ストライクフォース・フェーズ2発動か?



Backstage With Scott Coker (MMA Fighting)

スコット・コーカーのロング・インタビュー。さわりだけを意訳。間違ってたらすまん。

Q 今年のストライクフォースの歩みには満足していますか

チャレンジャーシリーズから良い選手が育ってきているのはうれしいことだ。M-1との関係には良いときも悪いときもある。ヒョードルがもっとちょっと試合をしてくれるといいんだけどね。

Q M-1は本当に必要なのかという議論もあります。

プロモーターとして、選手を評価するポイントが4つある。集客力があるか、視聴率を持っているか、メディアの注目を浴びるか、ビッグイベントへの期待感を高めることが出来るか。ヒョードルはその4つを持ってる。彼は変化を起こせる選手なんだ。

Q ストライクフォースの中長期計画を聞かせてください

ストライクフォースはこれから「フェーズ2」に入るんだ。2週間後に発表する。中身はトップシークレットだよ。新しいゲームプランだ。1年くらい前から考えてる。思っていたより知名度が高くなっているので、予定より早く進んでいるくらいだ。びっくりすると思うよ。

Q あなたが日本のMMAの救世主にはなりえませんか。

そりゃ無理だ。日本のMMAやK-1は大好きだよ。PRIDEの最大のファンの一人だ。でもこの会社は北米の会社だ。日本のやり方はずいぶん違う。特にテレビ局が絡むとそうだ。年に一度くらい、コ・プロモーションをするならいいよ。でも年に5回も6回も興行を打つのは無理だ。ビッグファイトはアメリカでやりたいしねえ。

Q どうしてK-1は北米で人気が出ないんでしょう?

K-1の最大かつ唯一の目的が、日本での視聴率だからだよ。アメリカのことは二の次だ。K-1がESPNで放送していたとき、K-1側から契約を打ち切ってきたんだ。理由はわからなかった。アメリカでのことは気にしていないんだろう。

Q 2010年は黒字でしたか?

そうだ。ベストイヤーかどうかはわからないが、堅くやってるよ。少数精鋭のスタッフで回しているし無駄使いはしていない。うちの財務担当は厳しいんだ。2011年はちょっと事情が変わってきそうだけどね。

*****

ベラトールが、3月にシーズン4を開幕するとアナウンスしている。シーズン4ではこれまで空位であったライトヘビー級王座を決めるためのトーナメントが行われる。またアメリカでのテレビ放送は、かねて噂されていたFXではなく、「MTV2」で行われることとなった。

MTV2との契約期間は3年。「12歳から34歳の男性視聴者」が集中しているというMTVの強みと相乗効果を狙っての契約となったそうだ。2011年には2シーズンを開催、シーズン中には12回の放送を毎週行う。また、シーズンの合間にも3大会を行い、放送する。

MTV2はMTVからスピンオフしたチャンネルで、かつては音楽ビデオ専門だったが、その後若い男性視聴者に向けたオリジナル番組や、人気番組の再放送を行っている。全米視聴可能世帯数は8000万。

プロモーターのビヨン・レブニーのインタビューがあちらこちらに掲載されていた。ごく一部をつまみ上げて紹介する。


Q 映像製作は誰が仕切るのですか?これまで Fox Sports Net で放送されていた番組と、見た目が違ってくるのでしょうか。

Foxはプロダクションには関与していなかった。番組は自社の製作チームが作っていたんだよ。シニア・コーディネイターはエミー賞を14回も取った男だ。MTVに移ってもこれまで通り製作は続けるけど、もっと一体化した形になるだろうね。実は明日からニューヨークでMTVの製作スタッフと三日間缶詰で会議をする。音楽をどうするとか、選手紹介をどうするとか、そう言ったことだね。

(要するに、プロダクション面で相当に口出しされるものと思われる)

Q MTV2との契約で、キャッシュフローは好転するんでしょうか

この契約自体がどうのこうのではなく、副次効果があるからね。MTVは、コカコーラやマクドナルドのように、世界のどこに行ってもよく知られたブランドだ。海外展開やスポンサー獲得、グッズ販売にいい影響を与えるだろう。もちろん契約そのものも、このご時世に3年契約というのは異常だよ。

(要するに、放映権料自体はたいしたことがないものと思われる)

ベラトールを始めたときから僕が考えていたことは、投資してもらったお金を使ってベラトールを育て、ある時期をすぎたら収支をとんとんにし、その後利益を上げていこうということだった。われわれは今、収益トントンの段階に来た。企業が成熟していくのを見るのは、オーナーとしても楽しみが一杯だよ。今回のマジック・アライアンスのおかげで、もう投資会社に頭を下げなくてもいい。ベラトールの存在自体が雄弁になってきてる。

(出所)

Bjorn Rebney: Yeah, maybe those Bellator/Strikeforce fights won’t happen (Fight Opinion)
CEO Bjorn Rebney details Bellator's new three-year deal with MTV2 (MMA Junkie)
Bellator's Bjorn Rebney: On Losing Money, His New MTV2 Deal, and the Superfight (BloodyElbow)

しかしながら、MTV2という放送局と提携したことに対しては、米MMAメディアの間で失望感が広がっている

レスリング・オブザーバ

ベラトールがMTV2と3年契約を締結したことは、ベラトールの勢力拡大の終焉を意味する。MTV2は低視聴率にあえぐチャンネルで、かつて金曜の夜にルチャ・リブレを放送したときの視聴率は0.1%だった。そのルチャ団体は一年契約を発表していたが、早い時期に放送しなくなり、復活するかどうかもわからない。



MMA Payout

今のところベラトールでは、MTV2での放送開始を大騒ぎで祝っているようだが、事情通に言わせれば、これまでの Fox Sports Net (FSN) との放映条件と大差はないであろうとのことだった。むしろ、スポーツファンとは限らない視聴者層の支持を取り付けるという、新たな課題に直面することになる。もともと視聴者数が少ないため、スポンサーを集めて収益をあげるようになるのは大変だろう。

MTVは非常に低予算なリアリティショーを製作することでも有名だ。事情通は、MTV2から支払われる放映権料はFSNと大差ないはずで、せいぜい制作費を回収できる程度だろうと見ている・・・



スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update