06/24のツイートまとめ

omasukifight

RT @KristinaLuca: I cannot stress enough how important it is you watch this gorilla bathe-dancing to maniac. By @bobhagh https://t.co/e15f9
06-24 07:18

RT @MikeBohnMMA: Wanderlei Silva just shoved Chael Sonnen during #BellatorNYC staredown https://t.co/pL2NhY10cE
06-24 07:18

ソネン:ゲームプランなんてない。これはゲームじゃなくて戦いなんだ。私闘なんだよ。ヴァンダレイほど私闘にしかならない相手はいない。 https://t.co/Lb18gLUPsW
06-24 07:18

ベラトールNYC記者会見:スパイクTV社長「ここにはボクサーなんかいないぞ」「ベラトールはニューヨークの会社。ラスベガスの会社ではないんです」 https://t.co/E6P93JZBaw
06-24 07:18

ご案内です!記者会見で大乱闘の2人が危険な再会因縁の始末はオクタゴン上でつける - スポーツナビ https://t.co/iDtTv7RQJA
06-24 05:54

06/23のツイートまとめ

omasukifight

UFC Fight Passではこれまでのオンデマンド配信に加えて、WWE Networkにあるような24時間放送のチャンネルを新設する方針。オブザーバー。
06-23 10:21

WWEのトリプルHがイギリスのテレビで、マクレガー対メイウェザーのプロモーションをRAWでやってもよいと発言。オブザーバー6月26日号。
06-23 10:07

執筆記事ご案内!ソネン対シウバ、5年間の因縁総まとめ! 「ヴァンダレイが本当に出場するのか、まだ確信が持てない(ソ... https://t.co/LfQ2GOe5Br #blomaga
06-23 10:07

若い人はいいねえ。 https://t.co/il2x5oHd5t
06-23 09:43

UFCファイトナイト・シンガポール寸評


井上直樹 def カールス・ジョン・デ・トーマス

フットワークも、流れるようなサブミッション・アテンプトも、まるでKUSHIDAのように相手の背中でクルクル回るムーブも誠にすばらしいのだけれども、なんといっても頼もしく見えたのが、怖いもの知らずの姿勢と、いかにも脳みそが柔軟に回転しているふうの自由さであった。まさにアンファン・テリブルという言葉を思い出した。戦極の頃の日沖発とも似ているような気もした。勝てるうちはこのまま行けるところまで行ってほしい。楽しみしかない。

英語アナウンサーはInoueをどうしてもイニュエと発音していたが、解説のダン・ハーディはちゃんとイノウエと言っていた。いつもながら、行き届いている。

佐々木憂流迦 def ジャスティン・スコギンス

調査不足でよくわかっていなかったのだが、この試合の掛け率はスコギンスが-500と、かなりの差をつけてのフェイバリットだったらしい。試合開始10秒でスコギンスのジャーマンがいきなり炸裂するという、まるでサビアタマなプロレスのようなスタート!これにはすぐに立ち上がり舌を出して挑発し返した佐々木ではあったが、打撃に吹き飛ばされて上に乗られる苦しい展開。しかし佐々木は2Rにマウントを奪い返すと、そこからフィニッシュまではあっという間の出来事だった。すばらしいカムバック勝利。

試合後インタビューでは次の対戦相手にレイ・ボーグを指名(通訳のお姉さんはこの情報をなぜかスルー)。





タカノリゴミは各4試合で9発しか打撃をヒットさせていない。その4試合、すべて第1ラウンドでフィニッシュされている。



***


オブザーバー紙、オカダ対オメガ2を5つ星評価で6.25星と採点


レスリングオブザーバー6月19日号でデイブ・メルツァー記者が、ドミニオンでのオカダ対オメガ2を5つ星評価で6と1/4星と採点している(6.25星、という意味ね)。1.4の初戦の評価は6つ星だった。僕も、これは前回を越えてるわと感じましたが、みなさんはどうだったのでしょう。いい試合でしたね。

6月12日号のオブザーバーでは、ベストオブスーパージュニアの公式戦全試合の5つ星評価を元に、選手毎の平均点を算出していた。トップはウィル・オスプレイの4.03星、次いでKUSHIDAが3.97、高橋ヒロムが3.79で続いている。最下位はTAKAみちのくの2.46。まあTAKAの場合は、わざとこのくらいにしているのだとは思うけれども。個人的にはライガーがもうちょっと印象的な活躍をすると思ったのだけれど。

****

そういえばレスリングオブザーバーラジオ6月8日号(有料購読者向けのポッドキャスト)にはオカダカズチカが出演していた。ややかみ合わない対話、棒読み風の英語でのやりとりながら、戦ってみたい相手としてカート・アングル(影響を受けているのだとか)、一番好きなプロレスの試合として、2001年10月8日東京ドーム、武藤、馳 vs. 永田、秋山準をあげていた。この試合、僕も見ているはずだとは思うけれど、まるっきり思い出せない。

*****

メイウェザー対マクレガーのボクシングマッチが8月26日に決定したことをうけ、この試合についての、ボクシング解説者テディ・アトラス氏がコメントしている

試合にならない。1発当たればわからない、という人もいるが、マクレガーの相手はディフェンスの天才なんだよ。そもそも、マクレガーよりずっとすぐれたファイターであるマイダナもカネロもパッキャオも、1発なんて当てていないんだ。1発当たれば、なんていうのは試合を売るための言葉遊びで、現実にはそんなものはないんだよ。

私を含むほとんどのボクシング業界人に言わせれば、こんな試合は原始人対天才なのであって、ふつう原始人には無理なんだ。そもそも、本来はこのクラブに入ることすらできないんだからね。

ボクシング原理主義者に言わせれば、ボクシングを汚されているという気分だろうね。八百長だと言い出す人もいるかもしれない。少なくとも、ボクシングをカネ儲けに利用しているという点では意見が一致すると思うね。



MMAにもスポーツ原理主義者がいますけど、そういう方はこの試合の実現をどう評価するんでしょうかね。MMAが汚されている、とか思うのだろうか。

*****

UFC Fight Passの新オリジナル番組、毎週火曜日の夜に若手選手の試合をラスベガスのUFCジムから生中継するデイナ・ホワイトのチューズデイナイト・コンテンダーシリーズ第1回は7月11日(米国時間)に配信開始。第1回の対戦カード(判明分)は次の通り。ソースはMMA Today

Joby Sanchez vs. Manny Vazquez
Dan Ige vs. Raul Gomez
Greg Rebello vs. Zu Anyanwu
Tba vs. Tba
Tba vs. Tba
(試合順は不明、試合数は5試合)

TUFとは違い、勝敗はその選手の公式記録として残るとのこと。UFCが毎週、生中継を行うという試みはとても興味深いのだが、まあ、マストシー言うほどではないですかな。上昇中の若手だけではなく、本戦で負けが込んでいる選手がリリースを賭けてここで戦うというプランもあると、どこかで読みました。


毎週更新!

Ad

プロフィール

高橋テツヤ

Author:高橋テツヤ
プロフィール

Ad

MMA Update