テレビ番組としてのDREAM1


DREAM1をTBSで見ました。さて賢明なる諸兄はDREAM1、どのようにご覧になっただろうか。

期待に違わぬ素晴らしい番組であったかといわれれば、答えはNOとなる。では何が悪かったのか。それがよく分からない。きっと悪くはなかったのだろう。とびきりに良くはなかっただけで。

煽り映像も、Kamipro で佐藤さんが「通らない」と言っていたアイデアが、かなり盛り込まれているように思った。クリーンで見やすい映像だった。「家族愛」押しはJZだけである。そこかしこに匂うHERO'S臭を探して目くじらを立ててしまうのは悲しい性だが、それなりにリノベーションされていると見た。さっき放送したばかりの試合をぶつ切りで再放送すると言った荒っぽい編集もなかった。放送席は、担当がTBSのアナウンサー、解説はTK、KID、須藤。井上和香もいた。こちらはちょっとHERO'Sっぽい。

結果論で言うと試合がおもしろくなかったということなのかもしれない。川尻やヨアキムの試合は、変化や工夫の少ない膠着戦にも見えた。ブラックマンバや朴が粘って頑張った、という風にはどういうわけか見えにくい。青木とJZの試合も、触れれば斬れるような緊張感なんだろうなあと頭では分かるし、あのアクシデントもそのせいだとは思うし、レフリーの判断も妥当であったとは思っても、なぜかTBSで見ると気分が弛緩してしまう。そしてエディ・アルバレス(この日のベストファイト!)を見てしまうと、他の試合が時代遅れにも見えてきてしまう。格闘技大国はアメリカなのか、と感じてしまう。だってアルバレスだって今のところアメリカで光の当たっている選手ではないのである。自信を持ってUFCよりおもしろいとは言い難いところが時代の流れか。とにかくリング上だけ見てればいいんだ、という試合が映える舞台、ということなのか。

テレビ番組としてあきらかに不足を感じたのは、テレビからは、会場の雰囲気がどうだったのかということがまるで分からないのである。客入りはどうだったのか。熱はあったのか。この辺は実際に観戦した方のブログ等をこれから読んでみたい。とにかく、たまアリで収録した映像に見えない。どこかの会場で収録した、というだけのことである。これでは「聖地」といった感覚は生まれにくい。それと、たとえばケイ・グラント。もちろんテレビに映って立派にコールをしているんだけど、「待ってました」感がまるでわいてこない。普通のリングアナウンサーにしか見えないのである。こういう言わば「余計なもの」が見えてこないのである。こじんまりとパッケージされすぎなのである。ただ、HERO'Sの番組作りのように中身を詰め込みすぎているということでもない。なにせ、石田や永田、宮田の試合は思い切ってダイジェスト放送である。それなりにメリハリは付けていたはずなのである。判定勝利を宣告された石田の冴えない表情を見ていると、どんな試合だったのか、とても気になる。ああ、島田へのブーイングを聞きたい。見えないところばかりが気になる。

というのが今日のところの感想である。一言で言えば、番組に愛想がない、ということなのかもしれない。明日になれば違う感想を持つかもしれない。もしかすると、自分がPRIDEを卒業できていないだけなのかもしれない。あるいは、普段格闘技を見ない人がパッとこの番組を見るということもありうるわけで、そういう人とは当然感想が異なっているだろう。つまり、地上波番組の難しさということなのかもしれない。

ミルコが元気なのは良かった。鬼のように強かった。相手をホールドしたまま打撃を加え続けるという、かつてのミルコにはなかった新しいムーブは、オクタゴンで有効だろう。ミルコの煽りVでは、「ヒョードルへの道」と称して、マイティ・モー、ジェロム・レバンナ、チェ・ホンマンが映し出された。これはそういうことでいいのだろうか・・・

スポンサーサイト

トラックバック

DREAM.1感想

JUGEMテーマ:スポーツ DREAM.1の感想です。(※画像は後ほど)

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update