ラシャド・エバンスには友達が多すぎる(怒)【ダナ・ホワイト】


●チアゴ・シウバのドラッグテスト結果がいまだ判明しないなか、UFCではバックアッププランの検討を進めており、5月28日のUFC130でのクイントン・ランページ・ジャクソンの対戦相手の代役がマット・ハミルになると報じられている。これにあわせて4月30日のトロント大会に予定されていた「マット・ハミル vs フィル・デイビス」はカードから静かに外されている。

「ランページ vs ラシャド」はマネーファイトではあるが、今回は温存されることになる。ラシャドは、「ジョン・ジョーンズ vs ショーグン」の結果を待って、次のアクションを決めることになると見られている。


●ジョルジュ・サンチアゴはUFC行きに決定。同じくUFC130に出場の見込み


●この大会では「ミゲール・トレス vs ブラッド・ピケット」も予定されている


●同じくUFC130では「ヴァンダレイ・シウバ vs. ブライアン・スタン」が予定されているが、ヴァンダレイはメディアを通じてヴィトー・ベウフォートを挑発、これに対してヴィトーも「よおし、やろうじゃないか。ダナがなんと言おうとやるぞ。ブラジル大会まで待てねえ」などとコメントを返している。これが既定路線になっているのか、勝手に言ってるだけなのか、よくわからない。ヴィトーが勝ちそうで嫌だなあ。

*****

ダナ・ホワイトが、待ち続けるラシャド・エバンスについてコメント

ラシャドがショーグンの復帰まで待つと言ったとき、おまえは頭がどうかしてると言ってやったんだ。ショーグンは怪我をしていて、休みは必要で、その後には試合勘だとかいろんなことを克服しなければならないのに、それをずっと待っているのか?

で、今回のジョン・ジョーンズ現象だ。こいつは俺の友達、あいつも俺の友達というわけだ。この男は友達が多すぎる。「友達」ネタはもう取り下げろ。他人と練習するのを辞めたらどうか。今はヤツはヘビー級だかミドル級だかに転向すると言ってるが、ミドル級に行けば、ネイト・マーコートがヤツの友達だし、ヘビー級ならシェーン・カーウィンがヤツの友達だ。友達が多すぎる。

ミドル級のラシャドは、1勝か2勝でタイトルに挑戦できるだろう。「岡見 vs ラシャド」の勝者が「アンデウソン・シウバ vs GSP」の勝者と戦ってもいい。おっと、ラシャドとGSPは友達だったか。



*****

今年最大のメガファイトになると言われている「アンデウソン・シウバ vs GSP」の掛け率が、シウバー190、GSP+155となっているそうだ。うーん、たしかに階級を上げてくるGSPに対して、シウバは普段はヘビー級の体つきで過ごしていると言うしねえ。この試合、楽しみだけど、延々の睨み合いになるような気もしないでもない。

*****

レスリングオブザーバーによると、4月30日のUFCトロント大会の一般向け前売り券が発売されたが、数分で完売し、結局全部で55,000枚を売り切ったとのことだ。これは大変なニュースだと思う。ゲート収入は発表されていないが、これまでのゲート収入記録であった544万ドル(2009年7月11日のUFC100)の2倍にのぼるものと見られている。

会場となるロジャーズ・センターでは、2002年にレッスルマニアが6万人超を集めたが、入場料収入の金額ベースでは今回のUFCが記録を塗り替えた。今回のUFCは14台のビッグスクリーンを用意するなど、設営上の理由でこれ以上の動員は出来ないとのことである。

チケット再販売のサイトでは、50ドルのチケットが147~180ドルで、800ドルのチケットが1,500~7,000ドルで転売されているという。最前列には39,999ドル(約400万円)の値段がついたものもあるらしい。

*****

チェール・ソネン劇場。いまさらアンデウソン・シウバ戦を振り返って。シウバの対戦相手候補はいろいろいるが、たしかにソネンもリマッチを確約されていたことはあった。要するに、忘れないでくれと言いたいのだろう、きっと。

数字オタクに教えてやろう。アンデウソンが反応も防御もできないまま、自分が打ち込み続けたパンチの数は、格闘試技史上の最高記録だ。数えてみればいい。カジモドがノートルダム寺院の鐘を打った数よりも多かった。ヤツのメロン頭に拳を打ち込んでいると、まるで鐘のように鳴り始めたので、試合が終わったのかと勘違いして攻撃を緩めてしまった。まあ、それは冗談だよ。実際には、哀れに思ったことと、もう退屈になっていたんだ。

もしヤツが自分に、その10分の1でも、無防備のままのパンチを当てたら、覚醒剤漬けの男が万引きしたドリスタンの錠剤1ダース分のアルミ箔を破るのよりも早く、レフリーがヤツを引き離すことだろう。だいたいあの試合では、僕は5Rそれぞれに、5回くらいストップしてもいいくらいの打撃を打ち込んだ。

試合が終わったかと思った後に決められた、あの嘘くさいトライアングルを認めるとしても、自分の掛け率はヤツの5倍であると考えている。







スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update