金原完敗【SRC13レビュー】

SRC13をPPVで観戦した。SRCの場合、PPVで見るしかないところが痛い(笑)

マルロン・サンドロ def 金原正徳

フックで揺らされた金原がアッパーで浮かされて,そのまま前のめりにダウン、ピクリとも動かない衝撃38秒負けを喫した。まるで「あしたのジョー」でジョーが強烈に打たれたときみたいに、金原の黒目の光が消えてしまっていた。金原は担架で退場、容態が案ぜられる。

サンドロは歓喜の号泣。毎度毎度、秒殺勝利しているのに、ホントに未だこんなに嬉しいのかと不思議に思うくらい喜んでる。ベルトを巻いてマイクを取り、「ジョセ・アルド、おまえはナンバーワンだろうが、俺もナンバーワンだ。ベルトは二本目だ!」とWEC王者を挑発(通訳がこの部分を略したのは機転なのか怠慢なのか,それとも理解不能だったのか)。他方で、これからも日本で頑張ると行った発言もしてみせ、煙に巻いたまま退場していった。マネー次第と言うことか?


泉浩 def イ・チャンソプ

 「闘う山下清」風のチャンソプ、呑気な顔からどう猛な打撃を繰り出して湧かせて見せたが、今回は泉が堅く柔道投げでテイクダウン、そこからのパウンドで、型にはまったような快勝であった。バックから殴られるチャンソプが、「効いてないですよ」風に指を左右に振るようなアピールをするのが、「もう止めてください」にも「タイム!タイム!」にも「ハロージャパン」にも見えてわかりにくく、解説の秋山も「止めた方がいいですよ」などと混乱していた。なおこの試合で泉ショッカーが炸裂したのかどうかは解らなかった。フィニッシュとなった泉のパウンドは敵の後頭部に命中していたが、あれはルール上はいいのかな?

Yasubei榎本 def 菊田早苗

 ヤスベイ・エノモトというのは、もしかするとアームバー・キム方式のネーミングなんですかね。煽り映像をみる限り、日本語を喋れるような感じではなかった。試合はそのエノモトが菊田を一方的にいたぶり快勝。菊田は、口八丁で守ってきた幻想の貯金をあっさりと使い果たした感じ。英語でいうなら Kikuta is Exposed。試合を見た印象は、ヤスベイが強いというより、菊田が(以下自粛)


●楽しみにしていた「大澤 vs 戸井田」は、金的で大澤が悶絶するのをじっと待つばかりの展開となってしまい残念だった。特に二度目の金的は、ビデオリプレイによればまるで当たっていないように見えたため、長々と待たされた挙げ句に戸井田の反則負けというのは納得度が低い裁定だ。大澤にそんなに土を付けたくないのかと勘ぐってしまう。痛くて出来ないのは仕方ないが、戸井田も別に反則などしていないのだから、どうしてノーコンテストではだめなんだろうか?

●石井慧と三崎和雄が挨拶。石井は「ハワイ生活でもドンキのお世話になっているので、引き続きこのリングを目指す」と。三崎は次回8月大会でのサンチアゴ戦が決定したとアナウンス。

●個人的に疎くなっていたのだが、ウエルター級はトーナメントになってるんですね。決勝戦は年末にやる予定だと紹介されていた。今日の結果を受けて、準決勝「K太郎 vs 和田拓也」が決定。年末に、うっかりすると和田の試合とか、ホントにそんな呑気なことが出来るのだろうか?

●そういえば開会セレモニーはなし。それらしい映像を流した後、早速第一試合が開始されていた。花火代の節約?

●PPV実況は矢野、解説は秋山と武田幸三であった。

*****

金曜日に行われたストライクフォースのテレカンフェランスより、ヒョードルの発言

試合の延期が相次いだことは不愉快だった。4月の試合はしたかった。準備万端だった。トレーニングスケジュールも組み直すことになった。試合が延期された理由は私には関係ない。当方としては、その理由はM-1ではなくストライクフォースに効いて欲しい。

交渉ごとはワジムに任せていたし、逐一報告は受けていた。私が決めるべきことと言えば、怪我なり痛みを癒して試合に備えるのにどれくらいの時間がかかるかとか、どんなトレーニングキャンプを組むのかとか、そう言うことだけだ。



*****

Photos of alleged B.C. gay-bashing released(CBC News)

カナダのバンクーバー市内で、小便をしていた二人組の男を注意したゲイのカップルが殴打される事件があった。リンク先には、殴打後に逃走中の二人組の男の監視カメラ写真が掲載されている。

被害者は、事件は当日ダウンタウンで行われていたアルティメット・ファイティングと関連があると主張、市長に対し、UFCのイベントを許可する前に、市民の安全を考慮するよう訴えている。

これに対しバンクーバー市長は、「まずは2年間、アルティメット・ファイティングを市内で許可するとどんなインパクトがあるかを評価している最中だ」と説明している。

*****

「男優にリードされて重なり合った......」 元女子プロ 風間ルミが、体を張った新境地(日刊サイゾー)

水道橋博士、番組収録中に腹痛訴え緊急入院 (Sanspo.com)

スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update