ザ・デストロイヤー・インタビュー


レスリング・オブザーバのラジオショーにザ・デストロイヤー(80)が出演していた。1時間くらいゆっくりと喋っていたが、半分以上は日本の話だった。印象に残った部分だけ、大まかにサマリー。

Q 力道山戦は日本で大ヒットでしたね

私が思うに、馬場と3度、アメリカで戦ったことがあって、そのとき8社から10社、日本の新聞社も来ていた。馬場はまだまだ勉強中で、当時はたいしたワーカーではなかった。とにかく、それが日本で広く報じられたようで、はじめて日本に行ったときには何が起きているのかわからないくらいの騒ぎだった。力道山戦は史上2番目の視聴率を獲得し、7000万人が見た。試合自体も悪くなかった。力道山はいいレスラーとは言えなかったが、タフな男だった。ちょうどマスカラスがヘッドロックやアームドラッグも許さないように、力道山にヘッドロックをかけるときには一瞬シュートでやる必要があった。

Q 日本では言葉も違うし、いろいろ戸惑ったんじゃないですか

デスト 力道山戦では自分から相撲ムーブをやったりしたよ。ファンの様子もずいぶん違った。静かなんだ。自分から観客を怒鳴りつけてみると、反応するようになってきた。日本では当時、テレビは他人の家に集まって見るものだったそうだ。東京駅にもテレビがあって、1万人が小さな白黒テレビにかじりついていた。

Q 70年代にはフルタイムで日本に移り住み、日本人陣営に入っていましたね。

あれば全日本の第2弾のツアーだったが、余りにも陣営が貧弱で見ていられなかった。鶴田はいたがまだルーキーだった。そこで馬場と日本テレビに行ったときに、「馬場、アンタには勝てないから、軍門に下るよ」と言ったやったんだ。まだ妻にも言っていなかったので、あとになって、ハニー、1年ほど日本に行ってくるよと告げた。でも翌年には妻と3人の子供を連れて日本に行くことになった。カネはアメリカより良かった。週2千で、生活費は自腹だった。

「ウワサノチャンネル」というコメディ番組にも出演した。これが大いに当たった。結局日本には6年いたことになる。

Q その番組に出ていた若い女性は、いま大スターになっていませんか

デスト そうだ。アキコ・ワダはいまでは大スターになっている。ええと、アキコの方がファーストネームだったと思うんだがね。8ヶ月前に妻とニューヨークのアポロシアターに行ったら、アキコがデビュー40周年のライブをしていたよ。アキコが、あなたはどうしてそんなにおもしろいの、と聞くから、「アキコ、あんたが面白く見せてくれたんだ」と答えておいた。

Q 力道山が刺殺されたときにはどのようにしていたのですか

リキ・ステーキハウスにファイトマネーを取りに行ったとき、力道山が、デストロイヤー、今夜つきあえよ、酒も女で楽しもうと誘ってきた。リキ、自分は今からアメリカにとんぼ返りで仕事だよと答えた。アメリカに到着したら妻が空港にいて、力道山が刺されたという。そんなわけない、いまごろナイトクラブでパーティをしているはずだよ!と答えた。リキがトイレに立った際にギャングが刺したらしい。あの夜自分がおつきあいしていれば、あんなことにはならなかったんじゃないかと悔やまれるよ・・・

Q 一番最近はいつ日本に行きましたか

実はもうすぐまた日本に行くんだ。アマレスのキッド・トーナメントの用事でね。秋には旭川でデストロイヤー・ゴルフ・オープンが開催されるし、東京で80歳のバースデイパーティもやってもらえることになってる。

Q ここ最近の日本のプロレスについてご意見はありますか

馬場のグループがサバイバル出来なかったのは残念だった。馬場が亡くなった後、モトコから誘われたりもしたんだが、私の妻は日本には行きたがらなかった。新日本のショーも見たんだが、昔とはずいぶん変わっていたよ。カート・アングルが出てたかな。

Q 出版の予定があるそうですね

本はもう出来上がっている。タイトルは未定だが、ユーモアたっぷりの自伝だよ。





>デストロイヤーの力道山の記憶がとても鮮明で、まるで昨日のことのように喋るので、自分にとっても力道山のことをこんなに生々しく感じたことは初めてだった。「リキが死ななければ、日本のプロレス界も当時のままだったんじゃないか・・・」なんて、あまりにもいまさらなことを、とりとめもなく、ちょっと声を詰まらせながら語っていた。

ザ・デストロイヤー公式サイト

*****

海外MMAスケジュール」ページを更新。主な更新内容:

・エリートXCラストマッチでキンボ・スライスをKOしたセス・ペトルゼリがUFC復帰。UFC116のプレリミナリー・カードに早速登場。MMA Junkie

・戦極ファイター、スタニスラフ・ネドコフがUFCと契約、UFC117のプレリミナリー・カードに早速登場。

・先日の修斗大会で勝利したヴィラミー・“シケリム”・フレイレは8月1日UFC on Versus 2 大会に登場、チアゴ・タバレスと対戦することとなった。この大会には五味と岡見も出場、テレ東中継があるのではないかと考えられる。BloodyElbow

・ストライクフォース8月大会は21日にヒューストンで。キング・モーが登場、対戦相手候補はハファエル・ フェイジャオン・カバウカンチ。MMA Fightingより。ストライクフォース本戦に結構、チャレンジャーシリーズからの出世組がマッチメイクされ始めている。人材育成がうまく言っているようにも、コストの問題のようにも見える。

*****

エミリャーエンコ・ヒョードルが,ロシアの地方選挙に出馬することとなった。現在の与党らしい。出馬にあたってヒョードルが引退するのではという報道も見られたが、M-1サイドは出馬の事実は認めたものの、引退の噂は否定している。MMA Fighting Stance より。

*****

石井慧はKOした相手をゴングが鳴った後も殴り続けて反則負けとなったらしい。初めてのスカ勝ちですかね(ああ、違う、星は落としてるんですね)


スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update