D16カード発表に思う


青木が五味に一本勝ちしたアウレリオと激突!! リオンがDREAM初参戦!! 9・25『DREAM.16』一部対戦カード発表!! (DREAM公式)
『DREAM.16』追加対戦カード発表映像更新時間変更のお知らせ(DREAM公式)
FANTASISTA闘魂伝承MATCH!!!! 9・25『DREAM.16』追加対戦カード発表!!(DREAM公式)


記者会見とは別枠で、ネットでアナウンスされるカードがあると言うから、何のことかなと思っていたらこれだった。ぎりぎりまで緊迫の交渉をしていたわけではなくて、ビデオのアップロードに時間がかかったのだな(笑)。あるいはビデオ制作のほうが緊迫の進行だったか。そこまで人がいないのだろうか、などと想像してしまう(涙)。

「ファンタジスタ伝承」と言うコンセプト・メーキングだけはぬかりなく行われている。もうそういうの、個人的にはあんまり必要ないんだけど、その早くて的確な仕事ぶりだけはさすがにUFCをしのぐDの強みだ。というか、UFCはそういう作業はしていないだけだけど。

それにしても、D16カード発表が遅い遅いとネットで騒がれているが、大会は9月25日。まだ20日もある。DREAM基準で言えば、だいたいこんなもんじゃなかっただろうか?「ゴールデンなのに!」との声もあろうが、いやいや、「ゴールデンだから」なのだろう。お伺いを立てる先が一つ多い分、遅くなる。

前回も確か、3日前くらいまで情報が錯綜し、結局ジェイク・オブライエンとか言う人が、計量オーバーがどうなったかもよくわからぬまま、何となく出場していた。来るには来たが試合の無かった外人もいたと記憶しているが、大分前のことだからよく覚えていない。

ファイトマネーの件は、どうしていちいち公式に反応するのかなと思っていたが、どうやら外人記者が面と向かって質問したらしい。選手が「もらってない!」というのだから、未払いはあったのだろう。でも笹原さんが「払いました」というのであれば、その後払ったのだろう。とりあえず、うるさく騒ぐ人には払っておきましたというように聞こえなくもないけれど、それはうがちすぎだろう。

つい最近、ベラトールで王者になったジョー・ウォーレンは来れるのだろうか?連戦のダメージももちろん心配だが、契約上チャンピオンがホイホイ他団体に出場してもいいのだろうか。ベラトールからは王者エディ・アルバレスがDREAMに来た実績はあるにはあるが、アルバレスはDREAMでオーバーした方が先だったので、ベラトールで特別扱いされているとも報じられていた・・・

*****

「コリアン・ゾンビ」ジョン・チャンソンが、韓国でのUFC中継の解説を務めることになったGot MMA がインタビューを掲載している。

Q このニュースには驚きました。どんな気分ですか

ゾンビ うれしさよりも緊張が強いよ。あんまり批判的なことは言わないようにベストを尽くしたい。解説の仕事は叩かれやすいからね。

Q まだまだ多くのファンが、あなたをUFCファイターだと勘違いしているね。UFCの解説をやるにあたって、何か考えている?

ゾンビ いつも、次はいつUFCで戦うんですかと聞かれる。ちょっと悲しいね。WECは放送していないし、ファイトマネーもUFCより低い。でも自分のフェザー級の体格ではUFCには入れない。出来ることは一つしかないよ。自分が山のてっぺんに立って、みんなにWECを知ってもらうんだ。

Q UFCには、あなたが目標としているような選手はいるのですか?

ゾンビ チェール・ソネンは好きだよ。スキルも高いし、盛り上げ方を知っている。でもホントの理由は、ファンエキスポでソネンを会ったとき、ものすごくいい人だったからだ。向こうから話しかけてきてくれたのはソネンだけだったよ。


*****

ダナ・ホワイトはこれまで、カナダ、中東、中国などでTUFをやりたいと言いを散らかしているが、究極の長期目標は「各国でTUFを行い、各国の優勝者を集めてフィナーレ大会を開催する」ことであるとMMA Junkie に語っている。また、海外では軽量級の選手が多場合もあることを勘案し、WEC版のTUFの制作も視界に入れつつ、まずはWECにフライ級を創設したいと語っている。

*****

数号前のレスリング・オブザーバより。「UFC117:シウバ vs ソネン」のPPV売り上げ予測は60万~85万件。アンデウソンのこれまでの実績を勘案すると、ソネンの口が25万~40万件程度を上乗せ販売したとの分析が可能だそうだ。このおかげでアンデウソンは、PPVボーナスを70万~150万ドル程度、余計に受け取ることになる計算になる。

同じ号のオブザーバより。アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラの代役として、フランク・ミア戦に登板のミルコ・クロコップは、ショートノーティスでのスクランブル発進と言うことを配慮して、仮に負けても解雇されないという約束と取り付けているという。ミルコはもともと、11月13日のドイツ大会に出場する予定であった。

*****

“きわめて低レベル”中国武術の実態(痛いニュース)


スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update