ジョシュ・バーネット、女子格を語る


UFCがアジア支社のトップに、マーク・フィッシャー氏を登用したとアナウンスした。フィッシャー氏は12年間にわたり、NBA(プロバスケットボール)アジア支社のトップを務め、とくに2003年からの中国でのNBAブームの立役者として、北京と上海を拠点に、20社以上とのマーケティング・パートナーシップを締結、2007年にはNBA China を設立した。それ以前には台湾や香港でのNBAのオペレーションを率いていたというから、経験十分な人物である。PUJIはこんな人と戦えんのか!? ソースMMA Payout

*****

ダナ・ホワイトが10月13日に、イギリスの名門大学オックスフォード大学ユニオン・ソサイエティで講演を行うこととなった。187年の歴史があるこのディベート集団は、これまでにウィンストン・チャーチル、ロバート・ケネディ、ヤッサー・アラファト、マルコムX、スティーブ・ホーキング、アルバート・アインシュタインらを招聘している。ホワイトのコメント。「自分はいつでも率直に、情熱を持って話をしている。オックスフォードにもそんなプリンシパルがあると思う。学生たちと会うのが楽しみだ。彼らは厳しい質問をするし、率直な回答を期待しているだろう。その期待にお答えしよう」。ソースESPN

ホワイトが秀才たちにやり込められる一幕を見ることが出来るかもしれない。

*****

ちょっと古い記事だが、ベラトールでの第二戦前の藤井恵インタビューが USA Today にあった。とはいっても、実際に半分以上しゃべっているのは、通訳として同席していたジョシュ・バーネットである。抄訳。

Q 藤井選手はどのような経緯でベラトールに出場することとなったのですか

バーネット 僕が当時のベラトールのブッカーと知り合いだったんで、女子のトーナメントをやるなら、最高の選手を招聘しないといけないよと言ってやったんだ。やがて彼らも連絡を寄越すようになり、藤井の参戦に前向きになっていった。そこで(CEOの)ビヨーンと会って、実現させたんだ。もともとは125パウンドのトーナメントという話だったんだけど、うまくいかなかったようで、115パウンド級になった。われわれにとってはむしろ好都合だったけどね。

Q 125パウンド級なら参戦するはずだったカリーナ・ダム選手は、世界的に125パウンド級の選手の層が薄すぎると語っています。

バーネット 必ずしもそうは思わないよ、とくに日本ではね。アメリカでも、115や125の選手を集めることはどんどんやりやすくなっている。125パウンドクラスでも十分な女子選手がいると思うんだけどね。ただ、ストライクフォースが135や145パウンドクラスで大きな市場を作りつつあるから、試合をしたい女子選手はみんなそこを目指すようになってしまっている・・・さらにメグミの場合、実際のところ、誰も彼女と試合をしたがらないという問題もあるんだ。東京だろうがどこだろうが、彼女は試合をする気があるんだが、ビッグネームの選手は星を落とすことを嫌って試合を受けてくれない。

Q 藤井選手は4月に、MIKU選手の引退エキジビジョン戦を行いました。当時MIKU選手は、女子格のしっかりしたプロモーションがあったなら、引退しなかったかも、などと発言していました。あなたも同意しますか。

藤井 その問題については了解しています。日本やアメリカで大きな女子格イベントが開催されることを祈っていますし、それがとても大切なことだと思っています。

バーネット 個人的にもそれが絶対条件だと思うね。そうじゃなくちゃ、女子選手が輝ける舞台がないじゃないか。でも日本ではそれは難しそうに思う。性別のステレオタイプが伝統的・社会的に根強いからね。さらに日本では、いったん誰かと親しくしてしまったら、自由に好きなことが出来なくなるという問題もある。MIKUはDEEPのチャンピオンで、彼女がどこで誰と戦うかは佐伯さんがすべてをハンドリングしていた。彼女がアメリカや他の場所で試合をする可能性には関心も示されなかった。

その手のことに関しては、日本はとても孤立的なメンタリティがあるんだよ。僕はベラトールから、もっと選手を送り込んでほしいと頼まれているんだけど、「うーん、かなり難しいかも」と返事をしてある。日本人選手を日本から出すことは、特に女子選手の場合、とても珍しいことなんだ。



RENA def 渡辺久江(2R1分50秒TKO)(Girls S-Cup 2010) 

個人的な好み丸出しだが、はっきり言って三十路を過ぎて、X1もついた久江ちゃんがますますいい。一見昔と変わらぬイケイケの中に、疲れというか、哀しみのようなものが少し混入し、そのことがトロリとした色香に転じている。入場してきただけで何千円という感じはする。
しかし試合のほうは、RENAとは生き物としての勢いが違っていたかのように見えた。対峙しただけで、RENAが倍くらい、大きく見えるのだ。
しかも、投げ技や立ち関節で負けるならまだしも、キックボクシングで負けてしまった。
女の子があんなにおなかを蹴られて、大丈夫なのだろうか。たしかにやるせない負け方ではあったけれど、これで久江ちゃんはやめちゃうのだろうか・・・
スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update