ヒョードル敗戦の余震




ストライクフォースの大会後記者会見よりスコット・コーカー

ヒョードルはいつもは3ラウンド目にカムバックするものなのだが、今日はそのチャンスもなかった。引退云々については、みなさんもご承知の通り、試合中に人は感情的になるものだ。だから様子を見てみよう。私の立場としては、ヒョードルにはまだたくさんの試合をしてくださいね、契約を守ってくださいねということになる。

ヒョードルの右目が見えていたとは思わない。安全が第一(なのでドクターストップも仕方ない)。チャンスはまだある。

ヒョードルは間違いなく、(このグランプリの)リザーバーになりうるだろう。(選手が負傷欠場となった場合、)誰が代わりに駒を進めるかを決めるのはコミッティの仕事だ。私はコミッティのメンバーですらないんだが、ヒョードルは間違いなく候補者になるだろう。ヒョードルは年内に、高いレベルの試合を何試合か行うだろう。

ここまで大規模なトーナメントを行えば、新しいスター選手が誕生するものだ。このトーナメントが進むにつれて、さらにそうなっていくだろう。ヒョードルは16ヶ月ほど休むかもしれないが、戻ってきてくれるものと思う。その間、このトーナメントではすばらしい試合が続くことになるので、ゆっくりと待とうじゃないか。



ワジム・フィンケルシュタイン

準備万端だっただけに、ヒョードルは本当に混乱している。ファンがどんな風にヒョードルを送り出したか、みんな見ていただろう。ヒョードルは素晴らしいキャリアを送ってきたよ。

今回のドクターストップというのは、そんなに明白な負けと言うことでもないと思う。この敗戦がでヒョードルは未来に向けて、さらなる力を得たことと思う。

それにしても2ラウンド終わりでのドクターストップは不運だった。3ラウンド目があればどうなっていたか分からない。

控え室は静まりかえっていた。言葉はあまりでなかった。ヒョードルは後片付けをして、眼窩底の診察のために病院に向かった。

引退を決めるのはヒョードル自身だが、私は彼のことをよく知ってる。まだまだ力はあるし、闘いを続けていくことと思う。私からも、そんな風に励まそうとも思う。だって、ファンに見せるべきことはまだたくさんあるからね。



スコット・コーカー(ビデオ・インタビューより)

Q 今週はずっとヒョードルと一緒にいたようですが、ヒョードルの様子はどうでしたか。燃えていたのでしょうか。

A そう思うよ。相手がでかかっただけだ。誰もが、ヒョードルは勝てるかもしれないが、もしビッグフットがトップをとったら苦労するだろうな、なにせ280パウンドもあるし、でくの坊どころか、才能のあるBJJの選手なんだから、と言っていた。

Q ヒョードルは本当に引退すると思いますか

A いいや。

Q ずいぶん自信があるんですね

A 試合中は感情的になるしね。しかも怪我までしているから。こんな風に終わる男だとは思っていないよ。

Q もはや「ヒョードル vs オーフレイム」を組めないことに、一抹の悲しさはありませんか

A その試合が組めないって、どうしてわかるんだい?アリスターとヴェウドゥムの試合でも、何が起きるか分からないだろう。その結果によって、「ヒョードル vs ヴェウドゥム」の再戦か、「ヒョードル vs オーフレイム」をくめるじゃないか。ヒョードルのビッグファイトはまだ続くよ。これで終わりじゃない。



ファブリシオ・ヴェウドゥム(ビデオインタビューより)

ヒョードルのトレーニング・キャンプはどうだったのかな。大事なのはスパーリングなんだけど、友達ばかりで固めていたんじゃないのかな。尻をたたいてくれるコーチも必要だよ。アメリカにはジムがたくさんあって、みんなで練習しているよ。今日のヒョードルは以前とは違っていたと思う。




レスリングオブザーバーが、ロシア語に堪能な人から聞いたところによると、試合後のヒョードルのスピーチは「この敗戦は、この競技を離れるあかしであり、引退こそ神の意思である」などと、かなり明瞭に引退の意図を示していたのだという。英語通訳は「引退するかもしれない」的な、ややぼやかした言い方だった。


ヒョードル敗戦によせたダナ・ホワイトのTwitterでの発言を Fight Opinion が取りまとめている。

M1(エムワン)はM Done(エムダン)になった。言っただろ、バカワジム(Vadummy)

大笑いだ。泣くな。もう嘘の世界で生きて行かなくてもいいんだぞ。

ヒョードルキチガイたちは、2試合はセットアップされているものと喜んでいたが、うまくいかなかったんでがっかりだな。

ヒョードルはひどくミスマネジメントされている。史上もっともひどいマネジメントだ。

もう何年も、ヒョードルのブルシットを報じ続けたアメリカのメディアは恥を知りなさい。

M1はあらゆる意味においてヒョードルのキャリアを潰してしまった。

正直ヒョードルはもう終わってると思っていたが、できれば最高の試合で見送りたかったな

ここからネットが炎上しているみたいだが、私は正しかった。オタクたちは殺された。

ネットにはヒョードルネタが織り込まれていた。オタクたちはネットから出てくるのが怖いから騒いでいるのだろう。

おびただしいネットオタクが今夜はツイッターにログインしている。ヒョードルの敗戦やら、ヒョードルにまつわるあれこれに怒っているんだろう。

ヒョードルのファンをバカにするなって?みんなと同じように、自分にも意見はある。アホなことを言われたら言い返すよ。

泣くなよおまえ。早く寝ろ。



>でも、いい試合だったですねえ・・・2Rは、見てはいけないものを見ているかのような気持ちになったし、心臓がドキドキでしたよ。




スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update