Jewels の場のチカラ


UFC118はWOWOWで観戦。BJのパフォーマンスにテンション落ちる。時代の流れか、BJの衰えか、それともエドガーがホンモノだと言うことなのか。

さて今日は遅ればせながら録画で視たJewels 9th Ring 大会の感想を(GBRの試合レポートはこちら)。ライト級GPのファーストラウンドが行われていたわけだが、なーんかしみじみ心に残る、良い大会だったと思う。


第一にはやっぱり、各選手の勝利への強い気持ちがとても良く表れていたことがある。それが単に表情やたたずまいだけではなくて、試合ぶりや作戦にもきちんと現れていたことは特筆すべきではなかったかと思う。だから勝った選手も負けた選手も、それぞれに光が当たり、個性が立つこととなった。それぞれが、なにをやりたいのか、何を見せたいのかが明快で、それを実行出来るようにしっかりしたトレーニングと経験を積んでいる、と思えた。何をやっているのかな・・・といった意味不明感やぎこちなさ、バタバタ感は払拭されている。だからとても見やすいし、応援もしやすい。そしてGP全体が緊張感のあるとてもいい場に作り上げられつつあるように思う。


藤井恵の後継者というふれこみの浜崎朱加は、その触れ込みに実に忠実に、フジメグそっくりの動きであっというまに一本勝ち、涼しい顔のままで淡々と任務遂行し、誰と当たってもこうなるのではないかと思わせるような底知れなさをアピールしていた。

前回負けた相手へのリベンジマッチに臨んだ長野美香は、ついさっき吐いてきたんじゃないかと思うような、思い詰めた表情で登場して心配させたが、いったん相手に腕を取らせるような隙を見せつつ、罠にはめるように鮮やかな腕十字を取り返し、セリーナを切って捨てて見せた。可愛くてどこかうつむき加減の表情のわりには、老獪にも見える戦術で、実によく考え抜いてきたのであろうをこと伺わせたし、長野が本当はどんな選手なのかを垣間見せてくれたような気もした。

「ハム・ソヒ vs 市井舞」というのはちょっと差がありすぎの取り組みではないかとも見えたが、ハムはけっして気を緩めることなく、番狂わせを食らわないように、実に慎重に試合を進め、グラウンドワークも駆使して試合全体を圧倒した。市井のどんなトリッキーな動きにも表情一つ変えず処理対応している様子は、性別を超えていかにも総合格闘家然として、まるでズールーやホンマンを冷静に処理するヒョードルのような風格すら漂わせていた。何も市井がズールーだというわけではないが。

そしてアップセットとなったメインイベントでは、能村さくらがバックグラウンドの柔道殺法を炸裂させ、強力な押さえ込みで石岡沙織を塩漬けにして削ってみせた。総合3戦目という能村としては、これしかない、という戦術を見事に駆使できたわけで、その試合ぶりはまるで女チェール・ソネンかジョー・ウォーレンか。フィジカルも強そうだ。一試合見ただけでどんな選手かわかる、という女子選手って、そんなにいないのではないだろうか。他方、番組的にもオープニングVでアイドル的に扱われていたエース石岡も(スポーツをしている女性らしい、かわいいビデオでしたね)、最後の最後まで立ち上がろうとするハートは見せまくっていたし、一瞬、いま流行の下からの三角を決めかけるところは、おお、女アンデウソンかとも思わせた。石岡はこれで自信喪失してしまったようだが、柔道家に押さえ込まれて立てなかったことは力不足とは言わないと思う。ただ、押さえ込まれないためのゲームプランは足りないようだった。でもそれって、解決できる問題なのではないだろうか。是非戻ってきてほしい。

見終わった後で、各選手や各試合のことを実によく思い出して語れるような大会だった。こうなると準決勝も楽しみになるのだが、なんと12月まで待たないといけないらしい。

*****

【パンクラス】10・3夢のカード実現!金網王者・弘中と対戦する北岡「一本取ります」(GBR)

サワー対日菜太が電撃決定、シュートボクシングルールで対戦(スポーツナビ)

なんとなくいまのご時勢を感じるニュースではあるし、パンクラスやGCMやSBが良いビジネスを出来ることにケチをつけるつもりは一切ないけど、それでもやはり、こういったカードにプレミアム感があるのは、メジャー団体の存在があってこそだと思うし、ファンとしてはなんとも微妙な気持ちになる。

******

山本小鉄さん急死 新日本プロレスの鬼軍曹(サンスポ)

五輪衝撃の「金」ヘーシンク氏死去/柔道(サンスポ)

ああ、寂しいですね。追悼。

*****

PVTマガジン公開

GGG的女子プロ復興計画(GGG)

Mixed Martial Arts Management Course (Sports Management Worldwide)
マット・リンドランドが主宰する8週間のオンラインコース。「MMA業界でのキャリアアップのための最新理論を学ぶ」とのことで、業界の構造と歴史、ファイター・マネジメント、ジム・マネジメント、スポンサーシップ、プロモーション、イベント・マネジメントなどが勉強できるそうだ。受講料995ドル。

石川直生vs梶原龍児戦について(ダラダラと原稿用紙20枚分)(フリーライター橋本宗洋のズサンな生活)


★岡見勇信 vs ヴィトー・ベウフォートが11月のUFC122ドイツ大会のメインイベントに決定した模様。勝者が、「アンデウソン・シウバ vs チェール・ソネン」の再戦の勝者と対戦することになるらしい。レスリング・オブザーバより。


スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update