アメリカ版桜庭ヘンタイ座談会

ジェイソン・メイヘム・ミラーがD.16での桜庭戦を米ラジオショーで語る。ジョー・ローガン(UFC 解説者)、バス・ルッテンも参加。Fight Opinion


Q 桜庭戦への準備は順調ですか?

メイヘム 練習はいつもやってるし、どんな試合があってもいつでもいけるんだけど、運良くこんな機会が持ち上がったんで、練習レベルを1000%にアップしてるよ。それにしても奇妙な気分だ。レジェンドと戦わなければならない。これまでずっと彼の試合を見てきて、彼を追いかけて自分を作り上げてきた。子供のころから彼の試合を見ていて、格闘技の未来を示してくれているなあと思っていたんだ。彼がグレイシーに勝ち続ける中で、戦いというのはもはや、レスリングとボクシングとグラップリングのハイブリッドになってきたことが理解できた。スタイル対スタイルではなくなったんだ。そんな人の顔面にぶち込めるなんてすごいことだよ。

ジョー・ローガン 桜庭がコナン・シルベイラ戦で急浮上してきたときのことは覚えてる?

メイヘム いや、それは知らないなあ

ローガン UFCジャパンだよ。

メイヘム ああ、それなら覚えている。試合を止めてしまったやつだね。

ローガン そこでタップアウトを奪った。アームバーでね。

バス・ルッテン 私は現場にいたよ。

ローガン 試合を止めるのが早すぎたんだよね。桜庭が倒れ込むようにテイクダウンを取りに行ったら、ビッグ・ジョンが間違えて試合を止めてしまって、そのあと再開させたんだ。

ルッテン 桜庭は金網から降りなかったんだよなあ。帰らないんだよ。裁定が覆るまではどこにも行かないと言い張って、裁定を覆したんだ。

ローガン 当時は全然無名選手だったけどね。桜庭はホントの象徴だよ。数人しかいない、ホンモノのオリジナルだ。

ルッテン まったくだ。

Q いろんな意味で、これはあなたの最大の試合になるね

メイヘム 僕にとっては、全部の試合が最大の試合になるんだけど、それでも桜庭には知名度と伝説のオーラがある。だから殴れないと言うことはないけどね。前にも言ったとおり、僕は親父のことも何度も殴っているからね。

Q ファイトマネーももらえないのに。

ルッテン 満足のためだけだよな。いつでもこいつをたたき出せるという満足感。

メイヘム でも家庭内戦績では親父の方が上をいってるんだよ。

ローガン 先日のティム・ケネディとジャカレイのタイトルマッチはどう思った?

メイヘム (沈黙)・・・よくわからない・・・どういう話を聞きたいのかな?

ローガン だって、あの二人と戦ったことがあるでしょ。

Q 当然あなたにもタイトル挑戦の資格はあるはずなんだけど

メイヘム それはその通りだ。わからないよな。あの二人が戦うというのはおかしなチョイスだよ。前回のタイトルマッチは僕が戦った。そしてジェイク・シールズに僅差で判定負けした。で、僕がすでに戦ったことのあるジャカレイとケネディがタイトルを争っている。自分はいったいどの辺に位置してるんだろうな。

ローガン ジャカレイとの再戦の話は出ていないの?

メイヘム それ、やりたいんだけどなあ。合法的にあいつの頭を蹴りとばしたいよ。でもわからない。ストライクフォースがどんなプランを持っているのか、タイトル戦戦はどうなっていくのか。俺は何でもいいよ。戦いたいんだ。

*****

久しぶりのチェール・ソネンがファンとのQ&Aセッションで、パワーアップしたトークをあちこちに乱射させている。

【シウバは偽物】

チェール、あんたは煽るよなあ、なんて言われる。自分は煽ったりしていない。煽るというのは、「これはすごい試合になりますよ」と人に伝えることを言う。自分がやってるのはその逆だ。シウバとの再戦はいい試合にはならない。ヤツが25分間、殴り続けられるだけのことだ。

シウバはいい選手だよ。でも自分ほどではない。岡見ほどでもない。何も世界最高の選手というわけでもない。あれは偽物だ。

GSPはウエルター級をすでに全員倒し、二回り目もクリアしようとしてる。そこがシウバとの違いなんだよ。シウバは強い相手と戦わない。4年間王座を保持している間、ずっとパウロ・フィリヨの影に隠れてる。一緒に練習をしたら、パウロの方が強かったらしい。そしたらアンデウソンは、自分のエゴをなだめながら、パウロと自分とはどれほど仲がいいかを語りだし、友達とは戦えないと言い出した。その後俺がパウロを倒したら、アンデウソンは急にランキングで1位になった。負けたことのある岡見のことも、アンデウソンは避け続けている。マチダが練習でアンデウソンを圧倒したらしいが、そしたら突然、アンデウソンとマチダは友達になってしまった。な、偽物だろ。ワークだよ。

【GSPの声はミニーマウス】

もしGSPが俺と戦いたいというのなら、俺の返事はいつも言ってるようにこうだ。「ムニャムニャ、ヤツのしゃべりはフランス系カナダ国籍のミニーマウスみたいだな」。それからこういってやる。「おい、GSP。大事な質問をしてやろう。おまえさんには運転手はいるのかい?家まで送ってくれる人はいるのかい?だってどうみても、あんたはべろべろに酔ってるじゃないか」


【ブロック・レスナーまでもを挑発】

もしレスナーがこの場にいるなら、靴を脱いで投げつけてみたい。磨いてから返しに来い。ブロック、そんなにたくさんの生卵を飲み込んでプッシュアップをするのはよせ。そういうことが、おまえさんから現実感を失わせていく。

「でもおいらはレスナーですう。散髪は5ドル。胸にはナイフのタトゥーがありますう」。


【マイケル・ビスピンにアドバイス】

よくやってると思うよ。ダン・ヘンダーソンとケージに上がるなんて、恐ろしいことだよ。かつてはファイターだったヴァンダレイ・シウバとも手を合わせた。これも恐ろしいことだ。ちょっとした逃げ道を用意してやってもいいんじゃないか。試合の方は悪くない。ただ、客のいじり方はまちがってるよな・・・


【詩:アンデウソン、誰がために】


アンデウソン、よく考えてみな
俺とあんたのうしろでケージが閉まるまでに、まだ何ヶ月かある
前回はあんたの手があがった。でも誰の目にも
あんたが奪ったより、俺はたくさん奪い取った
虚像をたたき割って、煙を吹き飛ばした。
タップをしたのは俺さ。でも壊れたのはおまえさ

ソース:
Sonnen Takes Jabs at Georges St-Pierre, Brock Lesnar and Anderson Silva (MMA Fighting)
UFC poet Chael Sonnen adds Georges St-Pierre, Brock Lesnar to current hit list

*****

●ギルバート・メレンデスがDynamite!2010に出場する見込みだと、MMA Junkie が報じている。10月の「ジョシュ・トムソン vs JZカルバン」の勝者がメレンデスに挑戦する筋書きもアナウンスされているが、メレンデスがDynamite!に出場することとなれば、その試合は来年前半に延期されるのではないかとのことだ。

●レスリング・オブザーバ最新号によると、五味隆典の次戦はデニス・シバー戦になるという噂があったが、「シバー vs アンドレ・ウィナー」がアナウンスされたいま、消去法で考えていくと、クレイ・グイダになるのではないかと報じている。「五味 vs グイダ」、実現すればこれはとんでもない大戦争になりそうである。「秋山 vs レーベン」とちょっと似た感じもする。長期戦になるとガスタンクの量で押し切られてしまうように思うので、五味としては早期に決着をつけたいところ。しかしグイダはKOされたことはあるのだろうか・・・グイダと言えば目に浮かぶのは、フルラウンド終了後に腕立て伏せをしているシーンである。

●レスリング・オブザーバによると、過去のUFCヘビー級王者13人の内、10人がプロレスに出場しているという。次のIGFのティム・シルビアまで含めると、ケン・シャムロック、ダン・スバーン、マーク・コールマン、モーリス・スミス、バス・ルッテン、ケビン・ランデルマン、ジョシュ・バーネット、リコ・ロドリゲス、ブロック・レスナーが該当。プロレスをしていない3人とは、クートゥア、ミア、アルロフスキーである。


スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update