ソネン、ついに「アンデウソンを刺す」発言に踏み込む!



もはや大統領候補の選挙演説のようにしか聞こえない、チェール・ソネンのすばらしすぎるトラッシュトークは続く。各自調査でしゃべるソネンの映像を見てみてほしい。もう、完全に別世界に行っている。見たこともないような大演説に、思わず一票投じたくなる。Yahoo! Sports より。

アンデウソンは詐欺男だ。ヤツはリングに登場するとお辞儀をするのがお好みだ。でもヤツにはお辞儀をする文化などないはずだ。ブラジルでお辞儀なんかしていたら、その間に笑いながら頭を殴られて財布を盗まれる。

おそらくみんなにすかれたいんだろう。でもケージのドアが閉まれば、ヤツは殺し屋に変貌する。それはかまわない。自分もそうだからだ。私はヤツにほほえみかける。で、ヤツが背を向けたとたん、ナイフで刺してやる。そして後片付けもしないで、その場を立ち去るだろう




記者会見でアンデウソンになにやら耳打ちをする姿でスッカリおなじみの悪徳マネージャ、エド・ソアレスにも
攻撃の矛先は鋭い(べつに悪巧みを耳打ちしてるわけじゃなくて、単に通訳してるんだとは思うけど、アンデウソンは英語が話せるという疑惑もあるため、たしかにこのマネージャ、実にうっとうしいのである。確かにエド・ソアレスがケツを蹴られるところは、かなり見てみたいような気がする。)。

(自身のTwitterで)アンデウソンはエド・ソアレスを解雇し、代わりにiPhoneの通訳アプリケーションを1500円で買ったらしい。

エド・ソアレスは最近エドなどと(ファーストネームで)呼ばれて親しまれているが、突然まるでシェールかプリンス気取りなのはまことにあつかましい話だ。でもまあ、ヤツは今、世界でもっとも有名な通訳にはなった。どうしたわけか、UFCのビデオゲームにまで登場していやがる。



>いざ試合が始まると、ソネンはやっぱりやられてしまうかなあ・・・ムニョスのテイクダウンをことごとく防いだ岡見を、ソネンは寝かしまくっていた。レスリングの強さはホンモノだとも思えるが・・・

週末のUFC117はソネンのほかにも豪華カードが満載で、必見の大会である。なかでも「ロイ・ネルソン vs ジュニオール・ドス・サントス」は実に楽しみだ。ダナ・ホワイトは、この試合の勝者が、次のヘビー級タイトル挑戦者になると明言している(ソース)。この試合の敗者が、シェーン・カーウィンと戦うことになるのでは、という報道もある(ソース)。ジュニオールがびっくりするくらいの強さを示して勝つか、あるいはロイが辛抱強い展開でポイントを稼いで勝つのではないか・・・どこかのサイトでロイは「ファイト・オブ・ザ・ナイトは狙わない」とも言っていたし。はっきりいって「レスナー vs ロイ」という展開になってくれると個人的にはうれしい。何とも香ばしい、うさんくさいカードではないか!でも出世街道ばく進中のジュニオールにも、このタイミングで一歩後退はしてほしくはないんだよなあ・・・

*****

UFCの公式サイトが米時間の木曜日にリニューアルオープンされるとMMA Weeklyが報じている。同時に、公式サイト上で「The Ultimate Insider」という情報番組を開始するらしい。更新は毎週木曜日、司会はジョー・ローガンと、オクタゴンガールのアリアニー・セレステ。初回のゲストはアンデウソン・シウバだという。

ちなみにいま、UFC.comにアクセスしたところ、ufcjapan.jpに勝手に移動させられ、Not Found の状態になっている。



スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update