勝ったわけでもないだろう(だってプロレスラー時代にオクタゴンで勝っているのである)。誰も破れなかったグレイシー・システムを、あれほど破廉恥かつ痛快に破壊するために、桜庭はいったい何をどのように考えたのだろうか。

桜庭自身はアーティストなので、言葉では多くを語らないとは思う。ただ、桜庭のような選手は世界中どこを探してもいないのも確かだ。ニッポンのMMAとか、日本文化論を語るのであれば、必要な議論であり、失うべきではないモデルケースではないかと思う。

それと、「ポイントゲームの是非」という論点も近頃よく見聞する。ポイントゲームがおもしろいかどうかは、一つには見る側がどこに視点を置くかというだけのことではないかと思うが、それはいったん横に置くとしても、個人的には「選手がどういうつもりで試合をしているのか」、ということによって、見え方が違ってくるのではないかと思っている。陳腐な言い方をすれば、そこにハートが見えれば、結果的にポイントゲームになったとしてもおもしろい。しかし、そこにたんなる保身であるなら、そんなものはおもしろくない。その違いがどういう形で技術や試合展開に現れるのかはうまく説明できないけれど、そんなもん、たぶん見てればわかることなのだと思う。ダミアン・マイア戦のアンデウソン・シウバのパフォーマンスの目的が、相手を倒すことではなく、何らかの保身や自己顕示にあったのであろうことは、見てれば概ね感じ取れるだろう。一生懸命仕事をしている人は、見ていれば解るものだ。つまらないポイントゲームの原因は、べつに見る側の技術的知識の欠如とか、意識の問題ではないと思う。

*****

日沖発 def リオン武(修斗5.30 JCBホール)

桜庭の言葉で印象に残っているものの中に、正確な引用ではないと思うけど、「試合が終わった後に友達になれるような試合がいい、そんな相手と対戦したい」といったものがあった。そうだよなあ、ポール・デイリーなんて、試合後にマジでコスチェックに憎しみのパンチを炸裂させていたもんなあ。

この試合なんてまさに、殴り合いを通じて両雄が理解し合ったような種類の試合の一つではないかと思った。

王者リオンのチャレンジャースピリットがすごかった。全身の筋肉が逆立ち、色白の身体は真っ赤になり、草食系の顔は肉食系になっていた。ゲームとしても、テイクダウンを回避し、スタンドでの勝負を挑み続けた。面白い試合をしているだけではなく、相手の光を消そうするゲーム的要素もチャント踏まえていた。それを受けてたち、上回って見せた日沖の挑戦者らしからぬ貫禄もすさまじい。

ちなみに「30対27」は、アメリカンな判定だなあと思えば理解も出来るけど、「29対30」はちょっとよくわかりません。でも日沖勝利には異論無し。

*****

ボーウィー・ソーウドムソン def 梅野孝明 (シュートボクシング4.11後楽園ホール)

試合ハイライト動画

ひさしぶりのシュートボクシング中継を観戦、雑誌等で評判の梅野の試合は初めて見た。「コリアン・ゾンビ vs レナード・ガルシア」に匹敵する、今年屈指の乱打花吹雪の大戦争だった。これはすごい。

後楽園ホールの歓声が、またものすごかった。やんやの大歓声だけではなく、その上に常に、どよめきのような重低音が響き続けているのだ。音量の問題ではなく、あんな種類の歓声って、聞いたことがない。それだけでもただならぬ事件が起きていることを物語る。

解説の緒形は、プロの試合としては合格なれど、これではS-Cupでは勝てないと、熱くなると粗くなる梅野の技術を叱咤していた。K-1出陣は未だ早いと,本人も雑誌で語っていたので、短所は認識しているのだろう。それはそうかもしれないが、こっちは見終わってすっかり浄化されてしまって、気持ちいいことこの上ない。

ルックスもユニークで、ちょっと五味のような中性性が入っている。かわいさと怖さと狂気が入り交じった、印象に残る顔だ。女性人気はあるんだろうか。

シュートボクシングはちょっとガラパゴス的なれど、それはそれで気持ちよくて、ちゃんとS-Cupも継続しているし、そこにはアンディ・サワーも来るんだろうし、梅野やRENAといった新しいスターを順調に輩出しているし、地味ながら堅調に歩んでいるんだなあと思う。サムライでまた観戦できるようになったことを喜びたい。

復帰戦で無事勝利を飾った渡辺久江のマイクパフォーマンスも良かった。シーザー会長に向かって、「若い子よりも三十路の女がお好きだと聞いた。一度ゆっくりお茶でもいかがか」などと、RENAへの対抗心ありありの公開ナンパを断行。後楽園ホールには、これまた聞いたことの無いような、大人のマジ失笑が広がっていい雰囲気だ。

*****

Will Evans’ performance match pre-fight heat? (Kevin Iole, Yahoo! Sports)

試合前の電話記者会見でエバンスは、ジャクソンの自己表現方法について批判を繰り返した。ことのおこりは、ESPNの記者がジャクソンに、「ランページ、しばらくぶりの試合になりますね。休暇は時には不利益 (detriment) になりますが、同時に有利 (advantageous) にもなり得ると思います。しばらくMMAから離れていたことは、試合に有益 (benefit) だと思いますか」と聞いたことだった。

ジャクソンには風変わりでちょっと自虐的なユーモアのセンスがあって、こう切り替えした。

「なによりまず、なんであんたはそんなに抽象的な言葉を使うんだ?あんたが何を言っているのか、さっぱり解らないよ」

取材陣にとっては何ら驚くことのない答えだった。ジャクソンらしい答えだ。

(訳注:たしかに detriment とか advantageous とかいうビッグワードを使わなくても、good, bad と言った言葉で表現できる内容の質問ではある)

でもエバンスは愉快に思わなかった。ほどなく、ジャクソンの答え方を批判し始めた。

「アンタもアホじゃないんだろ。アホのふりをするのはやめな」。エバンスは報道陣を無視してジャクソンに語りかけた。「黒人だからと言って、そんな風に振る舞うもんじゃない。そう言うのは嫌いなんだ。そんな態度には辛抱ならない」

エバンスは後日語っている。「ランページは、『黒人による黒人に対する犯罪』とか、その手のことを口にするが、それってステレオタイプを助長していると思う。笑わせようと思って言ってるんだろうし、それが彼のユーモアのセンスなんだろう。でも僕には、アンクルトムのようにしか見えない」

エバンスがジャクソンをアンクルトムと呼んだことは、一線を越えている。アフリカ系アメリカ人に対するこの上ない差別用語だ。

スポンサーサイト

トラックバック

[格闘技]UFCとTUFとアリ

実を言うと最近全然録画したテレビが見れていない。UFCも2回分がたまってる。TUFに至っては、見るのは無理だろうと言うことで、録画自体やめちゃった。そのTUFでコーチを務めているラシャド・エバンスとランペイジ・ジャクソンの間で次のようなことがあったらしい。グリフォ

[格闘技][UFC][米国]「お前はアンクル・トムだ…」TUFのラシャドvsランペイジ抗争が教える人種問題の複雑さ

まずはこれらの情報をあらためて。 ラシャド vs ランペイジ、その前後の話題 < Gryphon ■TUF 今後の放送 http://www.wowow.co.jp/extra/tuf/episode09.html http://www.wowow.co.jp/extra/tuf/episode10.html ■ランペイジ、映画出演をちょっと後悔。負けたら訴訟? h

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update