さよならWEC【惜別コメントまとめ】


先週木曜日の53回目の大会を持って、WECが歴史の幕を閉じた。プロモーターや選手の惜別のコメントを集めてみた。

ベン・ヘンダーソン、試合前に

なんだかほろ苦いね。あまり考えないようにはしているけど、ホントにほろ苦いよ。WECはすばらしかった。いい経験をさせてもらったよ。

最終興行がアリゾナ州フェニックスに決まったのは、ネットで行われたファン投票の結果なんだ。投票当時は、これがWECの最終興行になるなんて、夢にも思わなかった。フェニックスのファンは、ずっと待っていた。いろんなことを言うだけの人は多いけど、フェニックスのファンは実際に動いてくれて、投票してくれたんだ。(ベン・ヘンダーソンは近隣のグレンデール市在住)



ドナルド・セラーニ

なんだか新しい学校に行くことになるみたいだ。いい点数を採るまではいじめられるのかもしれない。



アンソニー・ペティス

WECのハードコアなファンにもう会えないと思うと寂しいよ。全部の大会に来るような人もいた。あのブルーのグローブを使えなくなるのも寂しい。でも、いまさんざん言われていることは、僕らがUFCのやつらと対抗できるのかと言うことなんだ。見せてやろうじゃないか。



リード・ハリス、CEO

昔は、毎回がパーティみたいだった。文字通りパーティだったといってもいい。毎回の興行をどうするかを考え、終わった後には一歩引いた目で、カジノが気に入ってくれているかどうかを考えた。最初の大会にはチャック・リデルを招聘する予定だった。そしたらUFCがリデルと契約してしまって、こちらには差し止め通知を送りつけてきた。ダナ・ホワイトはそんな風に出会ったんだ。

この仕事をする前は不動産のディベロッパーをしていた。ある日家に帰って、「格闘技のビジネスをやりたいんだ」と妻に告げた。リングガールもいるし、みんな酒は飲むし、男たちはぼこぼこに殴り合うだろうけれど、心配するな、家には持ち込まないし生活は変わらないからと説明した。でも生活は変わった。私は家を空けすぎた。でも妻はずっとサポートしてくれた。

レスラー同士の試合は組んだことがないんだよ。選手には、戦うときには本当に戦って欲しいんだといつも念を押していた。

カリフォルニアに場所を確保してあってね、ブルーケージのマットは、とあるテニスコートに敷き詰めておこうかと思ってるんだ。見に来たい人は来ればいいよ。部屋を用意してある。自分はテニスをしないんだけどね。



(出所)

End of an Era: WEC's Final Event Provides Rare Moment for Reflection (MMA Fighting)
Harris reflects on WEC’s rich legacy (Yahoo! Sports)
WEC champs feel weight of final event (Yahoo! Sports)

*****

ヴァンダレイ・シウバの挑発に、チェール・ソネン節が久々に爆発。元気が出てきたみたいだ。

シウバ

 膝のリハビリを始めたところだ。格闘技の練習は休んでいて、2週間ほど様子を見る。できればトロント大会で復帰したいし、クリス・レーベンと戦いたい。スタイルが似ている。真っ向勝負を恐れない、良い選手だ。

ソネンもなかなかのレスラーだ。良い試合が出来るだろう。以前ソネンと練習したときには、ヤツのことを殺してやったけどね。まあ、タフで良い相手だよ。



ソネン

誰を殺したって?手加減してたんじゃないか。あんたの新しい顔が落ちてしまわないようにな!

あんたの顔を作るために働いた人の数は、ピラミッドを作るより多かったそうじゃないか。

あんたは歩くジョークの落ち。東京に行って、一切れ10円の寿司屋の後ろの横町で、桜庭の残り物と戦ってればいい。

ブラザー・ジョー(シウバ)がマッチメーカーじゃなかったら、あんたは今頃マナウスのストリートで猿肉のバーベキューでも売ってるのが関の山だろ。



*****

●財務審査のスタンダード&プアーズがズッファの格付けをBBーからBBに格上げした。PPV収入、ゲート収入とも利益率が上がっていることと、WECを吸収合併したことが高評価につながった模様。ズッファの格付けは2007年10月に格下げされて以来、BBーにとどまっていた。

なおズッファの売り上げ構造は、60%がPPV、15%がゲート、残りの25%が放映権料やグッズ、デジタルメディア収入だそうだ。ズッファでは収入源の多様化を進めようとしているが、この構造自体は昨年とあまり変わらなかった。MMA Payout。

●UFCを放送しているアメリカのケーブル局バーサスは、来年から「NBCスポーツチャンネル」にチャンネル名を変更するものと見られている。つまり、UFCが米地上波傘下局で放送されることになる。MMA Payout

●マニー・パッキャオの次の試合が、5月7日ラスベガスで、シェーン・モズリー(39)に決まった。Yahoo Sports

●レスリング・オブザーバ最新号によると、少なくとも2つの企業がFEGに投資することになった模様。一つは中国企業で、もう一つはフランス企業。カネも出すが口も出すタイプの投資家らしい。今後は日本市場への依存度を低め、ヨーロッパ・ニュージーランド・オーストラリアに進出していくという方向性らしい。

*****
【 DREAM 】 青木真也、驚きのつぶやき「えっ、ルール変更??」 < Gryphon(総合格闘技ニュースブログ NHBnews PRO)

 全くの妄想だけれども、たとえば「寝技10秒ルール」とかではないだろうか・・・?

ともかく青木はTBSにとってグッドボーイではない。内情までは知らないが、普段の扱いを見てれば間違いなくそうだろう。たしかに青木は、前々回は廣田の腕を、前回は川尻の足を、全国放送でへし折ってみせた。全くなにをやらかすかわからん男である。TBSの目から見れば、より商品価値の高い自演乙を不必要なまでに破壊してしまったり、お茶の間にお届けするにはみっともない試合をやらかす可能性が高い。全く青木になど任せてはおれない。何なら青木の手足を縛ってリングに放り込みたい・・・

 しかし個人的には、縛りがきつい方が、凄惨な結果が待っているように思うが・・・たとえば寝技10秒だったら、見込み一本的な決着はかえってありえない。いったん極まったら、10秒以内で殺すように全力で締めるだろう。かつ、余り理不尽なルールだと、憤懣やるかたない笹原氏からまたも刺殺命令が出てしまったり、あるいは青木の「第三の心」(NHKでやってた長谷川穂積流に)が扉を開いてしまい、またしても中指三昧という結果にもなり得るだろう。それはそれでぜひ見たいが・・・

スポンサーサイト

トラックバック

[格闘技][K-1][DREAM]FEGに投資する企業は、フランスと中国?ともあれめでたい

http://omasuki.blog122.fc2.com/blog-entry-954.html ●レスリング・オブザーバ最新号によると、少なくとも2つの企業がFEGに投資することになった模様。一つは中国企業で、もう一つはフランス企業。カネも出すが口も出すタイプの投資家…… 不安も心配も多々あるが、虎

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update