DREAMが無事に形を整える / メイウエザー負傷

ミルコの対戦相手が田村潔司の弟子・水野に決定=3.15DREAM旗揚げ戦 (スポーツナビ)

水野竜也はU-File Camp所属で、パンクラスマットで活躍中だという。田村の弟子という属性はわかりやすいが、同時に、DREAMに突然パンクラス圏内からいざ!出陣!という薫りただようのも微妙に妥協的。これなら東京湾に沈まないのか・・・?でもそんなことは水野選手には関係ねえ。水野選手、勇気をありがとう。健闘善戦して良し、派手な秒殺食らってよし。出るだけで丸儲け、地上波にも映る。


サッカーボールキック、踏みつけ禁止! こだわりの1R10分・2R5分=DREAMルール発表(スポーツナビ)

記者会見では島田がしゃべり、隣に磯野氏と野口氏がいたそうだ。こちらも妥協の薫り。全くの印象に過ぎないけれども、DREAMグループには独特のジャイアン体質やら排他性をそこはかとなく感じなくもないので、大人っぽい解決策をとったように見えることに、なんだか安堵する。これで宇野も参戦しやすそう。ところで、

【グラウンドポジション】
・足の裏以外が一点でもリングに接地した状態。

というのはかなり厳格で、リング上の風景がうまく想像できない。戦極もグラウンドの定義には神経質だったが、これはホントにこういうことでいいのだろうか。試合に必要以上の制限を加えないだろうか。秋山・三崎戦をうけて、アツモノに懲りてナマスを吹いてはいないか。どのように作ろうとも、ルールを作れば、グレーゾーンは出てくる。ルールメイクよりも、「毅然とした運用」の方を大切にする方が大事かもしれない。

*****
Carneiro, Chonan Sign for UFC Bout (Sherdog)

長南の次戦は、UFC85(6月、ロンドン)で、ATTのローン・カーネイロ(戦績12勝6敗)と相まみえることになりました。両者は2005年にDEEPで対戦経験があり、3R、カットによるTKOで長南が勝利したそうです。

*****
Mayweather announced as having elbow injury (Wrestling Observer)

WWEのジム・ロスは、レッスルマニアに出場予定だったフロイド・メイウエザーがヒジを負傷したと発表しました。リング上で行われた体重測定の際、メイウエザーはビッグショーにトップロープ越しに投げ捨てられ、負傷しました。複数のレスラーが受け止めようとしましたが、うまくいきませんでした。

*****
Update on Mayweather (Wrestling Observer)

というのはアングルでした。

公開体重測定で聞かれた観客の声援やブーイングをそのまま取り入れ、ビッグショーがベビー、メイウエザーがヒールでいくことにするようです。投げ捨てシーンは、これから何年もクリップとして使われそうな、なかなかの名場面だったそうです。

*****

2.23新宿FACEで開催された修斗「Shooting Disco 4」では、2つの試合でフィニッシュがプロレスもビックリのスラム技でした。かなりえぐいです。(Bloody Elbow経由で知りました)

俺が田上だ! 越智晴雄 def 戸澤 真澄美

リバース・パワーボム(?) 石渡伸太郎 def 伊藤一宏

*****
Randleman-Monson Set for June Clash (Sherdog)

戦極と3試合の契約をして、5月18日の大会に出場予定のケビン・ランデルマンは、Global Fighting Cmapionship (GFC)というプロモーションとも3試合契約を結びました。両団体とも独占契約ではないそうです。GFCの6月21日の大会では、ジェフ・モンソンとの対戦が決まっているそうです。

*****
GARY SHAW TALKS ELITE XC PRODUCTION ON CBS (MMA Weekly)

EliteXCのゲーリー・ショーがインタビューに答えて、CBSでの放送に当たり、番組製作やアナウンサーはCBSのチームに任せると答えています。ただ、CBSの関連会社であるShowtimeでこれまで行ってきた番組フォーマットを踏襲する予定だと言うことです。第一回の番組は4月~6月に放送予定だそうです。

ダナ・ホワイトは番組製作のコントロールについて譲らなかったため、交渉が決裂したと言われています。

*****
Ultimate Fighting, Toned Down, Seeks Legalization (New York TImes)

ニューヨーク・タイムス紙に、ニューヨーク州でのMMA解禁を求めるUFCの動向が報じられています。

Zuffaでは、MMAをPRするためのウェブサイト、MMA Facts を開設、いまやMMAは正統派のスポーツとなり、企業もスポンサーするエンターテインメントであるしています。昨年11月からZuffaでは、ニューヨーク州でのロビー活動や広報活動のために複数のコンサルティング会社と契約、また州の民主党に寄付金を行ってきました。

Zuffa副社長のマーク・ラトナーは、「機は熟した。これまでたくさんの州で活動してきたが、これからはニューヨークに全力投球したい」と語っています。

ニューヨーク州では11年前にMMAが禁止されました。現在MMAが解禁されているのは全米で32州にのぼっています。

MSGとかでやりたいんでしょうね。やり方がさすが、手慣れてる感じはします。やはりこういうことを自前でやっちゃうと、「他団体はジョークだ」とも言いたくなるわな。

ちなみに、アメリカ大統領選で共和党指名候補となったマケイン上院議員は、かつてMMAのことを、Human Cockfighting (人間版闘鶏)と呼んだ、MMAに厳しい人です。Boo。


スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update