DREAM.15レビュー


石田 光洋 def DJ.taiki
 DJの塩漬け批判どこ吹く風、「石田がアグレッシブな塩漬け」で圧勝。久しぶりの試合でかつ、フェザー級デビュー戦と、石田が実力を発揮しきれないかもしれない理由はたくさんあったのに、何とも素晴らしいコンディションだった。試合がない間も、さぞ努力を絶やさなかったんだろうなあと思った。


小見川 道大 def ジョン・ヨンサム
 小見川盤石。ただし、大物の初見参としては、ロード・ウォーリアーズのような秒殺で見得を切れればもっとよかったかも。


水野 竜也 def メルヴィン・マヌーフ
 試合開始早々はちょっと心許ない様子の水野であったが、しばらくたつとマヌーフの打撃の分析を完了し、終盤は好きなようにテイクダウンを取れるようになっていた。冷静な勝利だったと思う。マヌーフを尺とした三段論法で言えば、ロビー・ローラーより水野の方が強いのではないかと思った。それにしても勝った水野、これまで見たこともないくらい嬉しそうだったなあ。それに、このよく分からんトーナメントの決勝が「ムサシ vs 水野」になったことも良かったですねえ。マヌーフはナイスジョブだったけど、彼には1R10分はちょっと気の毒。最後、コーナーポストに埋め込まれるような、顔面ウォッシュのようなパウンドのダメージはどうだったのだろう。心配。


ゲガール・ムサシ def ジェイク・オブライエン
 オブライエンのウエイトはテレビを見ている限りでは全く解らず。オブライエンのテレビ上のニックネームは「UFCハンマー」というなおざりなもの。


J.Z.カルバン def 菊野 克紀

もちろん菊野を応援しながら見たわけだが、あえてJZ目線で見れば、試合勘の戻らない状態で、こんなにおかしな構えと間合いの選手と対戦するのはさぞやりにくかろうと思った。それでもやっぱり、JZもくせ者というか、魅力的な選手である。何かずるいことを考えていそうな雰囲気、突き飛ばしているだけにも見えてしまう電光石火のテイクダウン。

1Rはスタンドで菊野が押し気味ながら、決め手に欠け膠着戦の様相。解説の須藤さんは、三日月蹴りが効いているはずなんだけどなあと解説していたけれど。2RはJZが菊野のバックマウントを取って塩漬けに。立とうとした菊野が後ろを向いてしまったのが致命傷となったのを見ていると、そうそう、青木もJZ戦の時には、ミスをしないような慎重な試合はこびをしていたことを思い出した。


青木 真也 def 川尻 達也

 風は明らかに、川尻にフォロー、青木にはアゲンストだったと思う。この結果には口あんぐりだ。

 青木のいきなりのシングルレッグが雌雄を決したわけだけれども、うーん、川尻とメレンデスの違いは一体何なのだろうな。パッと見た感じでは、シングルレッグの切り方が、後ろに逃げてつぶすメレンデスと、左右に振り切ろうとする川尻、という違いのようにも見えるけれども。川尻の立ち姿も、重心が後ろに置かれたような、慎重で隙のないものだったように思うんだけれども。

 さて、川尻敗退を受けて、これで何がどうなるのだろうな。菊野も負けてしまった。石田や宇野は階級を下げた。ライト級で青木への挑戦者が不在という状況になってしまった。やっぱりここから先の青木の仕事は、アメリカへのリベンジなのだろうか。

 これでPRIDEが終わったというステイトメントは僕にはピンと来ない。それはヒョードル敗戦とかに任せておけばいいと思う。そんなことより、先の話だ。それにしても、このところ童貞やゲイを匂わせていた青木のいきなりの結婚宣言には驚いた。奥様も満点だ。高谷嫁あたりと違って、こちらも余裕を持って祝福できる。いや、冗談さておき、おめでとうございます。銀行員なんかは、結婚したら転勤させられることが多いけれど、さて。

****

 僕はTBS地上波で見たのだけれど、CMが少なくて実質放送時間がしっかりあって、押しつけがましい編集もなく、全7試合をノーカットで見ることが出来てとてもよかった。とくに「青木 vs 川尻」については、「まもなく亀田戦」的に、ところどころに会場入りシーンや控え室の様子を挟みながら盛り上げ(リアルタイムで見ている数十人に向けた配慮なのだろうか)、選手入場シーンや国歌斉唱、試合後のマイクアピールまでしっかり放送してくれた。




スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update