小橋金星 / 金原気丈


小橋結婚!元アイドルの演歌歌手と(スポナビ)

おめでとうございます!洋装の奥様はちょっと昔風のアイドルみたいで十分に金星です。小橋を支えようという「女気」に胸が詰まります。

新婦のみずき舞さんの写真

みずき舞さんのブログ

*****

この週末には TUF11 Finale 大会と、WEC49が開催された。結果は下記。試合映像をチェックした後で、感想を書くかもしれない。先週は水曜日にもストライクフォースがあったし、ベラトールも大詰めで気になるし、いろいろ見たいんだけどとても追いつかない。

TUF 11 LIVE RESULTS AND PLAY-BY-PLAY (MMA Weekly)

WEC49 VARNER VS SHALORUS 主要試合レポート (MMA Planet)

TUF13フィナーレ大会で物議を醸しているのは、キース・ジャーディンを下したマット・ハミルがスタフ感染症を患ったまま試合を行ったことが明らかになったことである。闘うハミルの背中には、スタフ感染症独特の赤い斑点が出来ており、試合後の記者会見で本人が感染していたことを認めた。ハミルのマネジャによると、試合前にネバダ州コミッションの医師の診断を受け、病気は治癒に向かっているのでこれ以上の感染の恐れはないとの判断を受けたと明かしている。

MMA Junkie が別の医師の意見を求めたところ、皮膚のスタフ感染の感染力は非常に強く、対戦したジャーディンや、ハミルの後に試合をした選手への感染の可能性はぬぐいきれない、どのような損得勘定をしても医師としては試合を許可できるはずがないと、州コミッションの医師の判断を厳しく批判している。

*****

【アウトサイダー】前田日明が大激怒!アウトサイダー史上最多の乱闘が勃発(格闘技ウェブマガジンGBR)

一日たって(金原正徳オフィシャルブログ)
気丈です。

*****

ベン・アスクレン def ダン・ホーンバックル (ベラトール22 ウエルター級トーナメント決勝)

映像をみて驚いたのだが,この大会は屋外会場で行われていた。見た感じはちょうどNOAHが夏にやってる汐留プロレス風で、2階の通路で立ち見している人がいたり、買い物途中のオバハンのような人もいたりする。しかも昼間の大会で、太陽光の元で闘っているのである。ビルの中庭のようなところであるせいか、歓声は大きく、非常に盛り上がっているようには見えるが、どこかのんびりした雰囲気も拭えない。

地元出身のアマレス五輪選手ベン・アスクレンが登場すると、これにはやんやの喝采。登場といってもモールの二階部分から階段で下りてくるだけなのであるが。

試合の方はMMAでは新人のアスクレンのアマレス殺法が大炸裂、実力者ホーンバックルを押さえ込み続けすっかり塩漬けにしてしまった。ホーンバックルもいろいろ動こうとはしているのだが、アスクレンの押さえ込みが桁違いに強く、すぐに体勢を立て直される。こいつに押さえ込まれて立てるヤツはいるのかと思う程だ。

1Rいきなり、アスクレンがシングルレッグ・タックル。ホーンバックルは足を引き抜こうとしながら、振り返るような体勢で足下にしがみつくアスクレンの頭部に鉄拳を打ち落とす。ちょうど桜庭がベンケイに、北岡がマスビダルにやられてたような、日本でも比較的よく見る絵柄だ。いつも桜庭がいいように殴られているのを見ながら、この体勢って我慢する以外にないのかなあと思っていたものである。ではここでクイズ。アスクレンはこの体勢、どう対処したと思いますか。

なんとシングルレッグを抱えたまま、殴られながらすっくと立ち上がると、ホーンバックルを突き倒したのだ。ビッグ・サカがUWF勢のアキレス腱固めの猛威を、すっくと立ち上がることで防いで見せたあの名シーンに、殴られるほどにパワーアップするハルクアップを加算したような,プロレスでもないだろうという計算外の動きである(僕が知らないだけで、もしかすると、わりにオーソドックスな動きだったりしますかね?・・・)やはりオリンピックに出るような人だ。フィジカルの化け物だということなのだろうか?


スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update