北岡コメントのわかりにくさについて



パンクラス 北岡悟 試合後インタビュー (You Tube - Pancrase Japan)

試合はまだ見ていないのだが、北岡の試合後コメントが話題を呼んでいるようだ。

うーん、確かに重たい内容のコメントに見える。

僕はパンクラスはライト層ファンなので、この北岡発言の背景や分析はよくわからない。その辺は僕としてはプロの書き手の解説に頼るしかない。

でも、DREAMとかUFCとか、メジャーな舞台を中心に見ているいちファンとしては、これはけしてパンクラスを軽んじるつもりはないんだけれど、正直な話、パンクラス卒業、というのはそんなにすごいことなんだろうか。ていうか、わざわざ宣言する必要ってあるんだろうか、と思う。

だって、そもそも北岡ってなんで大舞台に出ないの?って、ずっと前から普通に思ってたし、五味に勝って戦極のベルト捕った時点で、こっちの認識としては北岡はメジャーリーガーなのであって、なんかいまごろ、こんなことを言わないでほしいと言うか、メジャーリーガーから聞きたい言葉ではないよなあ、という気分にはなるのである。メジャーリーガーはどこに出てもOKなのであって、その場合パンクラス所属かどうかは、ファン目線では、わりにどっちでもいいというか、余り気にならないというか。

マキシモ・ブランコとかジョン・ジョーンズみたいな、二十歳そこそこの選手じゃないんだから、一戦一戦勝ち進み、何かを証明しながら歩みを進める、というプロセスは、北岡くらいの選手なら、全部端折っちゃって良いんじゃないかと思う。まず格下の投手を打ってからでないと、エース級の投手とは対戦しない、などというメジャーリーグの強打者など存在しない。スタメンクラスは、順番が来れば打席に立つのである。だいたい、弘中に勝ったことで、何を証明し、何に生き残ったかというのかも、結構わかりにくかったりする。一歩進んで二歩下がる双六のような進み方って、本人的には必要な納得感だと言うことなんだろうか。あるいは、よくわからないけど、業界的に必要なことだったりするんだろうか?

もっといえば、パンクラスにはもう出ない、とか、宣言することもないんじゃないのだろうか。

だって、仮にDREAMに出るって言ったって、状況は変わるでしょう。PRIDE参戦を逃した北岡なら、よく知ってるはず。あるいは仮にUFCに登場するとしても、長居できるとは限らない。こういう宣言って、一見潔いんだけど、まあ、ひとり心の中で思っておいて、次の試合で表現すればいいんじゃないでしょうか。3年くらいたてば、パンクラスに戻ってこようかという事態も生じると思うんだけれど・・・

・・・まあたしかに、どことなく、オポジション勢力に飛び移るという印象はするので、おそらくは退路を断ったように見せないといけない事情があるんでしょうかね。知らないけど、試合後の北岡の孤独な様子を見ると、何かを断ち切った人の、不安一杯ではあるけれどもせいせいした感じが良く出てる。でも、全体的にはちょっとじれったさも残る北岡コメントなのであった。能書きは良いから、早く大舞台に出て出て、出まくってください、とおもいました、というか、前から思ってます。金原正徳とかにも同じように思ってます。

*****

レスリング・オブザーバ・Web版の有料記事によると、新日本プロレスは来年2011年、アメリカで大会を開催することとなった。Jersey All Pro Wrestling との提携で実現するらしい。JAPWのプロモーター、Frank Iadevia氏と、管林社長、タイガー服部がマンハッタンで会談し合意に達したという。月曜にも、詳しい情報が発表されるという。

*****

MMA Fighting に、しばらくご無沙汰のダン・ヘンダーソンのインタビューが。テレビ格闘技の難しさを語っている。対岸の火事とは思えない。

(長く試合をしていないことについて)自分で決めているんじゃないんだよ。僕は出来るだけ早く試合をしたいんだが、問題はCBSのMMAへの取り組みにちょっとためらいがあるんだ。特に前回中継ではケージの中でちょっとした悪ふざけがあったからね。

まだ本当にMMAを、ストライクフォースを放送したいのかどうか、僕にもよくわからない。かれらなりにもう少し時間がかかるんじゃないか。

(12月のババル戦が地上波放送されないことについて)それは残念なことだよ。前回の試合の後、ケージに入ってきた連中をストップすることなんか、簡単なはずだったんだ。でもさあ、もしCBSが、それが大問題だと思うなら、試合後にそのことをCBSのサイトに載せたり、何度もリプレイを放送したりしたりしなくても良かったんじゃないか。

条件の再交渉でもしているのかどうか、僕にはよくわからない。まだ放送する気はあると思うんだけどね。とにかくみんなが待っている所なんだ。ストライクフォースは僕を次のCBS大会に使おうとしてくれていたけど、時間がかかりすぎていて、もう待てなくなった。2,3ヶ月前には試合をしているはずだった。でもまあ、それが現実だよ。



ストライクフォース12月4日のカードはいまのところ次のように報じられている。「アントニオ・シウバ vs バレンタイン・オーフレイム」も噂として報じられていたが、このカードはスコット・コーカーが否定している

12/4/10 Strikeforce: Henderson vs. Babalu
venue: Scottrade Center St. Louis, MI
(メインカード)
ダン・ヘンダーソン vs レナート・ババル
マット・リンドランド vs ロビー・ローラー
アントニオ・シウバ vs. tbs
ハーシェル・ウォーカー vs tba
ポール・デイリー vs. スコット・スミス
(プレリミナリー・カード)
ジェシー・フィニー vs. tba

******

5月のDREAM.14で桜庭和志を下したハレック・グレイシーが、ファイトマネーをまだ受け取っていないと暴露。とほほ。みっともない・・・要はうるさい選手、出場させたい選手から取り急ぎ火消し的に支払っていると言う印象がしてしまう・・・

*****

日刊スポーツのデーブ・レイブル通信員が、が「アルバレスが青木との再戦を熱望」と報じているが、MMA Fighting のインタビューでアルバレスは、「なぜメレンデス戦が実現できないのか」とスコット・コーカーに迫っていたりする。アルバレスはフエルタ戦が迫っているが、そこでベラトールでのお仕事が終わると言うことなのだろうか。なんだか全方位営業に精を出している模様。ほらあ、北岡もこうなるよ、あんまり退路を断っちゃうと。

******

【ボクシング / キック系】 K-1 ベン・エドワーズに日本のスポンサー(総合格闘技ニュースブログ NHBnews PRO)
スポンサーといえば、そういえば最近のWECの試合映像を見ていたら、提供はバドライトとYAMAHAですと言っていた。TENGAとヤマハ、いずれも目新しい企業名だ。


K-1MAX抽選会、長島のコスプレに静まる会場……(スポーツナビ)
自演乙が韓国でも頑張っているという話。えらいね。

*****

「朝青龍K1転向」谷川EPが意欲満々(日刊スポーツ)

石井、元朝青龍とのリングバトルに自信(デイリー)

「クソババア」朝青引退後も暴言連発!(スポーツナビ)

K―1ワールドGP 上海開催の可能性も…(スポニチ)

石井 K―1初陣の対戦相手にバンナ浮上(スポニチ)

いろいろ賑やかでいいですね。でも、何年か前なら、「むむ、全部本当とは限らないにしても、これはなにかあるぞ・・・」と期待感も膨らんだけど、今はなんだか出任せばかりに聞こえてしまう気がするのが寂しい・・・

*****
【広告】
”変幻自在のトリックスター”として格闘技界に一大旋風を巻き起こし、
引退後は執筆活動、そして「WORLD ORDER」名義での音楽活動を展開する須藤元気さんが、
ハードコアなサーフカジュアルブランド「More Core Division」のイメージキャラクターに決定!

この映像は、M.C.Dの2010年秋冬コレクションの撮影風景を収めた貴重なメイキングムービーです。

緊張感漂う撮影現場の雰囲気だけでなく、リラックスして談笑する姿や、得意のダンスを披露するシーン、
そして須藤元気さんの素顔に迫るインタビューなど、スタイリッシュでクールな映像が満載です!

M.C.D×須藤元気/メイキングムービー






スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update