アンデウソンがキラー・モードに! / オーティス不穏当発言




UFC117の前日計量が行われた。ステアダウンではご覧の通り、アンデウソンはそっぽを向いたまま。これは怒ってる!なお計量を見物にきたファンは、アンデウソン・シウバにも、チェール・ソネンにも、ブーイングを送っていたそうだ。ソネンが「アンデウソン引退パーティ前夜祭にようこそ」と言った際にもさらなるブーイングが起きていたとのこと。


チェール・ソネンはネットのラジオショーでさらなるトラッシュトーク

Q アンデウソンはあなたのテイクダウンを防ぐことが出来ると思いますか?

ソネン どうだろうね、実際に捕まえてみるまではわからないな。でもヤツはいい仕事をするよ。ピッチピチのショーツをはいてるし、肌はヌルヌルだ。グリース派の一人なんだな。だから布の部分をホールドしないといけないんだけど、それがまた小さいから、たしかに倒すのは難しそうだ。ヌルヌルな選手は多いし、自分もそんな相手と戦うのは別にはじめてじゃない。入場前にベビーオイルにつかってくる方法を見つけたのはアンデウソンでもない。いろんな障害のうちの、ただの一つにすぎない。

Q チェール、それは聞き捨てならない発言ですよ。どこでそのような情報を得たのですか。

ソネン 別に自分が言い出したことじゃないんだ。だから次の質問にいこう。



>「刺す」から「ヌルヌル」まで、現代MMAのトラッシュトークを研究し尽くしている!もう全部出た!


UFC117で行われる「ジョン・フィッチ vs チアゴ・アウベス」の勝者が、次期ウエルター級タイトル戦のコンテンダーとなる旨を、ダナ・ホワイトが明言した。「GSP vs ジョシュ・コスチェック」のウエルター級防衛戦(12月11日)の勝者に挑戦することとなる。ちなみに、もし「フィッチ vs コスチェック」となると同門対決となるが、その場合フィッチは階級を変え、試合を回避する旨をかねて明言していた。


チアゴ・アウベスは前日計量でリミット170パウンドを1.5パウンド超過、ファイトマネー20%没収で試合に臨むこととなった。アウベスは2年前のマット・ヒューズ戦でも減量に失敗しながら出場し勝利している。仮に勝利しても、タイトルコンテンダーに名乗りを上げるには、つまらない味噌がついてしまった。


ダナ・ホワイトのインタビュー、MMA Fighting

チェール・ソネン・ショーになってきたなあ。ソネンは実は以前からトラッシュトーカーだった。皆が気づかなかっただけだ。実は自分もこの3試合くらいで気がついた。まあ、ランス・アームストロングの件はクレイジーだけど、俺にどうしろと言うんだ?

ソネンは自分の発言を100%信じている。試合でも言ったことを実行してくれると思う。彼のスタイルはアンデウソンにとって脅威になると思う。

(アンデウソンのパフォーマンスに心配はないですか)いいや、いいカードを組んだからファンには損をさせないよ。

TUFの頃を思えば、ロイ・ネルソンの出世は予想外だった。今ではリスペクトしてる。おしゃべりだが、言ったことを実行している。戦える限り体格も問題ない。



*****

UFC117でヒカルド・アルメイダと対戦するマット・ヒューズが、ハンティング愛好家のためのサイト American Hunter に登場、ハンティングLOVEを語り尽くしている。

自分のオクタゴンでの勝利よりも、息子が鹿を仕留めたことの方がうんとうれしいんだ。息子はハンティングをとても楽しんでいたし、きっと生涯やり続けるだろうし、親父とのハンティングをいつも思い出してくれると思う。



イリノイ州にある人口4500人の村で生まれたヒューズは、子供時代から、父親の農場でウサギやリスを撃っていた。大学に入ってからハンティングから離れていたものの、地元の保安官の娘さんと結婚したことから故郷に戻ることが多くなり、その元保安官の義父と鹿狩りを始めたことで、ハンティング熱がよみがえってきたのだという。

今ではヒューズは、ハンティング専門誌の表紙を飾ったり、アウトドア用品メーカーのBrowning, Hornady, DPMS といった会社の広告にも出演しているのだという。

マット・ヒューズの入場テーマ曲、ハンク・ウィリアムスJRの「A Country Boy Can Survive」


*****

【KOTC】田村=一本勝ち完勝、マモル=逆転TKO勝ち(MMA Planet)
この大会はSAMURAIで中継がある。一回目は8月24日(火)23時から。

【シュートボクシング】8・29風香が一夜限りの復活!対戦相手の女子プロレスラー・高橋奈苗はKOを予告!? (GBR)

格闘家・秋山成勲 「ウン千万!横領されていました!」 (J-Cast)

*****

ティト・オーティスが、10月大会で対戦するマット・ハミルのハンディキャップについて悪趣味な人でなし発言

ハミルは耳が不自由なので、ソフトヘッド(soft head) の持ち主なんだ。みんな知らないだろう?リッチ・フランクリンがハミルをさっさとKOしてしまった試合を見てみな。

ヤツにはソフトな打撃が効く。なぜなら脳の均衡(equilibrium)がとれていないからだ。小さい打撃でいい。俺は大きな打撃は撃たない。小さなパンチを当て続ける。2Rか、3Rの中頃までにはヤツはおねんねしているだろうから、添い寝をしてやる。

ハミルはハンディキャップのせいでこれまでずっと大事にされてきた。俺にKOされたあとでも彼は大事にされて、人により添ってもらうことになるだろう・・・

ヤツの動きは鈍い。まるででかい雄牛のようだ。ヤツをバラバラにしてやる。なぜって、ヤツにはセコンドのアドバイスも聞こえないからだ。


オーティスはTUF3のコーチとして、選手だったハミルを指導した経緯がある。オブザーバーはこのティト発言を報じつつ、「ティトが帰ってきた」「ダナ・ホワイトは耳の不自由な方を支援するすべての団体に寄付金を送る用意をした方がよい」などと冷静に分析している。なお( )で記載した単語は訳が間違っているかもしれない。ソフトヘッドって何なんだろう?

ところで、WOWOWで放送中のTUFだが、この報道に触れる前から、オーティスの声がジャック・バウアーと同じというのには違和感を感じてた。だってティトは基本、悪役なのである。

ちなみに、ごく単純な疑問として、ハミルがセコンドからのインストラクションをどうやって受け取っているのかは、かねて僕も疑問に思っていたことではある。


スポンサーサイト

トラックバック

[格闘技][UFC][CS]”現在進行形の伝説”アンデウソンに最大の敵!”岡見を完封した男”チェール・ソネンが挑む(本日放送)

http://www.wowow.co.jp/sports/ufc/index.html 午後5時40分 テキスト中継は http://d.hatena.ne.jp/lutalivre/ にて午前11時から。予想・展望もある。 絶対王者アンデウソン・シウバ防衛戦! V7達成か!? 新王者の誕生か!? 激戦区ミドル級覇権争いの大一番! UFC117には、

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update