ヒョードル次戦の裏事情


Sifting through the rubble of the Fedor fallout (Dave Meltzer, Yahoo! Sports)
Strikeforce booking Fedor vs. Overeem makes no sense at all and yet makes all the sense in the world (Fight Opinion)

●CBSでのストライクフォース中継の成否はこれまでのところ、スターパワーを持った選手がメインイベントに登場するか否かにかかることがわかっている。ジナ・カラーノの不在が長引きそうな状況で、今のストライクフォースの勢力ではヒョードルが唯一の頼みの綱であり、ヒョードルの座を取って代わりそうな選手も目につかない。

●CBSは今後のストライクフォース中継に際しては、超えるべき視聴率のバーを設定すると言われており、このことからスコット・コーカーは最近では「アリスター vs ヒョードル」のタイトル戦になびいていると言われる。この試合なら、仮にヒョードルが負けても、アリスターにブレイクの可能性が残る。ストライクフォースとしては、2連敗のヒョードルは放り出し、M-1との関係も解消し、アリスターのプロモートに注力していけばいい。

●もちろん、トップコンデンダーマッチで秒殺負けした男の起用は一見、意味をなさない。展開上ロジカルなのは当然に「アリスター vs ベウドゥム」であるが、いまはCBSでの成功の方が、タイトル戦線のロジカルさを保つことよりも大切なことになっている。

●「ヒョードル vs ヴェウドゥム」再戦で、もしヒョードルが勝つと、ヒョードルがリベンジを果たした上で、値打ちを高めて他団体に移籍する可能性があるだけでなく、ヘビー級戦線でアリスターへの挑戦者がいなくなってしまう。これはストライクフォースにとって、もっとも避けたい状況だ。

●実際、ストライクフォースで二番目に有名な選手ダン・ヘンダーソンは、ジェイク・シールズに負けてしまい、シールズは無敗のままUFCに移籍することになりそうだというだけでなく、ファンの興味を引くようなヘンダーソンの次の対戦相手がどこにもいない状況となってしまった。さらに、すでに4月大会のCBS中継の結果をみると、ダンヘンが数字を持ってはいなかったことが明らかになった。

●ダナ・ホワイトはヒョードルに全く関心がないと言っているが、これは真に受けることは出来ない・・・もっとも、ヒョードルが負けてしまった今となっては、UFCにとってのヒョードルの値打ちは、ストライクフォースのCBS中継を邪魔することくらいしかないのも事実だ。

●チャンピオンである限り移籍は出来ないいう、いわゆる「チャンピオン条項」の問題もある。UFCはかねてからこのような契約特約条項を使っており、この件に関するランディ・クートゥアとの裁判でも勝利し、有効性が認められている。しかしストライクフォースはこのような条項を使っていなかったために、ジェイク・シールズの件では恥を掻いたので、ヒョードルに対しては、タイトルマッチをするならこの条項にサインするようにと迫っている。

●ただしM-1・ヒョードル陣営はかつてUFCとの契約交渉の際に、チャンピオン条項を拒否した経緯がある。

●CBSが復活しないなら、ショータイムで「アリスター vs ベウドゥム」を放送するのが一番良い。そして、ヒョードルとM-1の交渉上の強みは消滅する。ショータイム中継はヒョードルの力を借りなくても出来るからだ。実は長期的に見れば、ストライクフォースにとって、ヒョードルがいるといないとでたいした差はない。とはいえ、これまでの有名選手をみていると、わずか1敗でスターパワーが消滅した例などないのであって、UFCのハイエナパワーは侮るべきではない。

*****

武神が10月に予定している第2弾大会で、「ティム・シルビア vs チェ・ホンマン」「”ワールド・ストロンゲストマン”マリウス・プジアノフスキ vs キンボ・スライス」をマッチメイクする意向であることが明らかになった。USA Todayより。

*****

秋山vs.レーベンがUFC上半期のベストバウトに(スポーツナビ)

UFC公式サイト掲載の元記事はこちら、「The Fights - The Highly Unofficial Half-Year UFC Awards」と言う記事。普段からUFC公式サイトのNEWS欄に投稿しているThomas Gerbasi という記者が書いたエッセイの形を取っている。Unofficial とあるように、別にダナ・ホワイトが認めたわけでも、UFCとしても公式見解でもないが、UFC公式サイトにこう言う記事が載ったと言うことは事実である。

王者青木にSF勢へのリベンジ案提示(日刊スポーツ)

桜庭、宇野、KIDらDREAM16放送(日刊スポーツ)

【レベルス】7・19渡辺久江が公開練習で大暴れ!「私からダウン奪ったら賞金出す」(GBR)

スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update